我が子の結婚式に列席する際、「親は主役ではないから、服装にはそこまでこだわりはない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

結婚式での主役はもちろん子どもたちである新郎新婦ですが、何かと親も前に出る場面が多いものです。両親の衣装は、会場の雰囲気に合わせた品のあるものを心がけましょう。

両親としては、子どもたちに恥をかかせないためにも、マナーを守って適切な服装で結婚式に臨みたいものです。ここでは我が子の結婚式に列席する際に知っておきたい、両親の服装のマナーや、衣装レンタル事情についてご紹介します。

目次
結婚式での両親の服装とは
父親の服装
母親の服装
両親の服装のレンタル事情
服装の注意点
最後に

結婚式での両親の服装とは

結婚式での両親の服装とは、「モーニング」や「留袖」のような、フォーマルな衣装のことです。新郎新婦や会場とのバランスを見ながら、品格のある装いを選ぶのがベストと言えます。

結婚式での両親の立ち位置は、新郎新婦と同じくゲストをおもてなしする主催者側になります。挙式前や披露宴中に、ゲストに挨拶まわりをしたり、ベールダウンやバージンロードを歩くなど、挙式での役割も多く何かと注目される機会が多いので、服装には気を遣いたいものです。

両親の服装選びで大切なことは、主に二つあります。

一つ目は「新郎新婦と格を合わせること」です。神社や格式高いホテルで挙式する場合、新郎新婦が正礼装なら両親も正礼装を選びます。レストランウエディングなどのカジュアルなウエディングの場合、新郎新婦が準礼装なら両親も準礼装で格を合わせて、統一感が出るようにしましょう。

二つ目の「両家の格を合わせること」も重要視されています。どちらかの両親が洋装で、片方が和装だったというケースも稀にみられます。できれば両家の格を合わせて、全体のバランスが取れるようにしたいものです。

次に、結婚式での両親の服装選びのマナーや注意点、衣装のレンタル事情をご紹介します。

父親の服装

結婚式での父親の服装は、多くは洋装を選ばれる方が多い印象ですが、中には和装を選ばれる方もいます。結婚式で着用する父親の和装、洋装の服装を紹介します。

和装の場合

父親の和装の正礼装は「黒五つ紋付き羽織袴」になります。扇子も忘れずに付けましょう。準礼装の場合、「三ツ紋もしくは一ツ紋の黒紋付羽織袴」になります。ほとんどの挙式会場で着付けを頼むことができるので、ご安心ください。

和装を選ばれる場合、厳密な決まりはありませんが、両家で揃える方が多い印象です。

洋装の場合

昼の結婚式での洋装の正礼装の場合、「モーニングコート」が一般的です。結婚式が夜に行われるなら「テールコート」か「タキシード」が正礼装になります。しかし、実際にはほとんどの方はモーニングを着用している印象です。

カジュアルなウエディングパーティーであれば、ダークスーツでも問題ありません。

母親の服装

結婚式での母親の衣装は「黒留袖」が多く見られる印象ですが、他にも様々なタイプの衣装が存在します。

和装の場合

結婚式での母親の正礼装は「五つ紋の黒留袖」になりますが、「五つ紋の色留袖」でも問題ありません。中には「ピンクをイメージした結婚式だから両家の母親共、ピンクの色留袖で出席してほしい」のような例もあります。ほとんどの結婚式では「より格が高く見えるから」との理由から、「黒留袖」を選ぶ方が多く見られる印象です。

準礼装であれば、「三ツ紋の訪問着」や「三ツ紋の色無地」を選びます。よりカジュアルなウエディングパーティーであれば、訪問着や付下げ、色無地のものを選んでも問題ありません。

洋装の場合

昼に行われる結婚式の場合、「アフタヌーンドレス」が正礼装になり、夜の結婚式なら「イブニングドレス」が正礼装になります。

全身ブラックは喪服を連想するので、避けたほうが無難。カジュアルな結婚式なら、フォーマルなワンピースやセットアップ、スーツを着用しても良いですね。

両親の服装のレンタル事情

両親の服装、特に父親の衣装を自前でお持ちの方は少ないのではないでしょうか。その場合、衣装を自分で手配することになります。結婚式の両親の衣装をレンタルする方法は、主に以下の二種類の方法があります。

式場専属の衣装室で借りる方法

メリットは、ほぼ手ぶらで会場入りできること。会場でヘアメイクや着付けをして、帰宅時もそこで着替えることができる会場が多いので、身軽なのが嬉しいですね。また、何か当日トラブルがあった時に対処してもらえるのも安心できるポイントです。

デメリットは、会場にもよりますが、インターネットでのレンタルに比べると、少し高額な設定になっているところが多いようです。

インターネットのレンタル店でレンタルする方法

メリットは、式場でのレンタルに比べると安価なので気軽に利用できることです。

デメリットは、当日自分で片付けて配送の手配をする必要があることです。披露宴のお開き後は、何かと親もバタバタするので手続きを面倒に感じる方もいらっしゃると思います。また、何か衣装に不具合が生じたときにすぐに対処することが難しいでしょう。

それぞれのメリットとデメリットを比較して、ベストなレンタル方法を選択してください。

レンタル相場はどれくらい?

レンタル金額は店舗や形態によりますが、一般的に父親のモーニングであれば「2万円から6万円」、紋付なら「3万円から10万円」程度が目安と言われています。

母親の洋装であれば「1万円から5万円」、和装であれば「2万円から10万円」ほどが相場のようです。

服装の注意点

結婚式は、子どもと親にとっても大切な晴れ舞台。そこで恥をかかないためにも気を付けたい、衣装選びの際の注意点を紹介します。

あくまで控えめに

結婚式の主役はあくまで新郎新婦です。両親は和装・洋装を選ぶにかからわず、上品かつ子どもたちより控えめなものを選ぶようにしましょう。

特に母親は、衣装のみならずヘアメイクにも気を遣いたいところです。普段から派手なファッションが好きな方が、当日留袖に奇抜なヘアカラーやヘアスタイルで来てしまったこともあります。そうなると、周りから「非常識な親」と認識されてしまう可能性があります。

両家間の事前の情報交換を大切に

結婚式当日、会場に集った両家の親の衣装に格差がありすぎると、お互い気まずい思いをする可能性があります。そうならないためにも、事前に両家間で、服装について意見を合わせておくことが何より大切です。

最後に

結婚式は、子どもたちのみならず両親にとっても思い出深いイベントです。両親の服装のことで気まずい思いをすることなく、大切な一日にしたいですね。両親は結婚式にふさわしい上品な装いで、子どもの晴れ舞台に華を添えましょう。

監修/トップウエディング https://top-wedding.jp/

構成・執筆/吉川沙織(京都メディアライン)
https://kyotomedialine.com FB

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店