新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

和紙しじら織り作務衣|和紙の繊維を使って軽く涼しい着心地を実現

写真=濃紺
王子製紙グループが開発した和紙糸を使って、軽く風通しのよい作務衣を仕立てた。上着に左前ポケット×1、ズボン左右にポケット、前ファスナー付き。

さらりとした肌ざわりが心地よい、しじら織りの作務衣をご紹介しよう。しじら織りとは、緯糸に対して経糸の数を変えることで伸縮率に差が発生し、その結果、細かな「しぼ」(凹凸)を生む手法のこと。「ちぢみ」の肌着に似た感触で、汗をかいても肌にまとわりつかず、夏でも涼しく着られる。

この作務衣ではさらに、和紙から作られた繊維が使われ、より軽い着心地を実現した。使われている繊維は、マニラ麻を原料とした天然和紙から作られたもので、廃棄された場合も土中の微生物により分解される、環境配慮型の素材でもある。

羽織ると、どこからか風が通り抜けていくようなひんやりとした感触、ゆったりとした着心地でリラックスできる。庭仕事から部屋着、散歩着と多用途に使える一着。蒸し暑い夏を気持ちよく過ごすための作務衣である。

写真=グレー
肌ざわりのいい和紙繊維で仕立てられた、涼しく着られる作務衣。ズボンのウェストにはゴムが入り、裾は紐で絞ることができる。

商品名/和紙しじら織り作務衣
メーカー名/伊田繊維(日本)
価 格(消費税8%込み)/21,600円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子
  2. 綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着
  3. ロンポス404|サイコロを振って難問に挑戦!脳活性化パズル
  4. 亀田縞サマーベスト|伝統の縞柄で丁寧に仕立てた着心地よい和風ベス…
  5. 京念珠「延寿」|掌にきれいに収まる木目の美しい念珠
PAGE TOP