新着記事

最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった!

文/編集部

いよいよ今週からポール・マッカートニーの来日公演がスタートする(10月31日@東京ドームほか)。今回のツアーは「フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー2018」と題され、5年ぶりのニュー・アルバム『エジプト・ステーション』(ユニバーサルミュージック)をひっさげての来日となる。当然コンサートでは新作からのレパートリーが演奏されるはずだが、これまでの来日公演のセットリストを見れば、今回も多くのビートルス・ナンバーが演奏されることだろう。

今回のステージについて、ポールは世界じゅうに向けてメッセージを発表しているが、どの会場に対しても「一緒にパーティしよう!」としめくくられている。きっとエキサイティングなものになるはずだ。

さて、サライ読者には「ビートルズが青春世代」だった方も少なくないと想定されるが、ドームのコンサートには行ってみたいがちょっと体力的にはつらいかも、とお思いの方も多いだろう。ポール本人は3時間のステージを休みなく歌い、弾きまくるが、それはポールが特別過ぎるのであって、現実は現実だ(苦笑)。

世間の盛り上がりの気分を感じながら、リビングルームでポールを楽しもうというあなたにぜひオススメしたいアルバムがある。それは2012年リリースの『キス・オン・ザ・ボトム』(ユニバーサルミュージック)。ポールのジャズ・ヴォーカルが聴けるアルバムだ。青春を振り返るヒット・パレードもいいが、これを聴いて今一度ポールの本当の魅力を考えてみるのはどうだろうか。

ポールの歌、演奏、楽曲はいつの時代も素晴らしいが、「ポールが好き」というのは、楽曲以上にポールの「個性が好き」ということだろう。じっくりとポールの魅力を感じるには、このアルバムは秀逸だ。

ジャズという音楽は、多くは他人の曲を歌う。多くの人が歌う「名曲」を自分の「個性」で染め上げて、「自分の歌」として表現するのがジャズ・ヴォーカル。シンガー・ソングライターであるポールの場合、個性は歌と一体化しているものではあるが、ジャズを歌うときには楽曲や演奏から離れた、純粋なポールの個性が浮かび上がってくるのだ。

録音されたのは、ハリウッドのキャピトル・スタジオ。この歴史あるスタジオでは、かつてフランク・シナトラはじめ、名だたるジャズ・ヴォーカリストたちが名唱を録音したことで知られている。しかもなんとこの録音で使われたヴォーカル・マイクは、ナット・キング・コールが使っていた、そのものなのだ。

さらにポールはキング・コールの看板曲のひとつ「イッツ・オンリー・ア・ペーパー・ムーン」まで歌っている。これはまさにポールの「ジャズ・ヴォーカリスト宣言」。ほかにも(ポール自身は、有名ではない曲を選んだということだが)「バイ・バイ・ブラックバード」「手紙でも書こう」など、ジャズ・ファンにはよく知られたスタンダードの名曲がいくつも収録されている。

もともと、ビートルズ以前に家族や親戚と歌っていた、自身のルーツを歌うところがアルバム企画の発端というが、意外なことにポールはこういったスタンダードがビートルズにも影響を及ぼしていると語る。つまりポールの音楽の歴史全部がここにあるということ。

また、ここではアレンジもバックも腕利きのジャズマンたちに任せており、ポールにしては珍しくヴォーカルに徹している(ポールはベースはもちろん、ギター、キーボード…と弾きたがり屋さんでもある)こともその印象を強くする。まさにポールの個性が超凝縮されてたコンテンツ。ポールのファンほど興味深く楽しめることだろう。

もし『キス・オン・ザ・ボトム』のあとでビートルス・ナンバーのジャズが聴きたくなったら、CDつきジャズ・マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション』の第2号「ビートルズ・ジャズ」がオススメ。こちらはポールとは逆の、ビートルズ名曲のジャズ・アレンジ集。ジャズマンたちの個性的な演奏が、ビートルズの楽曲の魅力を浮き彫りにしている。

ポールはビートルズ楽曲をジャズにアレンジすることはなかったが、「ジャズマン」ポールが歌っていたらどんな音楽になったかこれを聴きながら想像するのも楽しい。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マーカス・ミラー マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスー…
  2. JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドー…
  3. ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由
  4. 隔週刊『JAZZ絶対名曲コレクション』とくにオススメの号はこれと…
  5. マイケル・ジャクソン、ビートルズの名曲をジャズで楽しむ! ジャズ…
PAGE TOP