新着記事

ロドルフォ・シヴィエロの家博物館「Museo Casa Rodolfo Siviero

イタリア版007エージェント。フィレンツェに実在した伝説のスパイの邸宅を訪ねる(イタリア)

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都内にあるメーカーでマーケティングの仕事をしている梢さん(仮名・38歳)。大阪府出身で、両親との3人家族。梢さんが住む家の隣には伯母の家があり、4歳上と1歳下の従姉妹と一緒に、2人の母親がいるような環境で育ちます。

「祖父はすでに亡くなっていて、祖母は伯母と同居。伯父さんは婿養子、私の父はマスオさん状態で、一番権力があったのは伯母でした。私のことを自分の子のように注意する時に叩くことが日常茶飯事で、他人の子だからという遠慮は一切ないような人でした。でも、私の中では『本当の母親じゃないくせに』という思いが常にあり、伯母さんのことが嫌いになるにつれて、その感情をどう隠して付き合っていけばいいのかわからなくなっていきました」

母親、父親の後の最大の壁は伯母。東京の大学への進学はかなわなかった

梢さんは高校を卒業後に東京にある大学への進学を希望します。両親は難色を示したそうですが、強く反対することはなかったそう。しかし、伯母の一言で東京に行くことはかなわなかったとか。

「両親は大阪の大学を希望していたんですが、私が高校の三者面談の前に希望大学を伝えて、先生から『今以上の頑張りが必要』だと言われたので、必死に勉強しました。そしてそれに合わせて順位もグングンと上がったことで両親は認めざるを得ないような状況に一度は傾いたんです。しかし、それを阻止したのは、伯母でした。まぁ母親が相談してしまったからなんですが、『東京で仕送りを送るほど家計に余裕なんてない』と、バッサリでしたね。なぜ伯母の立場でそんなことを言ってくるのか、まったく理解できませんでした。そこでも地元に残った従姉妹を引き合いに出して、『一緒に育ったのに、親孝行と親不孝ものとここまで違うのか』と言われたことがずっと忘れられません。その後、私はあまりに悔しくて泣いてしまったんですが、その姿を見ても母親は慰めてもくれませんでした」

東京の大学を諦めて関西の大学へと進学した梢さん。そこから4年間は東京への思いをひた隠しにして、お金を貯めるためアルバイトに明け暮れたと言います。そして、就職を機に上京します。

「何を言っても、両親のお金に頼るしかない子供なので、折れるしかないですよね。そこから京都の大学へ進学したんです。もちろん、親孝行にならないといけないから実家から通いました。私は4年後に東京に絶対出てやると思っていたので、お金を貯めるためにも実家のほうが都合よかったから。

大学になるとアルバイトに明け暮れていたこともあり、両親とも伯母とも顔を合わせる機会が激減しました。それに一番上の従姉妹ができちゃった婚をしたこともあって、親族一同初孫騒動で私どころじゃなくなったんですよね。4年後に就職を機に上京したんですが、もちろんすべて自分のお金でしたことなので誰も一切反対されませんでした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP