新着記事

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

本誌情報

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』10月号で掲載している「マカオ 創刊30周年特別紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオに行きたいお気持ちをTwitterに投稿いただいた方のなかから、抽選で1組2名様にマカオ往復航空券をプレゼントいたします!

【応募方法】

手順1:サライのTwitterアカウント(@seraijp)をフォローしてください。
↓↓↓

手順2:本記事についてのご感想、もしくはマカオ旅行への意気込みや期待感を「#楽しさがとまらないマカオ」を付けて投稿いただけば応募完了です。
↓↓↓

【応募期間】
実施中~2019年10月31日(木)いっぱい

※なお対象記事は以下からご覧いただけます
【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が結ぶふたつの世界遺産

https://serai.jp/tour/378129

【プレゼントについてのご注意事項】
・商品の当選通知はTwitterのダイレクトメッセージにてご連絡いたします。
・当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
・Twitterの登録を解除されますと、メッセージが受け取れなくなりますのでご注意ください。
・キャンペーン応募にはTwitterへの登録(https://twitter.com/)が必要になります。
・既に「サライ」のTwitterをフォローいただいている方もキャンペーン応募の対象になります。
・当選者にダイレクトメッセージで連絡が取れない場合は、当選が無効となる場合があります。
・本キャンペーンは予告なく変更される場合があります。
・投稿時に記載されたハッシュタグを変更、削除した場合は抽選の対象外になります。
・ご住所が不明などの理由で賞品がお送りできない場合は、対象外とさせていただきます。
・ご応募は日本国内在住の方かつ賞品のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます。

【個人情報の取扱について】
小学館プライバシーポリシー/ソーシャルメディアポリシーをご参照ください。

マカオを代表する世界遺産、聖ポール天主堂跡。1600年頃に建設され、当時はアジアで最も大きなカトリック教会だった。火災でファサード(正面)だけが残るマカオのシンボルである。

手前が「バカリャウの炭火焼き」280パタカ、奥左が「鰯の炭火焼き」200パタカ、奥右が「バカリャウのコロッケ」180パタカ。代表的な料理が揃う。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 【サライ×CanCam】Twitterキャンペーンに参加してマカオへ行こう! 【サライ×CanCam】Twitterキャンペーンに参加してマカ…
  3. 知ればもっと楽しめる!マカオ旅行の前に知っておくべき歴史背景まと…
  4. サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【後編】
  5. サライ編集長が行ってみた!マカオ歴史&美味紀行【前編】
PAGE TOP