新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を解放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、都内で翻訳の仕事をしているみゆきさん(仮名・42歳)。大阪府出身で、両親と5つ下に妹のいる4人家族。小さい頃に覚えているのはマナーに厳しかった母親と、家の中で一番気を遣う存在だった父親。それでも家族仲は決して悪くなく、心配をかける子供でもなかったみゆきさんですが、人生で一番両親と揉めたことは大人になってから訪れます。揉めた原因はみゆきさんの結婚でした。

「両親が私の結婚に反対した理由は、結婚相手が10歳上のシングルファーザーだったから。母親は『苦労することは目に見えている』と頭ごなしに反対してきました。説得には1年ほどを要しましたね。認めてくれた後も、父親はいきなりできた孫との距離を掴めずに戸惑っていました」

娘のいい母親になるための努力はお弁当作りから。しかし、そのお弁当は捨てられていた

29歳で結婚したみゆきさんはいきなり小学校4年生の娘の母親に。両親とは正反対で、彼の連れ子は結婚をすぐに認めてくれたと言います。

「娘の母親、彼の元奥さんとは死別で、ガンだったと聞いています。離婚など、別の場所に本当のお母さんがいる状態でもなかった分、娘は初めて会った時から優しくしてくれていましたし、結婚の話が出た時もまったく反対されませんでした。だから私もいい母親にならなくては、と構えてしまったんだと思います。それがあの子にとって負担だったんでしょうね」

結婚当初はどこか他人行儀な関係が続きますが、みゆきさんは娘のためにさまざまな努力をしたそう。

「最初は上辺というか、みんながわからないように気を遣うような関係でしたね。夫は『一緒に住み続けることでいつか母親になれる』と長期スパンで考えていたようなんですが、私は少しでも早く母親と認めてもらいたくて。一緒に暮らしてからは、朝早く起きて娘のお弁当を作り、夜も彼女の好物を作り続けました。娘の好物をこっそり夫に聞いて、その料理を上手に作れるように練習し続けました。娘はお弁当も喜んで持って行ってくれたし、晩御飯もたくさん食べてくれました。多感な時期だったから避けられることもあったけど、時間を共有することで私と娘の距離は徐々にですが、近くなっていっている実感はあったんです。

でも、彼女の中では私のことを母親だと思ったことは一度もなかったみたいでした。お弁当は一切食べずに捨てられていることがわかったんです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP