新着記事

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車。約4年ぶりとなる新型乗用車は、SUVとクーペを融合させたデザインが評判だ。小型で扱い易く、装備も充実する話題の一台である。

クロームメッキを大胆に用いて上質感を漂わせる車体前面の意匠。横長のヘッドライトが見た目の印象を引き締めている。

三菱自動車工業は1970年代からWRC(世界ラリー選手権)やダカール・ラリーなど、荒地や砂漠を舞台にしたモータースポーツ競技に参戦してきた。そうした過酷な耐久レースで培った経験を技術の向上に活かし、悪路での走破性や高速走行に優れた4輪駆動車を積極的に開発。競技で何度も優勝するなど、その活躍ぶりが同社のブランド力を高め、市販車の販売台数を大きく伸ばしてきた。

しかし、近年はその人気が低迷し、2015年、ラリーの常勝車種だったランサーエボリューションの生産中止を機に、4ドアセダン市場から撤退。以降は、軽自動車とSUV(多目的スポーツ車)のパジェロの生産を主に手がけてきた。2016年には日産自動車に買収され、三菱自動車の先行きを心配する声もあった。

前ドアから尾灯にかけて切れ上がった深いラインが印象的。前後のドアは下端のメッキ部分もドアと一体で開閉するので、車体下部に泥がはねてもドアを開ければ衣服を汚すことなく乗降できる。

起死回生の新型SUV

そんな中、同社の開発陣と当時の経営者は三菱ブランドを復活させるべく、一台の車の開発を密かに進めていた。かつて世界のラリー界を席巻したランサーエボリューションの開発者から技術や知識を得ながら、海外市場でも通用する高性能車種を完成させた。

それが小型SUVのエクリプスクロスである。同車は、三菱が日産自動車に買収された約4か月後、欧州の自動車ショーで初めて公開され、大きな反響を呼んだ。

黒を基調とする洗練された前席回りの意匠。スマートフォンを繋ぐと、電話やSNS、ナビゲーションなどの操作を中央上部の液晶画面でできる。

車両運動統合制御システムによる走行モードの切り替えスイッチ。AUTOは舗装路、SNOWは雪道、GRAVELは荒れた道に適する。

欧州に続いて日本でも2018年3月に発売が開始された。それに先だって、北海道の特設コースで雪上や氷上の走行性能を試す機会が設けられた。上り坂や下り坂、連続するカーブもある特設コースで、エクリプス クロスは想像を遥かに凌ぐ高い走行性能を発揮した。

前席の着座位置は高めで、前方視界はよい。頭上空間に余裕があり、天井やドア前方の支柱による圧迫感も少ない。室内色は黒のみ。

後席の着座位置も高め。リクライニング機能に加え、前後に20cmスライドさせられる。背もたれは6対4の割合で前方に倒すことができる。

4駆車は競技で培った技術を応用。意のままに車を操ることができる

車体後部のデザインもじつに個性的だ。上下に2分割された後部窓は上窓にワイパーを備えているので、降雨時でも後方視界は良好。

エクリプス クロスは、クーペの要素を取り入れたスポーティな外観デザインが斬新だ。尾灯から前ドアにかけて深く刻まれた斜めの直線ラインと、躍動感溢れる立体的なボディが美しい。

注目したいのは、車体の下端まで覆うよう設計された大きなドア。車体下部にはねた泥や水滴はドアに付着するので、ズボンやスカートの裾を汚さずに乗降できる。SUVを長年手がけてきた同社ならではの、きめ細やかな工夫である。

左右幅が1m以上ある荷室。床板は上下2段階に高さの調節が可能で、上方調節すると床下に深さ約13cmのサブトランクが生まれる。

同車は前輪駆動と4輪駆動の2種類の駆動方式を選べる。前輪駆動車は重量が比較的軽く、軽快な走りを楽しめる。一方、優れた運動性能を発揮する4輪駆動車は、ラリー競技で活躍したランサーエボリューションの技術を応用。前後輪への駆動力の配分やブレーキの制御などを統合した三菱独自の技術が導入され、意のままに車を走らせることができる。

ガソリン仕様の1.5Lターボエンジン。前輪駆動、4輪駆動ともに最新の8速スポーツモード付き無段変速機を組み合わせている。

また、スマートフォンと連携してラジオやナビゲーションなどを操作できる機能を装備。これなら地図は常に最新で、渋滞などのドライブ情報の入手も手軽にできる。

同車の販売は好調で、発売前の予約注文は目標値の5倍の約5000台だったという。

【三菱/エクリプス クロス 4WD Gプラスパッケージ】

全長× 全幅× 全高:4405×1805×1685㎜/span>
ホイールベース:2670mm
車両重量:1550kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ/1498cc
最高出力:150PS/5500rpm
最大トルク:24.5kg-m/2000~3500rpm
駆動方式:4輪駆動
燃料消費率:14.0km/L(JC08モード)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 60L
ミッション:8速スポーツモード付きCVT
サスペンション:前:マクファーソンストラット 後:マルチリンク
ブレーキ形式:前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク
乗車定員:5名
車両価格:車両価格286万6000円
問い合わせ:お客様相談センター 0120・324・860


文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2018年9月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP