新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

綿麻楊柳作務衣

近隣の外出着としても最適。

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏も涼しく着られる動きやすい作務衣を取り寄せた。紹介する品は「楊柳」仕上げの麻混生地で、清涼感のある着心地が身上、サラサラの感触が心地よい。

楊柳とは、強い撚り(ひねり)をかけた緯糸を使い、晒しの工程において素材を縮める加工を施した生地を指す。縦方向にシボ(凹凸)が現れ、まるで柳の葉のように見える。肌着やステテコなどでは、“クレープ”“ちぢみ”と呼ばれるおなじみの素材だ。蒸し暑い日本の夏を、快適に過ごすための知恵が詰まった生地である。

もともと体を締め付けない作務衣であるが、楊柳を使うことでさらに軽快な動きを確保する。シボにより肌との接触が少なくなり、吸湿と速乾性に優れる。そよ風が楊柳の隙間を通り抜けるときに、汗がスーッと引くのを感じる。

楊柳は洗ってもシワになりにくいので、手入れも簡単。洗濯を繰り返すほどに、肌になじむ。日用の雑事からくつろぎの時間まで、すべておまかせの万能着をお探しであれば、この作務衣は有力な候補となるだろう。

綿麻楊柳作務衣

外出から戻れば、作務衣に着替えてくつろぎたい。ズボンの裾を紐で絞れば、水場の仕事にも向く。

【今日の逸品】
綿麻楊柳 作務衣

伊田繊維(日本)
16,740円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き…
  2. 純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃
  3. 籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ…
  4. 多機能らくあきワンタックチノパンツ|ゆったりはけて動きやすい“深…
  5. けやきの薬箱|薬の量が増えても安心、1週間分を仕分けて収納
PAGE TOP