新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

今どきの結婚事情|約6割が結納を実施せず。結婚式で仲人を立てたのは24%

 

結婚式は時代を映すともいわれ、今と昔では大きく違う。最近は、あえて式は挙げない“ナシ婚”というカップルも多いようだ。そんな結婚式に対する考え方が多様化する中、「結納」や「仲人」など、日本ならではの習わしも変化している。

結婚式準備情報サイト「楽天ウェディング」が、全国の25歳~49歳の結婚式を挙げた男女1124名を対象に「結納と仲人に関する実態調査」を実施した。すると年代により、考えが異なるのが浮き彫りとなった。早速、それぞれ年齢別の動向をみてみよう。

両家の顔合わせ「結納はしない」が約6割

両家の顔合わせの儀式として行なわれてきた「結納」だが、実際行なったカップルは4割にとどまった。年代別に見ると、45-49歳の層では「結納を実施した」が51%と半数に上るが、20-30代では3割強となっており、年齢が下がるほど結納の実施率が低下していることが見て取れる。昨今では結納の代わりとして、カジュアルに食事会で済ませるカップルも増えているようだ。


 

結婚式で仲人を立てたのは全体で24%

次いで「仲人」について。自身の結婚式において仲人を立てた割合は更に低く、24%にとどまった。特に20代~40代前半までは仲人を立てた人は約2割。それと比較すると40代後半は4割を超えており一気に割合が引きあがる結果となった。仲人については、立てる・立てないが世代によってはっきり分かれていることが見て取れる。

「結納」「仲人」どちらも、カジュアル化が進む現代の結婚事情を反映した結果となった。かつては「結納を行なわないなんて失礼!」と思われていたが、今は一概には言えないようだ。一方で、「結納は必須」との考え方もある。あくまで両家次第といったところか。

参考資料:楽天グループの楽天オーネットが運営する結婚式準備情報サイト「楽天ウェディング」

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. やっぱりパートナーが欲しい! 独身の中高年の56.4%は「一度も…
PAGE TOP