取材・文/坂口鈴香「今が一番幸せ」|歳を取るほど幸せになる「百寿者の多幸感」とは~後編
前編では、超高齢者の多幸感とはどんなものなのか、なぜ起こるのかについて、老年行動学、老年心理学などの観点から考えてみた。

「超高齢になるまで待てない」「今、幸せになりたい」というサライ世代にも希望はある。後編では、そもそも幸福とは何なのか、中高年が幸せになるにはどうしたらよいのか、幸福学の研究から明らかにしてみよう。

幸せはUカーブ 「幸福学」研究から

幸福学を研究している慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司氏によると、「幸せはUカーブを描く」という(『実践ポジティブ心理学 幸せのサイエンス』(PHP新書)から)。

 「年齢と幸福度の関係」 イギリスの経済誌『The Economist』で紹介された「The U-bend of life」 出典はアメリカのサイエンス誌『PNAS』


「年齢と幸福度の関係」
イギリスの経済誌『The Economist』で紹介された「The U-bend of life」
出典はアメリカのサイエンス誌『PNAS』

50代前半が谷底で、それから幸福度はぐんぐん上昇するというのだ。

定年後、お金は減っていく、社会的地位もない……それでも幸せと思えるのか? という疑問が湧くところだが、「お金や社会的地位といった『地位財』によって得られる幸せは長続きしません。健康や環境、夢や自己肯定感、感謝、楽観性など、周囲と比較することなく得られる『非地位財』による幸せは長く続くという研究結果があるのです」(前野氏)

幸福を感じる4因子とは

そもそも人が幸せだと感じるのはどんなときなのだろうか。

前野氏が幸せに寄与する心的要因について因子分析した結果、4つの因子に集約できたという。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品