新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

赤ちゃんを犬の子にして災いを避けた、不思議なおまじない「いんのこ」

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

赤ちゃんを犬の子にして難を逃れようとした、不思議なおまじない

災いから逃れることができるように、私達日本人はさまざまな「おまじない」をしてきました。効果はともかく、おまじないをすると、何となく安心できるような気分になるから不思議です。おまじないを通じて、人々の願いや気持ち、昔の人々の考え方を知ることができます。

私が幼い頃に流行ったおまじないは、葬儀や霊柩車に出会ったら親指を隠すもの。親の死に目に会えると信じられていました。ケガをした時、母親から「ちちんぷいぷい、痛いの痛いの、飛んでけ~」とやってもらった人は多いはず。また、あがって失敗しないように、人という字を手のひらに書いて飲み込むなど、おまじないはIOT時代の今でも健在です。少女漫画誌『ちゃお』でも恋のおまじないコーナーは大人気で、年齢を問わず、おまじないは私たちの心に深く根付いています。

■子供の命を守りたいと願った母の愛情

難を逃れるおまじないや、幸せを呼び込むおまじないなど、おまじないの目的は様々です。日本では幼くして命を落とす子供が多かった時代が長く、子供が健康に育つようにと願うおまじないは、特にたくさん存在しました。赤ん坊の服に赤い布をつけて魔除けにしたり、南天の赤い実を枕元に置いたほか、着物に魔除けの鈴を付けました。中でも不思議なおまじないは、子供を犬にしてしまう「いん(犬)のこ(子)」です。

「いんのこ、いんのこ」と子供に向かって唱えます。「この子は犬の子で、人間ではありません。とるに足らない犬の子だから、神様どうか命を奪ったり、災いを与えたりしませんように」という親の願いが込められています。東北地方では、夜、赤ん坊をつれて外出しなければならない時に、「いんのこ、いんのこ」と言葉をかけると、安全に夜道を歩くことができると信じられていました。子供がくしゃみをしたり、風邪をひきそうな時も「いんのこ、いんのこ」と唱えました。

外出先で難に遭わないよう、「外に出たら犬コになあれ」と唱えた地域も

外出先で難に遭わないよう、「外に出たら犬コになあれ」と唱えた地域も

犬は人々の暮らしの近くにいる、ごくあたりまえの存在でした。特定の誰かが飼育していたのではなく、里犬として地域にいた身近な動物です。安産の象徴となっている犬のお産は、本当に安産なのか?、でも紹介しましたが、犬の出産は安産であるとは限らず、母犬や子犬が亡くなるケースも少なくありません。とはいえ、出産自体は人の目に触れない場所で行われていたし、病気の子犬はひっそり亡くなり、母犬は元気な子犬だけを連れて歩きました。犬のお産は軽く、生まれた子犬の成長率は100%だと誤解されたのです。

また、犬は人が住む地域と危険な野山の両方を、自由に移動しながら生きている動物であることから、異世界と現世界を自由に行き来できる動物、とも考えられていました。暗闇でも獲物を捕らえることができる能力をもち、鼻や耳が敏感で、人間には察知できない何かを感じ取ることができる力もつ、不思議な生き物とされ、人々はその力にあやかろうとしたのでしょう。

曲亭馬琴作南総里見八犬傳も犬が特殊能力を発揮して大人気に(国立国会図書館アーカイブズ)

曲亭馬琴作南総里見八犬傳も犬が特殊能力を発揮して大人気に(国立国会図書館アーカイブズ)

■額に犬の文字を書いて難から逃れる

「いんのこ」という言葉には犬の力を借りて、赤ちゃんが無事成長するようにと願った、親の愛情が込められています。「いんのこ」のおまじないは昭和初期まで、東北地方ではごく一般的に使われていました。その他、現在まで残っている犬に関連するおまじないや行事は「帯祝い」と「お宮参り」です。

「帯祝い」は安産祈願で、妊娠5か月の戌の日に、妊婦へ岩田帯を贈って安産を願う風習です。岩田帯は斎肌帯(いはだおび)が変化した言葉で、妊婦が戌の日に帯をもらい、安産の祈願をしました。最近は布でお腹を締めるのは健康上、好ましくないという理由で、帯祝いの風習は減っているようです。

「お宮参り」は、その地域を守る氏神様にご挨拶をして、生まれたばかりの子供の成長を願う行事です。生後一か月前後に行うことが多く、赤ちゃんの額に文字や印を書き込む風習が残っています。「あやつこ」、「やすこ」などと言われる印で、由来については研究者によって諸説ありますが、もとは犬と書いた文字が変化して大や×へと印が変化していったという説が有力です。

子犬の様にすくすく育つようにという願いが込められた玩具の「犬張子」

子犬の様にすくすく育つようにという願いが込められた玩具の「犬張子」

赤ちゃんは犬の力を借りて育ち、守られ、成長していくと信じられていました。大切な幼子を病気など災いから守るため、必死になった母親の願いが込められた犬のおまじない。いつの時代も母が子を思う気持ちに変わりはないことを、私達に思い出させてくれます。

子供と関係なく、犬や猫そのものに関するおまじないとしては、在原行平の和歌が有名です。「立ち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り来む」という歌を書いて、いつも犬や猫が使っている食器に貼ると、いなくなった犬や猫が返ってくるとか。「かなり効果がある」とSNSでは人気なので、やってみる価値はありそうです。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 狂犬病を克服した日本だからこそできる、死の病との戦い方 狂犬病を克服した日本だからこそできる、死の病との戦い方
  2. 川端康成はセッターやシェパード、フォックステリアなどたくさんの純血種を飼育していた 文豪・川端康成が書いた「愛犬家心得」の神髄
  3. 新型コロナウイルスに関して飼い主さんが知っておきたい3つのポイント 新型コロナウイルスに関してペットの飼い主さんが知っておきたい3つ…
  4. 愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと 最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと…
  5. 生きたまま慰霊されたタロとジロと行方不明の遺骨 生きたまま慰霊されたタロとジロと行方不明の遺骨
PAGE TOP