新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?| 「最期まで二人一緒に」同じ老人ホームに入居した両親【その2】

取材・文/坂口鈴香親の終の棲家をどう選ぶ?| 「最期まで二人一緒に」 同じ老人ホームに入居した両親【後編】

大島さんの両親が同じ老人ホームに入居し、水頭症の手術を受けたことにより母・総子さんの状態はずいぶん落ち着いてきた。

両親は別室で暮らしているが、食事とおやつは同じテーブルでとっている。夜になると父・敏夫さんが総子さんの部屋に様子を見に行き、好きなテレビを一緒に見たりして過ごしている。住宅型の有料老人ホーム(介護が必要になると外部事業所と契約して介護サービスを受けて暮らすタイプのホーム)なので、日中はそれぞれ歩行訓練をしたり、デイサービスを利用したりしている。

これで平穏な日々が訪れるだろうと思った大島さんだったのだが……。

その1はこちら】

助けを求める父

「ふだん、母は父を頼り切っています。だからなのでしょう、粗相しても当然父が始末するものだと思い込んでいるんです。父が母の思うように動かず、ホームの職員が介入したりすると、怒りに火がつくようです。気分のムラがあるときには、何の脈絡もなく言いがかりをつけて父を攻撃することもあります。母の方は、そんなことはコロッと忘れてしまうのですが、父の方はウツウツとしてしまう。すると、また母の機嫌が悪くなるという悪循環が起こります。両親がホームに入居した今も、父がノイローゼ状態になるのは以前と変わってないんです。こういうことが重なると、父から『助けて』コールが来て、しばらく実家に戻ることになります。“家出”ならぬ、“ホーム出”ですね。今も実家をそのままにしているので、そこが避難場所になるというわけです」

敏夫さんが外泊する間は、大島さんや兄が送迎し、食事などの世話をしている。“ホーム出”をすると気分転換にはなるのだが、ホームに戻ってまた総子さんと顔を合わせると元の木阿弥だ。水頭症の手術をした総子さんは歩行も安定し、自分一人でトイレに行くことができるようになったため、粗相することも少なくなったのだが、総子さんがホームに入居して間もないころは粗相のトラブルも頻繁だったため、敏夫さんの憔悴も甚だしかった。多い時には毎週末のように“ホーム出”をしていたとため息をつく。

ホーム入居当初、両親は同室で暮らすことを望んでいたのだが、施設の都合でそれができず、同フロアの別室に入居している。結果的には、これは良い選択だったと言えるだろう。同室だったら自宅にいたときと変わらず、敏夫さんはもっと精神的に追い込まれていたに違いない。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』 老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計…
  2. 2019年還暦人を徹底調査 60歳の格差広がる|還暦人の貯蓄額平均は2,956万円、一方4人…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  5. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにす…
PAGE TOP