新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

今どきの結婚事情|約6割が結納を実施せず。結婚式で仲人を立てたのは24%

 

結婚式は時代を映すともいわれ、今と昔では大きく違う。最近は、あえて式は挙げない“ナシ婚”というカップルも多いようだ。そんな結婚式に対する考え方が多様化する中、「結納」や「仲人」など、日本ならではの習わしも変化している。

結婚式準備情報サイト「楽天ウェディング」が、全国の25歳~49歳の結婚式を挙げた男女1124名を対象に「結納と仲人に関する実態調査」を実施した。すると年代により、考えが異なるのが浮き彫りとなった。早速、それぞれ年齢別の動向をみてみよう。

両家の顔合わせ「結納はしない」が約6割

両家の顔合わせの儀式として行なわれてきた「結納」だが、実際行なったカップルは4割にとどまった。年代別に見ると、45-49歳の層では「結納を実施した」が51%と半数に上るが、20-30代では3割強となっており、年齢が下がるほど結納の実施率が低下していることが見て取れる。昨今では結納の代わりとして、カジュアルに食事会で済ませるカップルも増えているようだ。


 

結婚式で仲人を立てたのは全体で24%

次いで「仲人」について。自身の結婚式において仲人を立てた割合は更に低く、24%にとどまった。特に20代~40代前半までは仲人を立てた人は約2割。それと比較すると40代後半は4割を超えており一気に割合が引きあがる結果となった。仲人については、立てる・立てないが世代によってはっきり分かれていることが見て取れる。

「結納」「仲人」どちらも、カジュアル化が進む現代の結婚事情を反映した結果となった。かつては「結納を行なわないなんて失礼!」と思われていたが、今は一概には言えないようだ。一方で、「結納は必須」との考え方もある。あくまで両家次第といったところか。

参考資料:楽天グループの楽天オーネットが運営する結婚式準備情報サイト「楽天ウェディング」

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. やっぱりパートナーが欲しい! 独身の中高年の56.4%は「一度も…
PAGE TOP