新着記事

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

猫も「フィラリア症」に感染する! 完全室内飼育でも予防は必要⁉

フィラリア症は犬では有名ですが、猫にも感染し、時に重篤な症状や突然死を招くこともある危険な病気です。
株式会社エトレが運営する、ペット情報WEBメディアのPetLIVES(ペットライブス、https://petlives.jp/)は、バイエル薬品株式会社様のご協力により、猫オーナーを対象に「猫のフィラリア症」に関するアンケート調査を実施、猫オーナーのフィラリア症に対する意識や対策の実態を明らかにしました。

【調査概要】
調査期間:2020年1月9日~1月15日
調査対象:PetLIVES読者で猫を飼っている方
有効回答数:894件
調査方法:WEBアンケート
調査主:PetLIVES(https://petlives.jp/

 

2020年 猫の寄生虫対策に関する最新調査

完全室内飼育の猫が88%

猫の飼育環境については、「室内のみ」(87.6%)が圧倒的多数を占めています。
年齢別にみても、どの年齢層でも約85~90%と大差はありませんでした。
病気の感染やご近所トラブルを避けるために「完全室内飼育」が推奨されていますが、今やあたりまえのこととして定着しているようです。

猫がフィラリア症に感染することは、「なんとなく知っている」人が多い

「猫もフィラリア症に感染することを知っていますか」という問いに対しては、「よく知っている」は22.4%にとどまり、「なんとなく知っている」(48.8%)が最多で約半数。対して、「知らなかった」(24.5%)と「そもそもフィラリア自体を知らない」(4.3%)を合わせて、3割近くの人が猫のフィラリア症を認知していないことが分かりました。
また、認知率(よく知っている+なんとなく知っている)を飼育環境別にみると、「室内のみ」(72.0%)の人のほうが、「屋外に出すことがある」(64.9%)人より知識を持っているという結果に。

​愛猫にフィラリア症予防薬を投与していないオーナーが多数(75%)

寄生虫対策の実施状況を尋ねたところ、「フィラリアと外部寄生虫の両方に効くタイプ」を使用(25.4%)、
「外部寄生虫(ノミ・マダニ)に効くタイプ」の薬を使用(23.4%)、 「最近1年間に寄生虫対策の薬は投与していない」(51.2%)と回答。
75%がフィラリア症予防をしておらず、約半数がフィラリアのみならず寄生虫対策をしていないことが分かりました。

飼育環境別にみると、屋外に出す機会の多い人ほど、寄生虫対策、とくにノミ・マダニ対策を行っている傾向があり、最も実施率が低いのは「室内のみ」の人でした。
フィラリア症の知識があるにもかかわらず予防策を講じていないのは、「室内飼育だから大丈夫」という油断からのようです。

「フィラリアに感染している猫の約27%が完全室内飼育であった」という報告を聞くと、予防の必要性を感じるオーナーが97%に

アメリカの研究機関によって、フィラリアに感染している猫の約27%が「完全室内飼育」であったという調査結果が報告されています。その事実を伝えたうえでフィラリア症予防の実施意向を尋ねたところ、「ぜひ予防したい」(35.8%)と「ほかの寄生虫予防と同時に、手軽にできるなら予防したい」(61.4%)を合わせて、97.2%の人が予防意向を示しました。
猫のフィラリア症も、感染リスクに関する適切な情報が得られれば、オーナーの予防意識は格段に高まることが分かりました。

【調査結果まとめ】

今回の調査で、猫の「完全室内飼育」の定着(87.6%)が改めて確認されました。
猫のフィラリア症については「よく知っている」人は少なく(22.4%)、3割近くが認知していませんでした。

また、多くのオーナーは愛猫にフィラリア症の予防をしておらず(74.6%)、寄生虫対策の実施率は、猫を外に出す人より完全室内飼育の人のほうが低い傾向に。「室内飼育だから大丈夫」という過信、油断がみられました。
しかし、「フィラリアに感染している猫の約27%が完全室内飼育であった」という調査報告を伝えると、97.2%が「予防したい」と回答。感染リスクについての適切な情報の提供により、予防意識が格段に高まることが分かりました。

猫のフィラリア対策について、意識をもって情報を得ることが、大事な愛猫を守ることにつながるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 実は犬じゃなかった!神社の狛犬にまつわる、3つの謎 実は犬じゃなかった! 神社の狛犬にまつわる「3つの謎」
  2. 人気飼育犬種・猫種ランキング2019 保険契約でわかった!「好きな犬」&「好きな猫」ランキングTOP3…
  3. 第1位の『優鶴』の宣伝部長を務める看板犬「リンク」 「ペットと泊まれる宿」人気ランキングTOP5
  4. 犬と猫のことわざや慣用句の数、どっちが多い? 犬と猫のことわざや慣用句の数、どっちが多い?
  5. ペット ペットの世話ができなくなった時、どうする?【シニアのペット事情】…
PAGE TOP