新着記事

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は?

今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(12/9~12/15)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

天地創造の神々はグアムにいた!? 知られざるチャモロ民族が歩んだ道

文・写真/陣内真佐子(グアム在住ライター/海外書き人クラブ)

グアム

グアムは今でこそ設備が充実したホテルが建ち並び、免税ショッピングが楽しめるマリアナ諸島最大の、美しいビーチのある観光地だが、ここに古代チャモロ民族が栄えた時代の深い歴史があることはあまり知られていない。

紀元前約2000年ごろ太平洋を渡って移住して来たインド・マレー系の先住民・チャモロ民族

まず、チャモロ民族とは紀元前約2000年ごろ小さなカヌーで広大な太平洋を渡って移住して来たインド・マレー系の先住民のことで、新石器時代のような生活をしていたとされている。

グアム空港から車で南へ1時間半ほど行ったところにウマタックという海と山に挟まれた人口780人程度の小さな村がある。グアムはフェルディナンド・マゼランが世界周航の途中で発見した島として有名だが、テニアン上陸説を唱える歴史学者もいる。

マゼランと共に遠征し、その様子を今日に伝えるアントニオ・ピガフェッタの航海記にも「周航中偶然、北西に小島を、南西にさほど大きくない2つの島を発見し、その島に投錨を試みた。しかし、船員が下船の準備をする度に100隻近い小さなカヌーに乗った島民が取り囲み、帆船に潜り込み装備品や小型ボートを盗んだ。そのことに酷く腹を立てたマゼランはスペイン兵を上陸させ、7人の島民を矢で射殺し民家とカヌーを焼き払い、ラドローネス=泥棒諸島を後にした」と3日間の滞在を衝撃的に著しているだけでグアム上陸の確証はない。

マゼラン上陸から約400年後の1926年、ウマタック湾の岸辺に建てられた高さ4メートルの白いオベリスク碑には「1521年3月6日マゼランがこの近くに上陸した(Ferdinand Magellan Landed Near This Place)」とだけ刻まれている。

マゼラン上陸から約400年後の1926年、ウマタック湾の岸辺に建てられた高さ4メートルの白いオベリスク碑には「1521年3月6日マゼランがこの近くに上陸した(Ferdinand Magellan Landed Near This Place)」とだけ刻まれている。

島民を泥棒と呼んだマゼランだが、昨今、飢餓状態にあったマゼランたちのために必死に水や食料を調達し、物々交換の風習に倣って返礼品を求めただけの彼らを虐殺し放火を命じたマゼランこそ、非道な指揮官だったのではないかという説が有力である。

復元されたマゼランの木造帆船ビクトリア号のレプリカ。全長28メートル85トン船幅7.5メートルの小さなガレオン船でよく世界周航ができたものである。画像引用:https://search.creativecommons.org/photos/a90b301f-ae95-435d-880f-162d709f45ea?fbclid=IwAR3zJzBTBQOUL8SkdNJt5AyfJN8wJoinxrwLSj0QA3NynewWXJitNejfgWU 著作権消尽画像

復元されたマゼランの木造帆船ビクトリア号のレプリカ。全長28メートル85トン船幅7.5メートルの小さなガレオン船でよく世界周航ができたものである。画像引用:https://search.creativecommons.org/photos/a90b301f-ae95-435d-880f-162d709f45ea?fbclid=IwAR3zJzBTBQOUL8SkdNJt5AyfJN8wJoinxrwLSj0QA3NynewWXJitNejfgWU 著作権消尽画像

帰還したマゼランから泥棒諸島発見の報告を受けたスペイン国王フェリペII世が1565年1月、諸島全域の統治命令を下し、ここから300年以上にわたる長いスペイン植民地時代が始まるのである。

今でも当時の隆盛を物語るスペイン様式の史跡を見ることができるが、1902年にグアムを襲った大地震で古都の面影を残す建物の大半が崩壊している。

現存するサン・ディオニシオ教会は1769年に石灰岩を漆喰で覆ったマンポステリア様式で築かれたものであるが、最初の教会は1680年に建てられた茅葺き木造だった。

現存するサン・ディオニシオ教会跡は1769年に石灰岩を漆喰で覆ったマンポステリア様式で築かれたものであるが、最初の教会は1680年に建てられた茅葺き木造だった。

1800年代のはじめ、スペインの交易船を海賊から守るためウマタック湾の高台に建てられた3方に横長の監視窓があるソレダッド砦のトーチカ。当時7基の大砲が置かれていたが今は3基のみでいずれもレプリカ。

