取材・文/沢木文

「女の友情はハムより薄い」などと言われている。恋愛すれば恋人を、結婚すれば夫を、出産すれば我が子を優先し、友人は二の次、三の次になることが多々あるからだろう。それに、結婚、出産、専業主婦、独身、キャリアなど環境によって価値観も変わる。ここでは、感覚がズレているのに、友人関係を維持しようとした人の話を紹介していく。

2021年7月大阪で資産家女性(享年・54歳)が亡くなった。彼女は死亡前に総額1億5000万円の生命保険に加入し、その受け取り人は死亡の5カ月前に養子縁組をした男(28歳)だった。その後、男は女性を殺害した容疑で逮捕される。しかし、2022年9月、男は留置所内で自殺を図り搬送先の病院で死亡が確認された。

資産家女性と男との間には何があったかわからない。捜査中に容疑者が死亡し、真相は闇に葬られてしまったからだ。

「この事件を聞いて、私の親友・桂子(61歳)のことが心配になりました。彼女の家にはいつも若く怪しい男が出入りしているんです」と語るのは、礼子さん(61歳)だ。

2人は定年まで勤務した会社の編み物サークルで出会い意気投合。サバサバしている礼子さんと、男性からの頼みを断れない桂子さんは、真逆の性格ゆえに意気投合。25年以上、礼子さんが桂子さんを守るような関係が続いていた。

【これまでの経緯はで】

25歳年下の男性に本気になってしまう

親友・桂子さんは、30歳で結婚し32歳で離婚。34歳の頃から15歳年上の妻がいる男性と、20年ほど不倫の関係になっていたが、礼子さんには明かさなかった。

そして、男性は69歳で死去する際に、桂子さんに都内のマンションとまとまった額のお金を残した。それは法律上有効な遺言であり、弁護士が相続の手続きをしてくれたそうだ。

「私だったら男性の奥様に悪いから、相続を放棄するのですが、桂子はしっかり受け取っていました。奥様を傷つけて、自分だけいい思いをして、さらにお金をもらうって、ひどい話ですよ。また、そういう“あぶく銭”を受け取ると、ロクなことにならない。だって、宝くじに当たった人の中には、不幸な人生を歩む人もいるって聞くじゃない?」

礼子さんは潔癖で曲がったことが嫌いだ。「不倫なんて、もってのほかです」とキッパリと言う。

「相続した後、桂子に乳がんが見つかったと聞いたときは天罰だと思いました。休職して手術し、今は寛解していますけれどね。乳房を再生してからはすごいですよ。57歳のときに、25歳年下の31歳の理学療法士の男性に本気になってしまい、相手に猛アプローチして半同棲までしていましたから」

桂子さんにしてみれば「どうせいつかは死ぬのだから、好きにしたい」というところだろうか。

「まさにそれ。“今まで年上のおじいさんの愛人やっていたんだけど、私は若い子が好き”と、顔にヒアルロン酸を打ちまくって、プルプルの肌になっています。もともとキレイでスタイルもよく、子供を産んでいないから体のラインもキレイ。一緒に旅行に行って温泉に入ると、私でもドキッとしてしまいますから」

桂子さんは年上の負い目があるからか、若い男性にお金を与えるなどして尽くしてしまう。

「やめろといっても聞かない。ウチの会社は給料がそこそこよく、20年の不倫生活でお金も貯まっている。だからパッパと使ってしまうんです」

礼子さんは「若い男の子の魅力は何なのか」と聞いてみたことがある。桂子さんは「抱き合ったときに、肌がパンと張っており、お腹にたるみがないこと。それに、際限なく私を愛してくれること」と言った。

「いつも陰気でもごもごとしゃべる桂子とは別人のようでした。でも、20歳以上年下の若い男の子って、若い女の子の方がいいでしょ? だから半年もするとフラれるんです」

【失恋で注射を打ち忘れたら……次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店