文/ 熊野貴文

子育てでいちばん大切なのは、 「今できることを今すぐ実践すること」

こんにちは、「幼児教室ひまわり」の熊野です。
私たちの教室では、次のような親御さんがたくさん学んでおられます。

●これからわが子を医者にしたい
●医者という目標は明確ではないが、東大や京大に合格させたい
●どんな時代でも強く生き抜いていけるような賢い子に育てたい

では、「実際にわが子を医者にしたメソッド」「トップレベルの学歴を持つ賢い子どもを育てた教育法」とはどんなものなのでしょうか?

実はものすごく特殊な教育をしていたのではなく、普段の行動の1つひとつをしっかり工夫し、小さな違いを積み重ねてきた結果だというのが答えです。

●わが子に対してかける言葉
●わが子の興味を引き出すための接し方
●習い事にどのような考え方で取り組ませるか?
●失敗したときにはどういうふうに向き合うか?
●おもちゃで遊ぶときに、どうやって想像力を膨らませるか?

などなど。

子育てでいちばん大切なのは、「今できることを今すぐ実践すること」です。
今できる最大限のことをしてあげる。子育てはその積み重ねです。
まずはわが子にできるところから始めてみてください。

実際にわが子を医者にした親が実践してきたことですから、あなたの教育にそのまま取り入れていただくだけで成果が期待できます。
ぜひお子さんの教育に活用していただければと思います。

自己肯定感を持たせるために知っておくべきこと

子どもが目標を持ち、自ら目標を達成するための行動をしていくためには、子ども自身が自分の能力を心から信じる必要があります。
そのためにも、子どもの一番近くにいる親御さんは、どのような働きかけをするといいでしょうか?
その最良の方法は、お子さんを褒めることです。親に褒められることは、お子さんの成長に大きな影響を与えます。
では、お子さんを褒める際に、親御さんはどのような工夫をすればいいのでしょうか。

自己肯定感は成功体験からつくられる

子どもが目標を持ち、親に言われるのではなく、目標を達成するために自ら行動をしていくのが理想です。そのためには、子ども自身が自分の能力を心から信じる必要があります。
では子どもが、自分の能力を心から信じるには、どうすればいいでしょうか。親御さんは何をすればいいでしょうか。

幼児教育の世界では、「自己肯定感」という言葉がよく登場します。
簡単に説明すると、自己肯定感とは自分自身のこと、自分の能力を信じて、「自分はこれでいいんだ」と思える能力、姿勢のことです。

お子さんの自己肯定感を高めていくために、親御さんができることは実はたくさんあります。
そのなかでも、もっとも重要なのが、「成功体験」を積ませることです。
とにかくお子さんに、できるだけ多くの成功体験を積ませることを心がけてください。これが本当に重要です。
 
そのために、今からすぐにできることがあります。それは、お子さんにマイナスな言葉をいっさい言わないことです。

親は日常のなかで、つい子どもに対してマイナスの言葉をぶつけがちです。
「だからお前はダメなんだ」とか「ちょっと無理じゃない」「やめたらいいんじゃない」、そんな言葉をつい口にしていませんか?
結果だけをとらえ、マイナスの評価をする。できなさそうだと感じたら、最初からやめさせようとする。面倒そうだから、すぐにあきらめさせようとする。
まず親御さんが最初にすることは、こうしたマイナスの言葉をお子さんに対して絶対に言わないようにすることです。

たとえば身近な例としてテストがあります。成功や失敗が点数の形で、分かりやすく結果が出ます。
良い成績をとることができれば、それはもちろん分かりやすい成功体験になることでしょう。しかしテストの結果が悪いときだってあります。悪かったときにマイナスの言葉を投げるのは、お子さんの成功体験にはまったくつながりません。

その場合は、失敗を成功体験に変えていくことが大切です。分からなかったところをそのままにして逃げ出すのではなく、子どもと一緒に、失敗したテストのレベルを下げて、できるところまでさかのぼってみる。
これを繰り返すことによって、お子さんは失敗を乗り越えることを覚えます。たとえ失敗しても失敗を乗り越えることによって、 僕はできるんだ、私はできるんだということを増やしていくのです。
それが成功体験となります。なるべく多くの失敗をした人のほうが、将来的に成功する例は多いです。なぜなら、失敗することで、より多くの成功体験を積むことができたからだとも言えるのです。

親御さんが「マイナスの言葉を使わない」
それだけで、お子さんが見違えるように元気になり、自分からやる気を出すようになったというケースは意外と多くあります。
これは、すぐにできることなので、ぜひ実践してみてください。


「幼児教室ひまわり」塾長・熊野貴文(くまの たかふみ)
1978年兵庫県神戸市生まれ。灘中・灘高卒業。大阪大学医学部現役合格、同校卒。2歳の頃から数々の幼児教育を受け、進学塾へ通うための準備を始める。
1997年、大阪大学医学部に現役で合格。卒業後、医師として、大阪大学付属病院(阪大病院)や市中病院など数々の病院で勤務医として医療に携わる。
その後、「自分が両親から授けて頂いた本当の教育方法」を世に広めることに対して使命を感じ、現在『幼児教室ひまわり』の運営を行っている。

『子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと』

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品