新着記事

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ2016年8月号|特集は「聖地への旅」と「鰻を味わう」です。

『サライ』8月号を発売しました。今号は、心の塵をはらう「聖地への旅」と、襟を正して味わいたい「鰻」の大特集。暑い夏を心身ともに元気に過ごすための一冊です。(※下の表紙画像をクリックすると試し読みできます)

58d397ca5d63c858b6246ce35bf7a766-700x700

それでは今号の読みどころをご案内いたします。

【第1特集】岩に祈り、滝を拝し、心の塵をはらう
人生の答えは聖地・霊場にあり

3c32c2ea337b5ac068263d80e7ff312c-700x700

米軍・普天間基地のほど近くに「琉球八社」のひとつ普天満宮が鎮座しています。同宮奥宮は、洞窟の中にあり、大特集巻頭を飾る奥宮の姿(上の写真)は、自然に畏怖の念を抱き、母なる胎内に霊力が宿ると信じた古代人の信仰の源流を私たちに伝えてくれます。

『サライ』8月号「聖地・霊場」特集では、写真家・作家の藤原新也さんが撮影した「霊場恐山の地獄と極楽」の幻想的な写真や、女優岩下志麻さんの奈良・三輪山への想いなど、もりだくさんの内容となっています。

5ed907bc81bb9cf20bd1c153fcf9b74b-700x700

c4b1d6230cb1fa1b96de33e152c9d7a6-700x700

さらに、「生まれ変わりを体感できる出羽三山2446段の石段」「関東屈指の天空の聖地・三峯山」「開山1300年を迎える白山の聖なる池」「現世と来世の安らぎを求めた熊野詣で」「空海の教えを体感する奥之院朝勤行」など、人生に悩んだり、迷ったりしたときに訪ねたい聖地・霊場を網羅しています。

7478c79c375f5a0c69bba2f5ebbe88a6-700x700

岩に祈り、滝を拝し、心の塵をはらう。人生の答えを見つけに、この夏、聖地・霊場に出かけてみませんか?

 

【第2特集】それでも食べたい絶滅危惧種
襟を正して「鰻」を味わう

25ecc92257cd41af27a78a93ec4774e8-700x700

〈石麻呂に われもの申す 夏痩せに よしというものぞ むなぎとりめせ〉

万葉集にある、大伴家持が夏バテした友達に鰻(むなぎは鰻の古語)を捕って食べるように勧める、有名な歌です。かほどの昔より、鰻は日本人にとって夏の滋養食であり、ソウルフードなのです。

その鰻も、今や絶滅危惧種となっています。漁獲高はなんと全盛期の5%まで減っているそうです。東京・東麻布の名店『野田岩』店主の金本兼次郎さんは「(使う鰻が)全部養殖になってもいいとさえ思っています」と話してくれました。

では単純に「食べなければいい」のかというと、それは違うと私たちは考えています。食は文化。その文化が失われるということは、鰻の重要性についての理解も失うということです。

おいしい鰻を大事に食べていくためには、謎に包まれたニホンウナギの生態を識る必要があります。そこで今回の特集では、鰻研究で有名な東京大学大気海洋研究所の青山潤教授に、最新の鰻事情を教えていただきました。

071c843a3aaab5e6795d564e7f118212-700x700

もちろん、鰻の未来をきちんと考えている東西各地の鰻の名店の数々も紹介しています。鰻が好きという方なら、ぜひご一読いただきたい特集です。

いかがでしょうか? 「聖地・霊場への旅」と「鰻」の2大特集に加えて、好評連載も盛りだくさんの『サライ』8月号、ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

クリックすると『サライ』8月号が試し読みができます。

電子書籍版はこちらへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  2. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  3. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  4. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  5. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
PAGE TOP