新着記事

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その2~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

今回、お話を伺った、浅岡浩史さん(仮名・61歳)は、大手化学メーカーの研究職として1年前に定年を迎えた。
【その1はこちら

知的な人々と知り合い、交流が始まる

都内の書店を巡りながら、ある人気エリアにあるオシャレな本屋さんで、読書サークルの張り紙を見つけた。

「“読書会”と聞いてもピンと来なくて、スタッフの人に『これは大人が子供に絵本を読んであげる会ですか?』と聞いたら『違います』という。なんでも、大人が集まって、同じ本を読み、感想や解釈を述べ合うとのこと。若い人しか参加していないのかと思ったら、30~70代の参加者がいるそう。どんなものか知りたくて、さっそく申し込んだよ」

読書会の課題図書は、人気女性作家の最新刊だった。

「それまで、女性作家が書いたものがどうも受け入れられなくて、手が伸びなかったんだけれど、読書会のために購入して読んだら、本当に面白くてね。書斎にこもって夢中で読み、ドキドキしながら当日を迎えた」

都内のカフェの個室で行われた読書会の参加者は、浅岡さん含め7人。30~60代の男女が参加していた。

「とても穏やかで楽しい会だったし、皆さん知的でね。どんな意見も受け入れてくれて、一緒に考えて、楽しかった」

浅岡さんは見た目にも清潔感があり、笑顔が多い。頭髪は寂しくなっているものの、短く切りそろえてあり、シンプルな白のボタンダウンシャツと、デニムがよく似合っている。服も眼鏡もファストファッションで、娘が見立てたものだという。

「読書会に参加してから、図書館に行くのも楽しくなった。月に1回、4回目に参加した時、3人の40~50代の女性から、『終わったら飲みに行きませんか?』と誘われたんだよね。その中に、彼女がいたんだ」

【新たに出会った恋人は一回り年下のバツイチ女性。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  2. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  3. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  4. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
  5. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
PAGE TOP