我が子や孫は「いい人生」を歩んでほしいと思う親・祖父母は多い。では、いい人生とは何だろうか。それは、自由であり選択肢が多い人生ではないだろうか。

しかし、現在は格差社会もグローバル化も進んでいる。正解がない時代に、子供に何を教えればいいのか。そこで、注目なのは、算数・数学だ。数学的思考は、世界共通で使えると同時に、極めていけば哲学にもつながっていく。

しかし、算数は苦手教科の筆頭にあることが多い。得手不得手によって学力に差が出やすく、親自身が苦手意識を持っていることもある。

「算数ができれば将来の選択肢は広がります」と言うのは、柴田希世美さんだ。柴田さんは、3児の母であり、2人の息子は東京大学に進学している。また、その長男は小学生のときに、算数オリンピックで金メダルを獲得。ここでは、柴田さんに「算数が得意になる子供に育てる」方法と秘訣を伺った。

柴田希世美・しばたきよみ/「子供を医者にしたい」という保護者のための教室『幼児教室ひまわり』(大阪府)講師。幼稚園教諭資格、知育玩具アドバイザー資格、育脳トレーナー資格。フルタイムで働きながら、息子二人を東大に合格させる。「子供を上手にほめることで、その才能は無限に伸びていく」という理念を持つ。

勉強と遊びの境目をなくすことから始まる

――共働き時代になり、幼い孫を預かることが増えたという人も多いです。算数ができる子供になるために、どのように接したらいいのでしょうか?

苦手意識を持たせないことです。自然に数や数字に興味を持つような会話をするといいですよ。家の中には、さまざまな数字がありますよね。時計やカレンダーもそうですし、家電のデジタル表示など、生活には数字があふれています。「今日は何日かな?」「今は何時かな?」「お風呂の温度は何度かな?」など、子供が数字に興味を持つように、意識しながらコミュニケーションをするといいと思いますよ。

また、絵本を読むときも、「ここにくまさんが5匹いるね。2匹遊びに行ったら、何匹になるかな?」など、お話をアレンジして話しかけるのもいいでしょう。それに対して、子供がどんな答えを言っても、その返事のいいところを見つけて、「その通りだね」「そんな考え方もあるね」「おもしろいね」などとほめるのです。

私は、「子供を上手にほめることで、その才能は無限に伸びていく」と確信しています。ほめられるとうれしくなりますから、子供は数字に興味を持つだけでなく、想像力がどんどん広がっていきますよ。

――とはいえ、算数……大人自身にも数字に拒否反応があることがあります。

おそらく、自然に算数を意識していると思いますよ。例えば、何かを買う時に「どっちが多いかな」とか、「何個入っているだろうか」などと、考えますよね。それを子供と一緒に買い物に行ったときに、話しかけてみてください。どっちが多いよとか、大きいよとかきっといきいきと答えてくれるはずですよ。

このやりとりは、日常会話であり勉強ではありません。でも算数の能力を育むことができるのです。このように、遊びと勉強の境界線をなくし、苦手意識を植え付けないことが、子供の学力を伸ばすためには大切です。

――なるほど。算数は日常の中にたくさんありますね。これまでは数や量の能力の育み方でしたが、図形のセンスも求められますよね。特に中学受験は図形問題が難化しています。

図形や空間認識のひらめきやセンスを育てるためには、積み木遊びが最適です。私も幼い子供たちと、一緒に遊んでいました。積み木遊びのコツは、「お母さんと同じものを作ってみようか」とお手本を見せること。すると、子供は「やってみよう」と思うようになるんですね。

【能力を育む積み木選びのポイントと、その遊ばせ方とは? 次のページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品