新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない、部屋干しの新事実

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない「部屋干し」の新事実

オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 4】

文/晏生莉衣

アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です

グローバル化時代、日本人が外国人と交流する機会は増えています。この教養シリーズでは、異文化理解について楽しみながら学ぶためのトピックスを紹介していきます。国際人としての常識を身につけて、あなたの世界を広げましょう。

* * *

「他人と話すときに目を合わせないことが多い」―― そんな質問項目があったら、「はい」と答える日本人はけっこういるのではないでしょうか。以前の日本では、目上の人とは視線を合わせないのがマナーだとされることもありましたから、人とは視線を合わさないのが習慣になっていて、相手の目をしっかり見て話すのが苦手な人もいるでしょう。

しかし、日本社会のグローバル化が進むとともに、相手の目を見て話すのが基本の外国のマナーが日本でもスタンダードになってきて、現在では、逆に、相手の目はきちんと見て話すことがマナーだと教えられるようになってきています。

もちろん、TPOにもよります。例えばスーパーマーケットやコンビニで、レジの店員さんと視線を合わせないままで会計をすませることはよくあるでしょう。そういうことは外国でも往々にしてあります。アメリカでは、日本のような接客教育がされていないことがあるために、店員のほうの態度がだらけていて、お客さんを見ることなしに応対することが珍しくありません。そんな場合はアイコンタクトの取りようがないのです。一方、知らない人をあまりに無遠慮にジロジロと見ていると、無礼に思われたり、因縁をつけていると思われてトラブルになったりする可能性があるのは外国でも同じです。

いずれにしても、一般的に日本人は外国人と比べてアイコンタクトを取るのに消極的です。ですから、外国人と話す時には意識してアイコンタクトを取るように心がけましょう。

かなり以前のことですが、マンハッタンのサブウェイ(地下鉄)の車内で、通路の向かい側から「ミス! ミス!」と、突然、大きな声で呼びかけられたことがありました。(若い女性に声をかける際、アメリカでは “Miss(ミス)!”と呼びかけます。日本で言う「奥さん!」的な呼びかけは” Mam(マム)!” です。)声の主は私と同年代くらいのラフな服装をしたヒスパニック女性で、彼女は私の目をまっすぐに見て“I’m sorry!”と謝ってきたのです。乗り降りの人混みに紛れて私の足を踏んだらしく、そのことを謝りたかったようでした。それでわざわざ「ミス!ミス!」と、私が気づいて彼女を見るまで連呼していたのです。私は足を踏まれたことなどまったく気にしていなかったので、そんなふうにきちんと謝られて逆に恐縮してしまいましたが、“That’s OK. No problem!”と、こちらも相手の目をみて笑顔で言葉を返しました。そして、この一件は、コミュニケーションを大切にするアメリカ人らしい出来事として、その後もずっと、印象深く私の記憶に残ることになりました。

日本でも、電車の中や混雑した駅の通路を歩いている時に、誤って誰かの足を踏んでしまうことはありますね。そんな時、マナーのある人なら、「あ、ごめんなさい」「すみません」と謝るでしょう。でも、その際、日本人の場合は、謝りの言葉は口にしても特に相手と視線を合わせる努力はしないですませてしまうのではないでしょうか。そして謝られたほうもそれを聞き流すだけで、謝る相手の顔を見ようとは特にしないことが多いのでは。つまり、そこにはコミュニケーションが成立していないのです。成立していなくても、私たちはそのままなんとなくやり過ごしてしまいます。

この点からさらなるtakeaway(教訓)です(※)。外国人と接する際にアイコンタクトを取ることは大切ですが、混雑している場所で行き違う際に外国の人とぶつかってしまったというような場合には、きちんと立ち止まるなり相手に声をかけるなりして、しっかりと相手の目を見て謝りましょう。お辞儀をする習慣のある日本人はとてもマナーが良いと感じる外国人は多いのですが、日本人がやりがちな、小さな声で謝ってそそくさと下を向いたまま行ってしまう態度や目をそらした謝り方は、外国人にとっては失礼に感じられて、そのギャップに驚かれてしまうかもしれません。本当は、日本人同士でも相手の目をきちんと見て謝るほうがお互い気分良く過ごせるのではないでしょうか?

(※:“Takeaway”といえば、以前はイギリス英語で「お持ち帰り用の料理(店)」の意味でしたが、昨今は、「学びのポイント」「覚えておくべき教訓」というような意味でも使われます。例えばミーティングやプレゼンテーションの締めくくりなどに「今日のTakeawayは…」といってまとめることがよくあります。)

文・晏生莉衣(あんじょうまりい)
東京生まれ。コロンビア大学博士課程修了。教育学博士。二十年以上にわたり、海外で研究調査や国際協力活動に従事後、現在は日本人の国際コンピテンシー向上に関するアドバイザリーや平和構築・紛争解決の研究を行っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「令和」のREIWAは英語ではない? 日本人は、なぜ間違えてしまうのか?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編23】 「令和」のREIWAは英語ではない? 日本人は、なぜ間違えてしま…
  2. パリの「長崎の天使」を知っていますか?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編22】 パリの「長崎の天使」を知っていますか?【世界が変わる異文化理解レ…
  3. 『平家』は『FEIQE』。ローマから文字が伝わって、英語と日本語の「歴史は韻を踏む」【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編21】 『平家』は『FEIQE』。ローマから文字が伝わって、英語と日本語…
  4. 「日本の今」につながる英語とラテン語。その不思議なサバイバル物語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編20】 「日本の今」につながる英語とラテン語。その不思議なサバイバル物語…
  5. 「令和」の英語名はREIWA? 勘違いしている人が多すぎる、日本のローマ字を簡単に解説[【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編19】 「令和」の英語名はREIWA? 勘違いしている人が多すぎる、ロー…
PAGE TOP