新着記事

アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 4】 定年後「給与が下がっても働きたい」約7割 定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める|定年後のキャリア対策「十分できている」人はわずか1% 欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は?

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

たんたんと、ていねいに。セーフティドライブへ導く「日常点検」の秘訣【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美
セーフティドライブへ導く秘訣長年使っていたドライヤーが壊れた、掃除機が壊れた、洗濯機が動かなくなった……。普段使っているアイテムは基本、ノーメンテナンスで使用し、壊れたら修理か買い替えとなる。でも車はノーメンテナンスでは安全に快適な車生活を謳歌することは難しい。

何もトラブルが起こらなければ車検の時期しか車のチェックをしないという方は多いけれど、安全に車生活を楽しむなら、自分でできることは自分で行ったほうが、断然車とのコミュニケーションが計れて、潤い豊かな車生活が待っている(と私は考えている)。

“自分でできること”というのは大掛かりな作業ではなく、マイカーをいたわる気持ちと、安全に車を運転するためのコツにつながるもの。

結局のところ、車をいたわり、触れ合う密度を高め、車に注ぐ愛情を注げば注ぐほど、その愛は、もれなく全て自分にきちんと返ってくる。――――男女の関係もそうであれば、いいのに……。と、大きく話がそれた。

そう、今乗っている車の話。

今、乗っている車に対して、どれくらいの愛情を注いでいるだろうか。ただ乗るだけ、燃料を入れるだけでは愛情不足。そこでここでは、今乗っている車に対して、誰でも簡単にできる愛情の注ぎ方、もとい、安全に快適に車生活を送るための日常ケアをお伝えしたいと思う。

ワイパーのお手入れ

ワイパーのお手入れ

意外と忘れがちなのがワイパーのお手入れ。ワイパーは花粉や砂埃などが溜まりやすい場所。ワイパーが汚れていると使用時に汚れを窓に塗り込むようなものなので、日々のワイパーのお掃除は必須です。水で濡らして絞ったタオルでワイパーのゴム面を拭きます。定期的にお掃除することでワイパーゴムの劣化やひび割れがないかを確認することもできます。

ライトまわりのチェック

ドライブにでかけると必ずといっていいほど、1台は遭遇する、ヘッドライトやテールランプなどの電球切れの車。ヘッドライトはすぐ気が付きますが、テールランプの電球切れは気が付きにくいので要チェックです。ライトは対向車や後続車に自分の居場所を知らせる役目も果たすものなので、安全運転には欠かせないアイテム。とくにロングドライブに出かける前はライトまわり、ウインカーなど点検しておきましょう。

タイヤのチェック

タイヤのチェック

路面に唯一設置しているのは4本のタイヤです。タイヤは安全に走るために必要不可欠な存在ですが、タイヤの確認を行っていないかたは少なくありません。タイヤの点検は定期的に行うことが安全運転のためにはとても大切。とくにロングドライブに行く前に行いたいのがタイヤの空気圧のチェック。車のタイヤも自転車のタイヤと同様に自然に抜けていきます。タイヤの空気が少なくなると燃費が悪くなったり、「走る、曲がる、止まる」の性能が低下するのでスリップがしやすくなったりします。タイヤの空気圧が適切に入っているかは、ガソリンスタンドなどでも確認してもらえるので定期的にチェックをしましょう。また目でタイヤを確認することも大切。傷やひび割れがないかなど、走る前にチェックしておくと安心です。

エンジンルームの確認

エンジンルームの確認

女性ドライバーのための車生活マガジンを運営していますが、女性ドライバーの中にはボンネットを開けられない方もいます。近ごろは男性でも自分の車のボンネットを1度も開けたことが無いという方も。日常点検を行うにはボンネットを開けて、エンジンルームの確認も必要です。ボンネットの開け方は事前に確認しておきましょう。ボンネットを開けたらチェックしたい項目は下記です。

□エンジンオイルの量・色の確認
□ブレーキオイルの量・色の確認
□バッテリー液の量の確認
□冷却水の量の確認
□ウインドウォッシャー液の量の確認

愛車点検を活用しよう

1カ月に1度は、カー用品店などで行っている愛車の点検メニューを活用するのも手。行きつけの美容院に行く感覚で、マイカーのための行きつけの美容院(カー用品店)を見つけて、すこやかな車生活を送りましょう。

車はいつでもどこでも自由を与えてくれる乗り物で、自分の気持ちひとつでいつでも旅することができる。車を相棒としてかわいがるドライバーが増えれば、ともに同じ道をシェアするドライバー同士のコミュニケーションも温かいものに変わってくるはず。

文・鈴木珠美
カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)https://www.beecar.jp/ 」運営。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石…
  2. レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革…
  3. 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウ…
  4. 今年(2019年)で18回目の開催となる『ラリー北海道』。同大会で、彰さんは様々なプライベートチームのナビゲーターを務めてきました。 2002年にギャランVR-4は生産を終了します。しかし280馬力とフルタイム4輪駆動が生み出す走行性能は、最新のスポーツカーにひけを取りません。 【私のクルマ遍歴】最新のクルマは馴染めない。2002年に生産を終…
  5. ジャンパーからも見てとれるよう、三菱と縁の深い彰さん。現在の愛車との出会いは【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】ラリー人生の出発点は雑誌の読者参加企画にマツダ…
PAGE TOP