新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第78回公演では、五街道雲助師匠が主任(トリ)を勤め、『つづら』を口演します。

主任を勤める五街道雲助。東京・墨田区出身、70歳。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。同56年に真打昇進。滑稽噺の軽み、人情噺の凄み、いずれも高く評価されている。

つづらとは大型の衣装箱。人も入れるほどの大きさゆえに、この箱を巡って事件が展開します。雲助が師匠の十代目金原亭馬生(1928~82)から受け継いで得意にしている噺です。どうぞお楽しみください。

【第78回「人形町らくだ亭」 開催概要】

公演日:6月13日(水)
開場:18時30分
開演:18時50分(21時終演予定)

出演・演目:
五街道雲助(主任)『つづら』
春風亭一朝『大山詣り』
春風亭柳朝『源平盛衰記』
柳家やなぎ

会場:
日本橋公会堂(日本橋劇場)
住所/東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
(Googleマップの地図はこちら

交通:
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩約2分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩約5分
東京メトロ東西線「茅場町」駅4a出口から徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「人形町」駅A3出口から徒歩約7分
※会場までの地図は日本橋公会堂のウェブページでご確認ください。

料金:
前売券/1階 指定席2500円(税込)
当日券/1階 指定席2900円(税込)
※全席指定

チケット入手方法:
チケットぴあ(電話 0570-02-9999)にて発売。

チケットぴあPコード=484-526
電子チケットぴあでも発売中
↓↓↓
http://t.pia.jp/pia/event/

主催:小学館 サライ編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  5. 「現代の囲炉裏」でワイワイ楽しむ!日本酒 家呑み パーティ講座【…
PAGE TOP