鳩のシュガーポットとようじ入れ

左上から時計回りに、シュガーポット/青、シュガーポット/黄、ようじ入れ/赤

どこか懐かしく、愛らしい鳩の小物。北欧デザインを思わせるが、じつは長野県上田市で大正時代に発祥した「農民美術」のひとつである。農民美術とは、農家が手がける工芸品のこと。ロシアの農民たちが作る工芸品に感銘を受けた版画家の山本鼎氏が、日本の農家に冬の農閑期の収入源として木彫品や織物作りを奨励し、全国に広まった。シュガーポットは、山本氏が欧州から持ち帰った鳩の菓子器をヒントに作られたという。

その伝統を継承するのが、須坂市に工房「すの・くらふと」を構える春原敏之氏。鳩の小物は、ほかに「ようじ入れ」などが増えた。

制作は、長年付き合いのある山師と協力し、長野県に自生する白樺を伐採するところから始まる。白樺を使うのは彫るなどの細工がしやすく、木地が白くて顔料の発色がよいからだ。節があるので、完成を予測しながら使う部分を選定し、虫食いやひび割れを防ぐために白樺の皮を剥く。さらに冬から1年ほど自然乾燥させるため、下準備だけで相当の時間を要する。その後、木地職人の丸山綱男氏がろくろ挽きで木を成形し、春原氏が彫り、色を塗って磨きをかける。先代からの色を守りつつ、食卓に映える鮮やかな色展開にした。
「農民美術は使ってこそ生きるものです」と春原氏。素朴な意匠に心がなごむ。

鳩のシュガーポットとようじ入れ

写真=シュガーポット/赤
鳩の尾の部分はスプーンになっている。木製のため吸湿性に優れ、砂糖を入れても固まるのを防ぐ。

【今日の逸品】
鳩のシュガーポットとようじ入れ

すの・くらふと
3,460円~(消費税込み)

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
9月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品