「女の友情はハムより薄い」などと言われている。恋愛すれば恋人を、結婚すれば夫を、出産すれば我が子を優先し、友人は二の次、三の次になることが多々あるからだろう。それに、結婚、出産、専業主婦、独身、キャリアなど環境によって価値観も変わる。ここでは、感覚がズレているのに、友人関係を維持しようとした人の話を紹介していく。

コロナ禍以降、性感染症患者が増えている。特に梅毒の感染者数は深刻だ。2022年の報告数は8456人に達し、1999年以降23年間で過去最多を更新。特に中高年は妊娠する可能性が低いため、性交の際に避妊具を使用しない傾向がある。これが拡大の一因ではないかとも考えられる。

東京近郊の海辺の街に住む有希さん(54歳・専業主婦)は、友人・鈴子さん(家事手伝い・54歳)が、「私の夫(57歳)に性感染症をうつしたのではないか」と考えている。

【これまでの経緯は前編で】

夫の悪いところも列挙できるけれど、愛している

有希さんはこれまでの社会貢献活動で、「それは必要ない!」とかたくなに言い続ける人に、「やってください」と“お願いし続ける”活動をしていた。振り込め詐欺に振り込もうとする人に「やめてください」とお願いしたり、「私は大丈夫」と言う人に「C型肝炎の検査を受けてください」などと言い続けてきた。

社会全体の利益を考えて活動するのが有希さんの身上だ。公立中学校の同級生であり元アイドル・鈴子さんが自立すべくPC操作を教えることは、有希さんのミッションになった。

「普段は肩入れしないのですが、あの輝いていた鈴ちゃんが、貯金ゼロで実家の邪魔者になっているのが受け入れがたくて。鈴ちゃんは根気がなくて、“私には無理”とか“一服してくる”と帰ろうとすることがありました。その首根っこを捕まえて、PCに向かわせていたんです」

あるとき、それを見かねた夫が、鈴子さんにPC操作を教えるようになる。夫は57歳の現在も、サーフィンを続けて引き締まった体をしており、頭髪も豊かだ。精悍な顔立ちと、グローバル企業で重役をしていることもあり、全身から自信があふれている。

「鈴ちゃんの目の色が変わったことはすぐにわかりました。PC操作も“ケンさん(夫)が教えてくれるなら頑張る”と言い、私はちょっとホッとしたんです。夫は部下の育成に長けている。簡単な操作をさせて、褒め、自習をさせると同時に、統計学の考え方などもさりげなく教えている」

それは、30分程度だが、夫は「俺の時給がいくらか、彼女はわかっていないね」と苦笑していたという。

「夫は浮気もせず、仕事と家族のために生きてきました。私も、夫の仕事のサポートをしてきましたし、彼が本当に困った時には、それなりの代償を支払ってきたんです。長女出産を機に会社を辞めたこともそのひとつです。夫は外向きの顔は穏やかな紳士ですが、家ではそうではないところもあります。やはり老獪で意地悪で、他人をコントロールするところがあります。そういう夫の悪いところを列挙できますが、それも含めて愛している。夫婦ってそういうところがありますよね」

【夫とプライベートで会っていたことを知る……次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店