サライ.jp

文・写真/杉﨑行恭

エアバス社の最新鋭旅客機A350−1000のデモフライト機

2018年2月14日に羽田空港の日本航空(JAL)格納庫で行われた、エアバス社の最新鋭旅客機「A350−1000」のデモフライト機のレポート「エアバス A350|JAL日本航空の次代を担う最新ジェット旅客機を見た」に引き続き、今回は、日本航空の歴代の主力ジェット旅客機をまとめてふり返ってみよう。

《ダグラスDC−8》

DC−8スーパー61

最初のジェット旅客機としてダグラスDC−8が1960年12月に登場。パンアメリカン航空が太平洋路線に投入したボーイング707の後塵を拝していた日本航空は、ここから巻き返しを図った。このボーイング707とDC−8の登場により、プロペラ機よりも圧倒的に早く、しかもほとんど揺れない、成層圏を飛ぶジェット旅客機時代の幕が開いた。

とくにDC−8はストレッチ(胴体の延長)が可能だったため、旅客の増加に伴って順次ストレッチタイプが投入され、1987年の退役まで合計60機を導入。日本航空の顔として活躍した。

後年は国内線にも使われ、とくにDC−8スーパー61では全長が11mも延長された。細長いチューブのようになった客室が印象に残っている。

【ダグラスDC−8スーパー61】
全長:57.12m 
全幅:43.41m 
高さ:12.92m 
座席数:253席(1クラスの場合)
最大離陸重量:147t
航続距離:6035km

1 2 3 4

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
2月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品