「女の友情はハムより薄い」などと言われている。恋愛すれば恋人を、結婚すれば夫を、出産すれば我が子を優先し、友人は二の次、三の次になることが多々あるからだろう。それに、結婚、出産、専業主婦、独身、キャリアなど環境によって価値観も変わる。ここでは、感覚がズレているのに、友人関係を維持しようとした人の話を紹介していく。

コロナ禍以降、性感染症患者が増えている。特に梅毒の感染者数は深刻だ。2022年の報告数は8456人に達し、1999年以降23年間で過去最多を更新。特に中高年は妊娠する可能性が低いため、性交の際に避妊具を使用しない傾向がある。これが拡大の一因ではないかとも考えられる。

東京近郊の海辺の街に住む有希さん(54歳・専業主婦)は、友人・鈴子さん(家事手伝い・54歳)が、「私の夫(57歳)に性感染症をうつしたのではないか」と考えている。

幼なじみ同士の再会で結婚

有希さんは肩書こそ専業主婦だが、夫のサポート、女性のためのライフスタイルアドバイスなど、さまざまな活動を行っている。その活動の中で、鈴子さんに再会する。

鈴子さんは有希さんの公立中学時代の友達で、小学校時代からその美貌で芸能界にスカウトされる。その後、アイドルデビューするも鳴かず飛ばず。結婚と離婚を何度かして、50歳のときに実家に戻って来た。スーパーマーケットで再会し、自宅に呼びお茶をするうちに、キャリアも貯金もない鈴子さんの再就職を手伝うようになる。

「両親が経営者だったから、人の役に立ちたい、世の中を明るくしたいという気持ちが強いのかも。夫とも、県立高校(名門)のボランティアサークルで出会ったしね。彼が3年で私が1年のときだったかな」

夫とは親が会社を経営しているという共通点があった。

「私が高校2年のときに、卒業生も含めたサークル仲間を集めて、ウチでクリスマスパーティをしたんです。その時に、彼が“俺、小さい頃、ここに来たことがある”と言うんです。母を呼ぶと、“あら! ケンちゃん!”と驚いていました」

彼の母親と、有希さんの母親は親しかった。お互いの家を行き来しており、幼い有希さんは彼のことを「ケン兄」と慕い、金魚のフンのように追いかけていたのだという。

その後、小学生に上がると、彼は野球やピアノ、学習塾など多忙になり、疎遠になっていく。

彼も「あのユッキーが、有希とはね」と驚いていたという。

そして、当然のように、ユッキー・ケン兄と呼び合うカップルが誕生する。東京の名門私立大学に通う彼は、有希さんに勉強を教え、有希さんも第一希望の女子大学に入学。学校同士が近いので、デートもしやすかった。

「お互いに男女交際はオクテだったから、実際に体を重ねるのがとても怖かった。でも彼は私の気持ちが整うのを待ってくれて、私が19歳、彼が22歳のときに、本当のカップルになったんです」

その後、彼は名だたる有名企業の内定を蹴り、当時海千山千だった外資系のIT関連会社に就職。この決断を後押ししたのも有希さんだった。最初は苦労したものの、その会社はグローバル規模まで成長する。

「私が27歳、夫が30歳のときに結婚し、一男一女が生まれました。夫の仕事が忙しく、当時は産休も育休もないから、私は勤めていた製薬会社を退職。今でこそ“豊かでいいわね”と言われるけれど、それまでにホントに苦労がありましたよ」

【社会全体がよくなることを考えて生きてきた……次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店