1800年代のはじめ、スペインの交易船を海賊から守るためウマタック湾の高台に建てられた3方に横長の監視窓があるソレダッド砦のトーチカ。当時7基の大砲が置かれていたが今は3基のみでいずれもレプリカ。

チャモロ民族の間に語りつがれる「天地創造神の話」

さて、それらの歴史よりもはるかずっと昔からチャモロ民族の間には「天地創造神の話」が語りつがれている。

考古学者たちの研究によると、古代チャモロ民族の言語フィノハザ(Fino’håya)の起源は太平洋の島々および東南アジアのほぼ全域からマダガスカルにまで拡がるオーストロネシア語で、他の国々の言語同様、書面や古代の正字法はなく口頭で伝えられていたことが確認されている。

グアム以外の国々にもそれぞれ独自の天地創造の文化文明の発展につながるユニークな話があると思うが、これからお伝えするのはプンタン(Puntan)とフウナ(Fu’una)という超自然的な力を持った兄妹2人の創造神の話である。

ある日、男神プンタンは女神フウナに自分の身体でこの世界を造るよう指示を出し、彼の両眼は月と太陽に、眉毛は虹に変わり、胸は空に、背中は地球に、そして他の部位は山谷と川と海になった。フウナは彼女のもつエネルギーを駆使して太陽に光を与え、虹を七色に輝かせ、樹木や草花に命を吹き込んだあと自身の身体を海に投げ入れ「創造点・ファウハロックまたはファウハポイント(Fouha Rock / Point)」を産み出した。そしてその次の瞬間、最初の人類が誕生したとされている。

創造神フウナが造ったと語りつがれているファウハロック。夕暮れ時の姿は神秘的な力に満ち溢れている。画像提供:The picture permitted to publish by Bernard T. Punzalan(バーナード・プンサランより画像掲載を許諾されています)。

創造神フウナが造ったと語りつがれているファウハロック。夕暮れ時の姿は神秘的な力に満ち溢れている。画像提供:The picture permitted to publish by Bernard T. Punzalan(バーナード・プンサランより画像掲載を許諾されています)。

一時期、歴史学者たちの間ではスペイン統治以前のチャモロ民族間に宗教信仰文化が存在していたことが否定され、プンタンとフウナの話は「ただのお伽話」と馬鹿にされ続け、イエズス会のディエゴ・ルイス・デ・サンヴィトレス神父が天地創造の話を詳しく検証したが、彼らを神として崇める礼拝や目に見える儀式が行なわれた記録も証拠も探し出せなかったとされている。

しかし2人の創造神が造りあげた神聖な地球の話は、マガラヒ=男性リーダー(Maga’låhi)とマガハガ=女性リーダー(Maga’håga)はお互いに尊敬し合い気遣い、率先して社会に貢献する存在となり、その権力と責任は平等であるというチャモロ民族の社会文化的思想形成の礎になっている。

酋長キプハは1668年6月、サンヴィトレスに彼の支配するハガニアで布教活動を始める権限と教会=現在の聖母マリア大聖堂を建てる土地を与え、グアムで最初に洗礼を受け、古代チャモロ民族を統一に導いた偉大なマガラヒである。1979年に建てられた高さ約3.5メートルの立像は今、グアム博物館に移され、現在パセオ公園入り口に立っているのは2016年4月に新設された2代目。なお、首に下げた白いオオシャコガイのネックレス・シナヒ(Sinahi)はマガラヒなど社会的地位の高い男だけが着用を許された。画像引用:Created by modifying "Chief Quipuha (Ke puha) Statue" by love.jsc is licensed under CC BY 2.0( by is licensed under https://search.creativecommons.org/photos/dfe24570-5846-450d-81b1-0ab3d5796713

酋長キプハは1668年6月、サンヴィトレスに彼の支配するハガニアで布教活動を始める権限と教会=現在の聖母マリア大聖堂を建てる土地を与え、グアムで最初に洗礼を受け、古代チャモロ民族を統一に導いた偉大なマガラヒである。1979年に建てられた高さ約3.5メートルの立像は今、グアム博物館に移され、現在パセオ公園入り口に立っているのは2016年4月に新設された2代目。なお、首に下げた白いオオシャコガイのネックレス・シナヒ(Sinahi)はマガラヒなど社会的地位の高い男だけが着用を許された。画像引用:Created by modifying “Chief Quipuha (Ke puha) Statue” by love.jsc is licensed under CC BY 2.0( by is licensed under https://search.creativecommons.org/photos/dfe24570-5846-450d-81b1-0ab3d5796713 

またキリスト教伝道のため、1596〜1597年2人のスペイン兵と共にグアムで暮らしたフランシスコ会の宣教師フレイ・アントニオ・デ・ロサンゼルスがフェリペⅡ世に宛てた書簡には「彼らは、天と地、そして我々が今見ることができるものすべてを造ったと信じる女神の岩に巡礼し、フィエスタ=村祭りを催し天地創造の話が歌と踊りを交えて語られた。そしてそこでは食事とともに農作物の種や漁具が捧げられ、五穀豊穣と大漁を祈り、清められた食事は家に病人が出た際に与えられた」と記述がある。

ゴライ・ハガン・スーニ(Gollai Hågun Suni)=ほうれん草のココナッツミルク煮、海老にミックスベジタブルと小麦粉を混ぜて揚げたシュリンプパティ、焼きそばのようなパンシット、チャモロ風ポテトサラダ、そしてフィエスタには絶対欠かせないアチョーテの実で色付けしたレッドライス、ケラグェン、バーベキューショートリブとチキンなどは日本人の口に合う料理である。

ゴライ・ハガン・スーニ(Gollai Hågun Suni)=ほうれん草のココナッツミルク煮、海老にミックスベジタブルと小麦粉を混ぜて揚げたシュリンプパティ、焼きそばのようなパンシット、チャモロ風ポテトサラダ、そしてフィエスタには絶対欠かせないアチョーテの実で色付けしたレッドライス、ケラグェン、バーベキューショートリブとチキンなどは日本人の口に合う料理である。

これらのことから、古代チャモロ民族がおそらく何世紀にもわたって2人の創造神に特別な敬意をはらい、彼ら独自の信仰文化を持っていたことを推し測ることができる。

1668年国王カルロスIIに遣わされたサンヴィトレスが宣教師団を率いて上陸し、マリアナ諸島と改名

しかしスペインの統治宣言から100年以上もの間メキシコとフィリピン間の香辛料・金塊交易航路の中継地としての役割だけを担っていたグアムは、1668年国王カルロスIIに遣わされたサンヴィトレスが宣教師団を率いて上陸したことで激変する。

そしてこの年、泥棒諸島はサンヴィトレスの支援者で国王の母マリアナ・デ・アウストリア妃の名前を戴きマリアナ諸島と改名された。

多くのチャモロ民族が宣教師団からキリストの教えを受け入れはじめた矢先、洗礼直後に幼児や老人が命を落とす事故が相次ぎ「聖水は有毒」という噂が広がり始めたその時、事件が起こった。

1672年4月、サンヴィトレスと宣教師ペドロ・カランソドが酋長マタパンの幼い娘マリアの洗礼を無断で行なったことが彼の逆鱗に触れ殺害されたのだ。

神父たちの死後、スペイン軍が宗教的植民地政策の任務を引きついだが、チャモロ民族の不満は高まり、先祖崇拝や階級制度、伝統行事の弾圧など完全服従を強いられたことから次第に反発が強まり、チャモロ・スペイン戦争が激化、それに加えヨーロッパから持ち込まれた疫病の蔓延などによりチャモロ民族は減少し続けた。また北米大陸とアジアの中間拠点で軍事戦略上重要な位置にあることから、数々の悲惨な戦争が島内外で繰り広げられ、1950年米国自治属領=準州となるまでグアムが平穏さを取り戻すことはなかった。

そして日米戦争終結後22年目の1972年、ファウハロックは国立公園局の国立自然建造物に指定され、2014年2月、何世紀にもわたって抑制され続けて来たプンタンとフウナを崇拝するこの古代エコスピリチュアルな伝統行事が現代のチャモロ文化グループ・ヒナッソ(Hinasso)と系譜学者バーナード・プンサランの手によって復活された。

