サライ.jp

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

今回、お話を伺った、浅岡浩史さん(仮名・61歳)は、大手化学メーカーの研究職として1年前に定年を迎えた。
【その1はこちら

知的な人々と知り合い、交流が始まる

都内の書店を巡りながら、ある人気エリアにあるオシャレな本屋さんで、読書サークルの張り紙を見つけた。

「“読書会”と聞いてもピンと来なくて、スタッフの人に『これは大人が子供に絵本を読んであげる会ですか?』と聞いたら『違います』という。なんでも、大人が集まって、同じ本を読み、感想や解釈を述べ合うとのこと。若い人しか参加していないのかと思ったら、30~70代の参加者がいるそう。どんなものか知りたくて、さっそく申し込んだよ」

読書会の課題図書は、人気女性作家の最新刊だった。

「それまで、女性作家が書いたものがどうも受け入れられなくて、手が伸びなかったんだけれど、読書会のために購入して読んだら、本当に面白くてね。書斎にこもって夢中で読み、ドキドキしながら当日を迎えた」

都内のカフェの個室で行われた読書会の参加者は、浅岡さん含め7人。30~60代の男女が参加していた。

「とても穏やかで楽しい会だったし、皆さん知的でね。どんな意見も受け入れてくれて、一緒に考えて、楽しかった」

浅岡さんは見た目にも清潔感があり、笑顔が多い。頭髪は寂しくなっているものの、短く切りそろえてあり、シンプルな白のボタンダウンシャツと、デニムがよく似合っている。服も眼鏡もファストファッションで、娘が見立てたものだという。

「読書会に参加してから、図書館に行くのも楽しくなった。月に1回、4回目に参加した時、3人の40~50代の女性から、『終わったら飲みに行きませんか?』と誘われたんだよね。その中に、彼女がいたんだ」

【新たに出会った恋人は一回り年下のバツイチ女性。次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア