新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 4】

文/晏生莉衣

アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です

グローバル化時代、日本人が外国人と交流する機会は増えています。この教養シリーズでは、異文化理解について楽しみながら学ぶためのトピックスを紹介していきます。国際人としての常識を身につけて、あなたの世界を広げましょう。

* * *

「他人と話すときに目を合わせないことが多い」―― そんな質問項目があったら、「はい」と答える日本人はけっこういるのではないでしょうか。以前の日本では、目上の人とは視線を合わせないのがマナーだとされることもありましたから、人とは視線を合わさないのが習慣になっていて、相手の目をしっかり見て話すのが苦手な人もいるでしょう。

しかし、日本社会のグローバル化が進むとともに、相手の目を見て話すのが基本の外国のマナーが日本でもスタンダードになってきて、現在では、逆に、相手の目はきちんと見て話すことがマナーだと教えられるようになってきています。

もちろん、TPOにもよります。例えばスーパーマーケットやコンビニで、レジの店員さんと視線を合わせないままで会計をすませることはよくあるでしょう。そういうことは外国でも往々にしてあります。アメリカでは、日本のような接客教育がされていないことがあるために、店員のほうの態度がだらけていて、お客さんを見ることなしに応対することが珍しくありません。そんな場合はアイコンタクトの取りようがないのです。一方、知らない人をあまりに無遠慮にジロジロと見ていると、無礼に思われたり、因縁をつけていると思われてトラブルになったりする可能性があるのは外国でも同じです。

いずれにしても、一般的に日本人は外国人と比べてアイコンタクトを取るのに消極的です。ですから、外国人と話す時には意識してアイコンタクトを取るように心がけましょう。

かなり以前のことですが、マンハッタンのサブウェイ(地下鉄)の車内で、通路の向かい側から「ミス! ミス!」と、突然、大きな声で呼びかけられたことがありました。(若い女性に声をかける際、アメリカでは “Miss(ミス)!”と呼びかけます。日本で言う「奥さん!」的な呼びかけは” Mam(マム)!” です。)声の主は私と同年代くらいのラフな服装をしたヒスパニック女性で、彼女は私の目をまっすぐに見て“I’m sorry!”と謝ってきたのです。乗り降りの人混みに紛れて私の足を踏んだらしく、そのことを謝りたかったようでした。それでわざわざ「ミス!ミス!」と、私が気づいて彼女を見るまで連呼していたのです。私は足を踏まれたことなどまったく気にしていなかったので、そんなふうにきちんと謝られて逆に恐縮してしまいましたが、“That’s OK. No problem!”と、こちらも相手の目をみて笑顔で言葉を返しました。そして、この一件は、コミュニケーションを大切にするアメリカ人らしい出来事として、その後もずっと、印象深く私の記憶に残ることになりました。

日本でも、電車の中や混雑した駅の通路を歩いている時に、誤って誰かの足を踏んでしまうことはありますね。そんな時、マナーのある人なら、「あ、ごめんなさい」「すみません」と謝るでしょう。でも、その際、日本人の場合は、謝りの言葉は口にしても特に相手と視線を合わせる努力はしないですませてしまうのではないでしょうか。そして謝られたほうもそれを聞き流すだけで、謝る相手の顔を見ようとは特にしないことが多いのでは。つまり、そこにはコミュニケーションが成立していないのです。成立していなくても、私たちはそのままなんとなくやり過ごしてしまいます。

この点からさらなるtakeaway(教訓)です(※)。外国人と接する際にアイコンタクトを取ることは大切ですが、混雑している場所で行き違う際に外国の人とぶつかってしまったというような場合には、きちんと立ち止まるなり相手に声をかけるなりして、しっかりと相手の目を見て謝りましょう。お辞儀をする習慣のある日本人はとてもマナーが良いと感じる外国人は多いのですが、日本人がやりがちな、小さな声で謝ってそそくさと下を向いたまま行ってしまう態度や目をそらした謝り方は、外国人にとっては失礼に感じられて、そのギャップに驚かれてしまうかもしれません。本当は、日本人同士でも相手の目をきちんと見て謝るほうがお互い気分良く過ごせるのではないでしょうか?

(※:“Takeaway”といえば、以前はイギリス英語で「お持ち帰り用の料理(店)」の意味でしたが、昨今は、「学びのポイント」「覚えておくべき教訓」というような意味でも使われます。例えばミーティングやプレゼンテーションの締めくくりなどに「今日のTakeawayは…」といってまとめることがよくあります。)

文・晏生莉衣(あんじょうまりい)
東京生まれ。コロンビア大学博士課程修了。教育学博士。二十年以上にわたり、海外で研究調査や国際協力活動に従事後、現在は日本人の国際コンピテンシー向上に関するアドバイザリーや平和構築・紛争解決の研究を行っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ホロコーストで消えた「ピンクトライアングル」は、なぜLGBTQのシンボルになったのか?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編12】 ホロコーストで消えた「ピンクトライアングル」は、なぜLGBTQの…
  2. EUは「性的少数者のディフェンダー」をめざす|ヨーロッパで進む理解と差別禁止(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編12】 EUは「性的少数者のディフェンダー」をめざす|ヨーロッパで進む理…
  3. 同性婚合法は16か国|ヨーロッパで進む理解と差別禁止(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編11】 同性婚合法化の世界の流れ|ヨーロッパで進む理解と差別禁止(前編)…
  4. 学校に多様性の文化を! フランスで高まる「ジェンダー ニュートラルな親」の議論【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編10】 学校に多様性の文化を! フランスで高まる「ジェンダー ニュートラ…
  5. ジェンダー ニュートラルとフランス語の行方【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編9】 ジェンダー ニュートラルとフランス語の行方【世界が変わる異文化理…
PAGE TOP