モダニズムの新たな文化が花開いた大正期。婦人之友社創始者の羽仁もと子、吉一両氏によって大正3年(1914)、絵雑誌『子供之友』が創刊されました。戦時下の昭和18年(1943)に用紙の統制によって休刊するまでの30年間、子どもの自立による近代的な人間育成を一貫して掲げ、生活教育を積極的に展開した『子供之友』は、童話や伝記、漫画やクイズなど多彩な内容と、画家たちによる魅力あふれる絵で、多くの子どもたちに愛されました。

東京・板橋区立美術館で開催中の「描かれた大正モダン・キッズ 婦人之友社『子供之友』原画展」は、『子供之友』で活躍した竹久夢二や村山知義といった画家たちの作品を貴重な原画によって辿るものです。

竹久夢二画『子供之友』1928年12月号表紙原画

竹久夢二画『子供之友』1928年12月号表紙原画(婦人之友社蔵)

村山知義画『子供之友』1924年3月号表紙原画(婦人之友社蔵)

村山知義画『子供之友』1924年3月号表紙原画(婦人之友社蔵)

展覧会の見どころを、板橋区立美術館学芸部の高木佳子さんにうかがいました。

「本展では創刊号から大正、昭和初期の原画約150点を展示します。大正期創刊の絵雑誌のために描かれた多くの原稿が大切に保管されていたことは賞賛に値します。創刊時より絵画主任を務めた北澤楽天や竹久夢二、童画家第一世代と呼ばれる武井武雄や村山知義ら、当時の画家たちが子どもたちに良いものを見せたいという願いをこめて描いた原画から、画家の熱い思いを感じ取っていただければ幸いです。展覧会では、大正期から昭和期の雑誌『子供之友』も併せて展示します」

子ども向けだからこそ芸術性を求めた画家たちの志を、ぜひ間近でご覧ください。

板橋区立美術館の公式サイトはこちら

【「描かれた大正モダン・キッズ 婦人之友社『子供之友』原画展」開催要項】

会期/2016年2月20日(土)~3月27日(日)
会場/板橋区立美術館
住所/東京都板橋区赤塚5-34-27
電話番号/03・3979・3251
料金/一般650円 高校・大学生450円 小・中学生200円 ※土曜日は小・中・高校生は無料、20名以上の団体・65歳以上・障がい者の割引あり(要証明書)
開館時間/9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日/月曜日(ただし3月21日は開館し、翌22日休館)
アクセス/都営三田線西高島平駅より徒歩約13分、東武東上線成増駅北口2番バス乗場より(増17)美術館経由高島平車庫行きで「区立美術館」下車

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
6月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品