新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

和紙しじら織り作務衣|和紙の繊維を使って軽く涼しい着心地を実現

写真=濃紺
王子製紙グループが開発した和紙糸を使って、軽く風通しのよい作務衣を仕立てた。上着に左前ポケット×1、ズボン左右にポケット、前ファスナー付き。

さらりとした肌ざわりが心地よい、しじら織りの作務衣をご紹介しよう。しじら織りとは、緯糸に対して経糸の数を変えることで伸縮率に差が発生し、その結果、細かな「しぼ」(凹凸)を生む手法のこと。「ちぢみ」の肌着に似た感触で、汗をかいても肌にまとわりつかず、夏でも涼しく着られる。

この作務衣ではさらに、和紙から作られた繊維が使われ、より軽い着心地を実現した。使われている繊維は、マニラ麻を原料とした天然和紙から作られたもので、廃棄された場合も土中の微生物により分解される、環境配慮型の素材でもある。

羽織ると、どこからか風が通り抜けていくようなひんやりとした感触、ゆったりとした着心地でリラックスできる。庭仕事から部屋着、散歩着と多用途に使える一着。蒸し暑い夏を気持ちよく過ごすための作務衣である。

写真=グレー
肌ざわりのいい和紙繊維で仕立てられた、涼しく着られる作務衣。ズボンのウェストにはゴムが入り、裾は紐で絞ることができる。

商品名/和紙しじら織り作務衣
メーカー名/伊田繊維(日本)
価 格(消費税8%込み)/21,600円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あの陸王を地で行く“足袋型歩行靴“ラフィート【メイドインニッポン…
  2. 木目込みの鈴が目出度い「桐のパンケース」【メイドインニッポン紀行…
  3. 織りと洗いの奇跡が生んだ市松デニムのバッグ【メイドインニッポン紀…
  4. 左からグレー、ブラック ウール混のニットをハンチングに仕上げた。 ウールニット・ハンチング|暖かなニット仕立ての定番ハンチング
  5. 付属のちろりも能作による錫製。熱伝導率がよく素早く燗がつけられる。 卓上で気軽に日本酒を燗付けできる錫の酒器『ミニかんすけ・匠』
PAGE TOP