新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

綿麻楊柳作務衣

近隣の外出着としても最適。

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏も涼しく着られる動きやすい作務衣を取り寄せた。紹介する品は「楊柳」仕上げの麻混生地で、清涼感のある着心地が身上、サラサラの感触が心地よい。

楊柳とは、強い撚り(ひねり)をかけた緯糸を使い、晒しの工程において素材を縮める加工を施した生地を指す。縦方向にシボ(凹凸)が現れ、まるで柳の葉のように見える。肌着やステテコなどでは、“クレープ”“ちぢみ”と呼ばれるおなじみの素材だ。蒸し暑い日本の夏を、快適に過ごすための知恵が詰まった生地である。

もともと体を締め付けない作務衣であるが、楊柳を使うことでさらに軽快な動きを確保する。シボにより肌との接触が少なくなり、吸湿と速乾性に優れる。そよ風が楊柳の隙間を通り抜けるときに、汗がスーッと引くのを感じる。

楊柳は洗ってもシワになりにくいので、手入れも簡単。洗濯を繰り返すほどに、肌になじむ。日用の雑事からくつろぎの時間まで、すべておまかせの万能着をお探しであれば、この作務衣は有力な候補となるだろう。

綿麻楊柳作務衣

外出から戻れば、作務衣に着替えてくつろぎたい。ズボンの裾を紐で絞れば、水場の仕事にも向く。

【今日の逸品】
綿麻楊柳 作務衣

伊田繊維(日本)
16,740円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に
  2. 墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セ…
  3. サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ
  4. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子
  5. ロンポス404|サイコロを振って難問に挑戦!脳活性化パズル
PAGE TOP