新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

赤ちゃんを犬の子にして災いを避けた、不思議なおまじない「いんのこ」

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

赤ちゃんを犬の子にして難を逃れようとした、不思議なおまじない

災いから逃れることができるように、私達日本人はさまざまな「おまじない」をしてきました。効果はともかく、おまじないをすると、何となく安心できるような気分になるから不思議です。おまじないを通じて、人々の願いや気持ち、昔の人々の考え方を知ることができます。

私が幼い頃に流行ったおまじないは、葬儀や霊柩車に出会ったら親指を隠すもの。親の死に目に会えると信じられていました。ケガをした時、母親から「ちちんぷいぷい、痛いの痛いの、飛んでけ~」とやってもらった人は多いはず。また、あがって失敗しないように、人という字を手のひらに書いて飲み込むなど、おまじないはIOT時代の今でも健在です。少女漫画誌『ちゃお』でも恋のおまじないコーナーは大人気で、年齢を問わず、おまじないは私たちの心に深く根付いています。

■子供の命を守りたいと願った母の愛情

難を逃れるおまじないや、幸せを呼び込むおまじないなど、おまじないの目的は様々です。日本では幼くして命を落とす子供が多かった時代が長く、子供が健康に育つようにと願うおまじないは、特にたくさん存在しました。赤ん坊の服に赤い布をつけて魔除けにしたり、南天の赤い実を枕元に置いたほか、着物に魔除けの鈴を付けました。中でも不思議なおまじないは、子供を犬にしてしまう「いん(犬)のこ(子)」です。

「いんのこ、いんのこ」と子供に向かって唱えます。「この子は犬の子で、人間ではありません。とるに足らない犬の子だから、神様どうか命を奪ったり、災いを与えたりしませんように」という親の願いが込められています。東北地方では、夜、赤ん坊をつれて外出しなければならない時に、「いんのこ、いんのこ」と言葉をかけると、安全に夜道を歩くことができると信じられていました。子供がくしゃみをしたり、風邪をひきそうな時も「いんのこ、いんのこ」と唱えました。

外出先で難に遭わないよう、「外に出たら犬コになあれ」と唱えた地域も

外出先で難に遭わないよう、「外に出たら犬コになあれ」と唱えた地域も

犬は人々の暮らしの近くにいる、ごくあたりまえの存在でした。特定の誰かが飼育していたのではなく、里犬として地域にいた身近な動物です。安産の象徴となっている犬のお産は、本当に安産なのか?、でも紹介しましたが、犬の出産は安産であるとは限らず、母犬や子犬が亡くなるケースも少なくありません。とはいえ、出産自体は人の目に触れない場所で行われていたし、病気の子犬はひっそり亡くなり、母犬は元気な子犬だけを連れて歩きました。犬のお産は軽く、生まれた子犬の成長率は100%だと誤解されたのです。

また、犬は人が住む地域と危険な野山の両方を、自由に移動しながら生きている動物であることから、異世界と現世界を自由に行き来できる動物、とも考えられていました。暗闇でも獲物を捕らえることができる能力をもち、鼻や耳が敏感で、人間には察知できない何かを感じ取ることができる力もつ、不思議な生き物とされ、人々はその力にあやかろうとしたのでしょう。

曲亭馬琴作南総里見八犬傳も犬が特殊能力を発揮して大人気に(国立国会図書館アーカイブズ)

曲亭馬琴作南総里見八犬傳も犬が特殊能力を発揮して大人気に(国立国会図書館アーカイブズ)

■額に犬の文字を書いて難から逃れる

「いんのこ」という言葉には犬の力を借りて、赤ちゃんが無事成長するようにと願った、親の愛情が込められています。「いんのこ」のおまじないは昭和初期まで、東北地方ではごく一般的に使われていました。その他、現在まで残っている犬に関連するおまじないや行事は「帯祝い」と「お宮参り」です。

「帯祝い」は安産祈願で、妊娠5か月の戌の日に、妊婦へ岩田帯を贈って安産を願う風習です。岩田帯は斎肌帯(いはだおび)が変化した言葉で、妊婦が戌の日に帯をもらい、安産の祈願をしました。最近は布でお腹を締めるのは健康上、好ましくないという理由で、帯祝いの風習は減っているようです。

「お宮参り」は、その地域を守る氏神様にご挨拶をして、生まれたばかりの子供の成長を願う行事です。生後一か月前後に行うことが多く、赤ちゃんの額に文字や印を書き込む風習が残っています。「あやつこ」、「やすこ」などと言われる印で、由来については研究者によって諸説ありますが、もとは犬と書いた文字が変化して大や×へと印が変化していったという説が有力です。

子犬の様にすくすく育つようにという願いが込められた玩具の「犬張子」

子犬の様にすくすく育つようにという願いが込められた玩具の「犬張子」

赤ちゃんは犬の力を借りて育ち、守られ、成長していくと信じられていました。大切な幼子を病気など災いから守るため、必死になった母親の願いが込められた犬のおまじない。いつの時代も母が子を思う気持ちに変わりはないことを、私達に思い出させてくれます。

子供と関係なく、犬や猫そのものに関するおまじないとしては、在原行平の和歌が有名です。「立ち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り来む」という歌を書いて、いつも犬や猫が使っている食器に貼ると、いなくなった犬や猫が返ってくるとか。「かなり効果がある」とSNSでは人気なので、やってみる価値はありそうです。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか 獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?
  2. 動物と人がよりよく暮らせる、新しい文化を提案 動物と人がよりよく暮らせる、新しい文化を提案|ペットの保護シェル…
  3. 歌川廣(広)重作「江戸乃華」下(国立国会図書館アーカイブズ) 組頭の相棒は洋犬ハチ|大型犬を連れ歩いた江戸の火消「は組」の新吉…
  4. 毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種 身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々
  5. お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬…
PAGE TOP