新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

平成最後の日に読みたい名言|『一日一文 英知のことば』

文/印南敦史

一日一文 英知のことば
いわゆる「名言」のたぐいに触れるだけで、気持ちがすっと落ち着いたりすることがある。

それは必ずしも、従来の価値観を揺るがすような大仰なことばではないかもしれない。きわめて当たり前なフレーズにすぎないかもしれない。

しかし、だからこそ心に訴えかけることがあるのだろう。それらのことばが、忙しい日常のなかで忘れかけていた大切なことを、ふと思い出させてくれるからなのだろうか?

だが時間がいくらでもあった学生時代とは違い、ひとたび社会に出ると、それらに触れる機会は少なくなるものでもある。本を読む機会は格段に減るし、たとえば通勤電車内でなにかに目を通すとすれば、ついスマホの画面に頼ってしまいがちだからである。

ましてや名言に触れたいとはいっても、「いつ、誰のことばを、どのように確認すればよいのか」についてはなかなか判断しづらい。誰の、どんな名言を、どんな書籍から引っぱってくればいいのかについて考える時間を、大半の現代人は持たないからだ。

そこでおすすめしたいのが、『一日一文 英知のことば』(木田 元 編集、岩波文庫)である。

せめて一日に数行でもいい、心を洗われるような文章なり詩歌なりに触れて、豊かな気持で生きてもらいたい。一年三六六日に一文ずつを配して、そうした心の糧として役立つような本をつくれないだろうかという提案を、去年の暮に岩波書店から受けた。(本書「はじめに」より引用)

編者は、現代西洋哲学書の多くを、わかりやすく日本語訳してきた実績を持つ哲学者。本書が単行本として出版されたのは2004年のことなので、当時は76歳だったことになる(2014年に逝去)。

そう考えるとなおさら、以下の記述には心に訴えかけるものがある。

敗戦後の荒涼たる日々に、放浪の旅の途上、どこかで拾った文芸雑誌も切れ端にすがりつくように読みふけり、心の渇きをいたした覚えのある私は、この提案に心から賛同し、岩波書店編集部OBの鈴木稔さんと同書店の編集者増井元さんに助けていただき、一年をかけてその作業をおこなってきた。(本書「はじめに」より引用)

とはいっても「名言」のたぐいに基準があるわけではなく、優れた文章や詩歌は星の数ほど存在する。つまり、そのなかから366篇を選び出す作業が容易であるはずはない。

もちろん、「この人ならこの一文」というようなものもあるだろう。しかしあまり有名なものやあまりに教訓的なものは選びたくないという思いも編者のなかにはあったようだ。「むしろ、その人の意外な一面をうかがわせるもののほうがいい」と考えたそうで、だとしたらそれは読む側にとっての期待感につながる。

だから結局は、自身の好みに従って、詳しくいえば「自分の心に響いてくるかどうか」を基準に決定するしかなかったのだと編者は認めている。だが、それでいいのだと思う。そんな思いが、選ばれたことばの存在感をより深めてくれるはずだからだ。

1月から12月まで、一日一編。無駄を省いたことばと、そのことばを残した人物のプロフィールが1ページ内に収められている。だから読者は、日めくりのような感覚で日常的に少しずつ読み進めていけるのである。

本来ならそのすべてをご紹介したいくらいだが、そうもいかない。そこで今回は、平成最後の日である4月30日、そして令和の初日にあたる5月1日のことばを引用しておこう。

4月30日  鏑木清方(かぶらききよかた) 1878.8.31〜1972.3.2

鶸(ひわ)色に萌えた楓の若葉に、ゆく春をおくる雨が注ぐ。あげ潮どきの川水に、その水滴は数かぎりない渦を描いて、消えては結び、結んでは消ゆるうたかたの、久しい昔の思い出が、色の褪せた版画のように、築地川の流れをめぐってあれこれと偲ばれる。

『随筆集 明治の東京』山田肇編、岩波文庫、一九八九年

日本画家。名は健一東京神田生れ。美人画や庶民生活に取材した作品には古き佳き江戸・明治の情緒が漂う。代表作「築地明石町」。また、折にふれての随筆もよくした。
(本書135ページより引用)

5月1日  メルロ=ポンティ    1908.3.14〜1961.5.3

現象学はバルザックの作品、プルーストの作品、ヴァレリーの作品、あるいはセザンヌの作品とおなじように、不断の辛苦であるーーおなじ種類の注意と脅威とをもって、おなじような意識の厳密さをもって、世界や歴史の意味をその生れ出づる状態において捉えようとするおなじ意志によって。

『知覚の現象学』1、竹内芳郎・小木貞孝訳、みすず書房、一九六七年

フランスの哲学者。フッサールの現象学を基礎に、全体論的神経生理学やゲシュタルト心理学のもつ哲学的意味を究明し、人間存在の研究に新たな方向を切りひらいた。『知覚の現象学』『意味と無意味』『行動の構造』など。
(本書138ページより引用)

ちょっと息抜きをしたいとき、気軽に本書のページをめくってみてはいかがだろうか? そうすれば、思いもよらないことばに触れることができるかもしれない。

『一日一文 英知のことば』

木田 元 編集

岩波文庫:本体1,100円+税(税別)

2018年12月発売

『一日一文 英知のことば』(

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 人生の大きな節目「定年」の支えに|『100年後まで残したい 日本人のすごい名言』 「初心忘るべからず」の本当の意味、知っていますか?|人生の大きな…
  2. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
  3. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  4. 『心を整えルー―ティーが教えてくれた人生で大切なこと』 ルー大柴が説く、奥深いティー(茶)道の世界|『心を整えルー──テ…
  5. 失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』 40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」…
PAGE TOP