古代チャモロ語で始まりを意味するフウナはチャモロ文明の最初のナナ=母(Nana)であり、ココナッツの苗木を意味するプンタンは、神々が創り出したこの地にチャモロ民族が根付いたことを表していると言われ、今日でも当時の習慣に倣いファウハロックへ巡礼する者は多く、各村々ではフィエスタが開かれ食事や歌や踊りが供されている。

ウマタック湾からファウハロックに続くハイキングコース。ジャングルハイクの途中で鹿などの野生動物に出会えるかも知れない。

ウマタック湾からファウハロックに続くハイキングコース。ジャングルハイクの途中で鹿などの野生動物に出会えるかも知れない。

また、普段は波静かで遠浅のウマタック湾にトロピカルストーム=熱帯性低気圧が近づくと外洋から大きな波が打ち寄せてくる。その大波を求め世界中からサーファーが集う岸辺は、島内に多い白い砂浜ではなく無数の黒い小石で、その中にチャモロ民族がとても大切にする黒光りする石がある。枕状溶岩の砂鉄が含まれているから光るという説があるが定かではない。フウナが休息を取りに来る岩と彼らが信じてやまないファウハロックはいまだ解明されていない多くの謎を秘めているのだ。
なお、この天地創造の話は諸説あるが、いずれの話もフウナに比べてプンタンが受動的な形で伝えられている。それは古代チャモロ民族が母系社会であったためである。

ウマタックまではグアム空港から車で約1時間半、マリンコードライブ=1号線を直進し南下して行く。首都・ハガニアまでは交通量も多く喧騒としているが、2A号線を左折し島南部に入ると見えて来る標高300メートル級の丘陵火山地帯は、ホテルが建ち並ぶ中心部とはまったく違う緑豊かな景観が拡がっている。是非セッティ湾展望台からグアムの手付かずの自然の眺望を堪能して欲しい。

ウマタックに向かう途中のアガットにあるスペイン古橋。少し奥まったところにあるので見落とし注意!スペイン交易船が盛んに行き交っていた1785年に架けられた長さ11メートル幅4.6メートルの小さな眼鏡橋でもともとは木製だったがその後石灰岩で作り直され、1974年米国史跡記念物に指定されている。

ウマタックに向かう途中のアガットにあるスペイン古橋。少し奥まったところにあるので見落とし注意! スペイン交易船が盛んに行き交っていた1785年に架けられた長さ11メートル幅4.6メートルの小さな眼鏡橋でもともとは木製だったがその後石灰岩で作り直され、1974年米国史跡記念物に指定されている。

セッティ湾展望台からみたウマタック湾。眼下に雄大な山々とはるか昔、火山噴火時に形成された黒い枕状溶岩を、遠くにココス島を見ることができる。

セッティ湾展望台からみたウマタック湾。眼下に雄大な山々とはるか昔、火山噴火時に形成された黒い枕状溶岩を、遠くにココス島を見ることができる。

ラエラエ川に架かるウマタック橋。その様相からスペイン統治時代の建造物と思われがちだが1980年代、当時の知事リカルド・ボダリオの指揮のもと建てられたもので2017年4月に改修工事が完成し、螺旋階段をのぼって中に入れるようになった。

ラエラエ川に架かるウマタック橋。その様相からスペイン統治時代の建造物と思われがちだが1980年代、当時の知事リカルド・ボダリオの指揮のもと建てられたもので2017年4月に改修工事が完成し、螺旋階段をのぼって中に入れるようになった。

そして、ファウハロックへはウマタック湾の北側で車を止め、GPA=グアム電力公社のWBP-2変電所の左側にあるハイキングコースを海岸沿いに歩いて行く。子供連れでも行ける優しいコースだが、途中サンゴ礁や石灰岩が尖っている浅瀬を歩く。また帰り道は少し傾斜のある上り坂になっているので、必ず動きやすい服装に歩きやすい靴を履いて行っていただきたい。

文・写真/陣内 真佐子(グアム在住ライター)
東京都生まれ。1996年3月からグアム在住。2005~2011年旅行会話本3冊を上梓。2010年に取得した政府公認ガイドの知識を活かし、2015年からは大手旅行情報誌サイトの現地特派員として活動をこなしながら他にも多数のグアム紹介記事の執筆や翻訳活動をしている。海外書き人クラブ会員(http://www.kaigaikakibito.com/)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP