新着記事

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライプレミアム倶楽部

年越しにおすすめの「郷土蕎麦」はこれ

_DSC7020y

蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web(http://sobaweb.com)』と『サライ』の共同企画で、11月30日(土曜日)に東京・神田で蕎麦のソムリエ講座「年越しに楽しむ郷土蕎麦」を開催します。

「年越しに楽しむ郷土蕎麦」は、『蕎麦Web』の編集長であり『サライ.jp』でも蕎麦のエッセイを連載する片山虎之介さんに、年越しにおすすめの「郷土蕎麦」についてお話していただきます。「郷土蕎麦とはなにか」から始まり、奥深い郷土蕎麦の魅力と楽しみ方を紹介します。

また、今回の講座にご参加いただいた方には、島根県の出雲蕎麦の名店、松江の『ふなつ』の出雲蕎麦を召し上がることができます。『ふなつ』の出雲蕎麦は、衝撃の十割蕎麦。この蕎麦を体験すると、蕎麦の奥深さの一端を知ることができます。特別に、その蕎麦の打ち方もご覧いただけます。

_DSC5962

出雲蕎麦は、日本三大蕎麦のひとつに数えられる郷土蕎麦の代表格ですが、『ふなつ』は、昔ながらの出雲蕎麦の味を伝える、希有なお店です。 本来なら、はるばる松江まで出かけなければ食べられない『ふなつ』の蕎麦を、東京で味わうことができます。この機会に、ぜひ本物の出雲蕎麦の味を堪能してください。

『蕎麦Web』と『サライ』は、今後もさまざまな形で蕎麦の情報を皆さんにお届けしていく予定です。 今回の講座もおすすめですが、次なるお楽しみも用意しています。どうぞご期待ください。

 講座の詳細は、以下の通りです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  2. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  3. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  4. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
  5. 江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「…
PAGE TOP