サライ.jp

日本は人口の4人に1人が65歳以上であり超高齢化社会です。2025年には5人に1人が認知症になると言われる中、相続における認知症リスクが社会的問題となりつつあります。そこで、ランドマーク税理士法人(https://www.zeirisi.co.jp/)が、相続する側(相続人)と相続させる側(被相続人)の認知症と相続についての意識調査を実施しました。その結果、相続における認知症リスクの課題・問題点が浮き彫りになりました。どのような問題点があるのか、把握しておきましょう。

■認知症による「預金口座の凍結」リスクを認識している人は60%。では、そうなった時の預金の引き出しや口座を解約する方法は?

「認知症になった場合に、預金口座が凍結される可能性があることをご存知ですか?」との問いに対して、被相続人・相続人を合わせた全体では63%が認知症による預金口座凍結のリスクを知っていました。被相続人(60代~80代)ではすべての年代において60%以上の人が認識しており、相続人側でも50代は73%が認識しているという結果になりました。相続人側も年齢が高くなるほど親の認知症リスクを心配していると考えられます。

また、上記の質問で「知っている」と答えた人に、「認知症によって凍結された預金口座から、預金の引き出しや口座を解約する方法をご存知ですか?」と質問したところ、知っている人は全体で33%という結果でした。この問いには、相続人の30代・40代の約40%が「知っている」と回答しており、認知症と預金口座については相続人の方が意識が高いことが伺えます。

■認知症や要介護状態になることを想定している人は半数に上るが、実際に準備に着手できている人はごくわずか

「相続や資産管理において、被相続人が認知症や要介護になった場合を想定した準備をしていますか?」という質問について、「想定して準備している・準備した」と回答した人は相続人・被相続人の各年代に渡って非常に少なく、相続人(50代)が15.6%でいちばん高いという結果が出ました。全年代において「想定しているが準備していない」が半数を占め、何らかの不安は抱えているが具体的には行動できていない現状が浮き彫りになりました。

さらに、「想定して準備している・準備した」と回答した人にどのような準備をしているかを質問したところ、相続人・被相続人ともに「遺言書を書いている/書く予定」と答えた人が40%に上りました。次ぐ回答としては、相続人では「弁護士や税理士などの資格を持つ専門家に相談している/相談する予定」が約30%、被相続人では「家族信託を準備/検討している」が約26%という結果となり、相続人と被相続人で想定する準備内容に違いが見られました。

■法廷相続人の中に認知症の人がいるケースは10%超、30代では15.8%にも

財産の「法定相続人」の中に認知症の方がいるかどうかを質問したところ、相続人・被相続人のすべての年代において、1割程度が「法定相続人の中に認知症の方がいる」と答え、30代が最も多いと回答しました。

次に、「いる」と答えた人に、「相続人に認知症の方がいる場合、遺産分割協議が行えなくなることをご存じですか?」という質問したところ、全体で75%強の方が「知らない」もしくは「聞いたことはあるが詳しくはわからない」と回答しました。

***

この調査から、日本が超高齢化社会を迎えて久しく、認知症や介護の問題が身近な話題として挙がることが多くなった中でも、「相続」においてはまだ着手できていない現状が明らかになりました。課題として関心を持つ人は少なくないながらも、実際には身近な人に認知症が発症するまでは課題として向き合えていないという状況でしょう。

いまや一生涯で認知症になる確率は50%と言われ、誰しもが認知症になる可能性があります。また、高齢者だけでなく、「若年性認知症」や「アルツハイマー病」などは40~50代で発症することも少なくないため、相続人側の対策も見落とせない課題となっています。

相続における認知症対策は、相続人・被相続人双方が健康なうちに行っておくことで、不要なトラブルや不必要な手間を避けることができます。特に、未だ猛威をふるう新型コロナウイルス感染症の影響で、日々感染の危険を感じ、思うようにコミュニケーションができない生活を強いられる中、相続に関する不安を解消しておくことは関わる全ての人にとって有意義と言えるでしょう。

■調査の詳細
・調査時期:2020年9月1日~9月5日
・調査方法:インターネットリサーチ
・対象者:居住地 首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)
年 代 ①60・70・80代(被相続人)
    ②30・40・50代(相続人)
性 別 男女不問
条 件 ①実親が亡くなっており、自身の資産を子供に相続する予定の方
    ②実親が存命であり、いずれ資産の相続を受ける予定の方
・回収サンプル数:1,034

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア