新着記事

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を解放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都内で翻訳の仕事をしているみゆきさん(仮名・42歳)。大阪府出身で、両親と5つ下に妹のいる4人家族。小さい頃に覚えているのはマナーに厳しかった母親と、家の中で一番気を遣う存在だった父親。それでも家族仲は決して悪くなく、心配をかける子供でもなかったみゆきさんですが、人生で一番両親と揉めたことは大人になってから訪れます。揉めた原因はみゆきさんの結婚でした。

「両親が私の結婚に反対した理由は、結婚相手が10歳上のシングルファーザーだったから。母親は『苦労することは目に見えている』と頭ごなしに反対してきました。説得には1年ほどを要しましたね。認めてくれた後も、父親はいきなりできた孫との距離を掴めずに戸惑っていました」

娘のいい母親になるための努力はお弁当作りから。しかし、そのお弁当は捨てられていた

29歳で結婚したみゆきさんはいきなり小学校4年生の娘の母親に。両親とは正反対で、彼の連れ子は結婚をすぐに認めてくれたと言います。

「娘の母親、彼の元奥さんとは死別で、ガンだったと聞いています。離婚など、別の場所に本当のお母さんがいる状態でもなかった分、娘は初めて会った時から優しくしてくれていましたし、結婚の話が出た時もまったく反対されませんでした。だから私もいい母親にならなくては、と構えてしまったんだと思います。それがあの子にとって負担だったんでしょうね」

結婚当初はどこか他人行儀な関係が続きますが、みゆきさんは娘のためにさまざまな努力をしたそう。

「最初は上辺というか、みんながわからないように気を遣うような関係でしたね。夫は『一緒に住み続けることでいつか母親になれる』と長期スパンで考えていたようなんですが、私は少しでも早く母親と認めてもらいたくて。一緒に暮らしてからは、朝早く起きて娘のお弁当を作り、夜も彼女の好物を作り続けました。娘の好物をこっそり夫に聞いて、その料理を上手に作れるように練習し続けました。娘はお弁当も喜んで持って行ってくれたし、晩御飯もたくさん食べてくれました。多感な時期だったから避けられることもあったけど、時間を共有することで私と娘の距離は徐々にですが、近くなっていっている実感はあったんです。

でも、彼女の中では私のことを母親だと思ったことは一度もなかったみたいでした。お弁当は一切食べずに捨てられていることがわかったんです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  2. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  3. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  4. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  5. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
PAGE TOP