新着記事

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参
あなたが環境問題のために、日頃から気をつけていることは? リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所が、全国の既婚女性846人を対象に「環境問題について」の調査を実施した。環境のために心掛けていることや、取り組みたいとは思うができていないことなど、みんなの意見と自分の行動や考えと照らし合わせて、環境問題について考えてみよう。

■関心が高い「地球温暖化」や「プラスチックごみ問題」

まずは環境問題への関心度について。環境問題に「とても関心がある」「やや関心がある」という人が約9割という結果になった。環境問題への関心

気にしている環境問題のトップは地球温暖化で、次いで「プラスチックごみによる汚染」64.3%、「川・海の汚染」56.1%だった。海洋プラスチック対策がG20大阪サミットで議題になったり、さまざまな企業が脱プラスチックへの取り組みを始めたことがニュースになったりしている中、主婦の関心も高いようだ。気にしている環境問題

■約8割の主婦が “エコバッグ持参・水の出しっぱなしに注意・電気をこまめに消す”を実践

環境を意識して行っている割合が最も多いのは「エコバッグ・買い物袋の持参」83.5%。節約にもなる「水の出しっぱなしに注意」「電気をこまめに消す」も、主婦の約8割が気を付けているという結果になった。
また、ごみ削減につながる「マイ水筒・ボトルを持ち歩く」「不要な包装は断る」や、ごみ分別、リサイクル商品・詰め替え商品の購入も5~6割の人が心掛けていた。環境を意識して行っていること

■取り組みたいが、なかなか実践できない理由は、利便性や手間

環境問題を意識して取り組みたいとは思っているけれど、普段あまりできていないことを聞いたところ、上位は「ペットボトルではなく、ビン・紙パック入りを買う」「生ごみを自宅で処理」「マイカーの使用を控える」「使い捨てプラスチック製品の使用を控える」で、どれも2割台が気にしていた。取り組めていない理由をフリーアンサー(下記)で聞くと、利便性や手間の問題を挙げる人が目立った。また「どれくらい効果がある?」「やり方が分からない」といった疑問を感じている人もいた。環境問題を意識して取り組みたいとは思っているけれど、普段あまりできていないこと

 
※なかなか取り組めていない理由

<ペットボトルではなく、ビン・紙パック入りを買う>

●一度に飲めないので、キャップを閉められるものが便利(59歳)
●安いもの、軽いものを買ってしまうので(45歳)
●ビンは重く割れると危ないと避けてしまい、なるべく紙パック商品があればと思いますが自分が購入するものでは、ない商品が多い(37歳)

<生ごみを自宅で処理>

●ゴミの処理に時間がかかることと場所の確保ができないことが原因で、手を出せずにいます(37歳)
●自宅での生ゴミの処理の仕方を知らないから(29歳)
●処理をする道具を購入しないといけない。置く場所がない(64歳)

<マイカーの使用を控える>

●坂の多い場所に住んでいて、バスの本数も停留所も不便なため、車は必須です(52歳)
●自転車で行ける場所でも、まとめ買いをするので、車で行動してしまう(46歳)

<使い捨てプラスチック製品の使用を控える>

●どうしても便利で衛生面でも安心できる使い捨てストローやスプーン、容器を使ってしまう(34歳)
●日常的にプラスチックに囲まれて生活しているので、大幅に減らすことはすぐにはできないと思います。世間全般が脱プラスチックになったら、率先して実行したいと思っています(62歳)

環境問題は人任せではなく、1人1人ができることから取り組むのが大事だ。
“便利”に慣れてしまうと、以前の生活にはなかなか戻しにくい。だからこそ、できることからコツコツと! まずは関心を持ち、できることから始めることが大切なのだろう。

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP