新着記事

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

JTBの豪華バス「ロイヤルロード・プレミアム」でゆとりの大人旅を楽しむ[PR]

文/編集部

旅につきものの移動。とくに重い荷物を抱えての乗り換えや徒歩移動は、大人世代の旅人にとっての悩みだ。ほうぼう見ては回りたいが、そのための移動が億劫で……と二の足を踏んでしまう方もすくなくないだろう。

そこで注目したいのが、移動の負担が少ないバスの旅である。とくに最近では、一般的な観光バスとは一線を画した、プレミアムな「豪華バス」が続々登場し、ゆったりとした極上の乗り心地や特別なサービスで、サライ世代の人気を集めている。

なかでも旅の老舗JTBのプロデュースにより誕生した豪華バス「ロイヤルロード・プレミアム」は、特筆すべき至高のラグジュアリーバスだ。

ではこのJTBオリジナルの豪華バス「ロイヤルロード・プレミアム」、いったいどんなところが優れているのだろうか。特長を一つずつチェックしていこう。

■1:わずか10席のみの贅沢な空間

車内に入ってまず驚くのが、そのシート配置。通常は45人ほどの座席が設けられる大型バスの空間に、いかにも座り心地が良さそうな本革の大型シートがゆったりと並んでいる。その客席数は、わずか10席。添乗員用の席を加えても全11席となる

これだけの贅沢な空間設計は、ちょっとほかのバスではお目にかかれない。まさに航空機のファーストクラスを思わせる、プライベート感覚にあふれた優雅な車内空間だ。

■2:全席一列の独立シートでひとり旅にやさしい

全10席ということは、当然シート配列も通路をはさんで左右1列のみ。つまり全席が通路と窓に面しているということだ。このレイアウトも、他のバスにはない「ロイヤルロード・プレミアム」ならではの特徴である。

一般的なバスのように2列シートだと、窓側にしても通路側にしても、どうしてもデメリットが生じてくる。日差しが眩しいときや、出入り・車内移動のときなどに、隣に座る方に気をつかったり、気まずい思いをすることもあるだろう。もちろん景観にも差が出てくる。また一人旅では、隣にどんな人が座るかわからないという不安もある。

「ロイヤルロード・プレミアム」の全席1列シートは、そんな不安や悩みを払拭してくれる。全席が、外れなしの特等席なのだ。

■3:大きな窓で絶景を独占できる

また「ロイヤルロード・プレミアム」の車内で印象的なのは、その大きく広い窓。一般的な観光バスよりさらに大型のガラス窓は、広くクリアに外界を見渡せる。しかも視界を遮るような邪魔なタテの柱もない。

つまりどの席からも、四季折々の絶景を独り占めでき、心ゆくまで眺め堪能できるのだ。これにまさるバス旅の贅沢はあるまい。

■4:後ろ席に気兼ねなくシートを倒せる

各シートは、前後のスペースも大きくゆったり。足をうんと伸ばせるだけでなく、リクライニングさせて楽な姿勢をとることができる。

シートの構造的に、背もたれをいっぱいに倒しても後ろの席には影響がない作りになっている。これなら後席の人にも気兼ねすることなく、存分にリクライニングを楽しめる。

また各席には肌触りの良いクッションとブランケットを装備。移りゆく車窓を眺めながら、ゆったりほっこりくつろげる。

■5:化粧室つきで長距離移動も安心

長距離のバス旅でどうしても心配なのは、トイレの問題だろう。途中のトイレ休憩だけでは、事足りないこともある。ついビールやお酒を飲み過ぎて、急に催してきてしまうことだってあるだろう。

その点も、快適なトイレ付きの「ロイヤルロード・プレミアム」なら心配ご無用。いつでもトイレが使える安心感は、バスの旅をより楽しませてくれるはずだ。もう次のサービスエリア到着を、じりじりと待たなくてよいのだ。

■6:車載カメラの前方映像を自席で楽しめる

「ロイヤルロード・プレミアム」の各シートには、飛行機と同じように小さな液晶モニターが付いていて、この画面で、テレビやDVDなどいろいろな映像コンテンツを楽しむことができる。

とくにオススメなのが、バスの前方車載カメラの映像。運転手と同じ目線で、ドライブを楽しんでいるような感覚を味わえる。これが意外なほどに面白い。バスの前面展望が、最前列だけの特権ではなくなるのだ。

立派なヘッドフォンとオーディオシステムも搭載されていて、映像の音声や好みの音楽が、いつでも気兼ねなく楽しめる。

■7:本格的なドリンクサービスが楽しめる

車内では、コーヒーなど本格的なドリンクサービスも楽しめる。各シートにはしっかりとしたドリンクホルダーが完備され、熱い飲み物も安心して手元に置ける。

■8:最高の安全性評価を獲得

この「ロイヤルロード・プレミアム」は、ただ快適なだけではない。公益社団法人日本バス協会が定める「貸切バス安全性評価」で、最高の三ツ星認定を取得しているのだ(2018年1月現在)。

かつてない上質で快適な旅を安心して満喫できるバス、それが「ロイヤルロード・プレミアム」なのだ。

*  *  *

さて、そんな豪華バス「ロイヤルロード・プレミアム」で行く特別なツアーが、JTBロイヤルロード銀座が企画催行する「夢の休日」シリーズより発売されている。なかでもオススメの3コースをご紹介しよう。

【コースその1】
京都老舗の名旅館で寛ぐ2日間の旅
つゆ草光る1万株のあじさい観賞

まずご紹介するのは、「ロイヤルロード・プレミアム」で初夏の京都を巡り、青もみじの庭園や古寺のあじさいを観賞し、名にし負う名旅館に泊まるという興趣深い2日間の旅だ。

あじさい(イメージ)

初日は京都駅からバスで出発。昼食をいただいてから、両足院で特別公開中の半夏生の庭園を眺め、南禅寺「天授庵」で美しい青もみじの庭園を眺める。

その後、京都市内に戻って老舗旅館「炭屋旅館」または「柊家旅館」に投宿。どちらも長年京都の街で愛され続ける名旅館である。歴史を刻んだ数寄屋造りの風格ある建物に、京ならではの風情と趣を十二分に感じることができる。

炭屋旅館

柊屋旅館

夕食に供される、新鮮な旬の材料を吟味して作られる心づくしの京料理は、味はもちろんのこと、清水焼など選りすぐりの器も合わせて楽しみたい。

料理の一例

2日目はチェックアウトの後、バスで龍安寺へ。鏡容池に咲く美しい睡蓮・花菖蒲と、特別拝観中の茶室をゆったりと拝見したのち、フランス料理のランチをいただいてから、宇治の三室戸寺へ。ここではなんと1万株ものあじさいがいっせいに咲く様を観賞できる。この季節にしか見られない絶景の花園である。

過ごしやすく混雑しない穴場の季節に、京都の情趣を優雅に堪能するこのコース。炭屋、柊屋という京都でも指折りの格式ある宿に泊まれるのも、小人数で催行する「ロイヤルロード・プレミアム」の旅ならではのことだ。出発日は6月14日(木)。詳細はこちらをご覧いただきたい。

【コースその2】
伝統と格式の上高地帝国ホテルに宿泊
新緑まぶしい上高地ガイドウォーク3日間

上高地帝国ホテル

次にご紹介するコースは、新緑の上高地を案内ガイド付きで楽しみ、名高い老舗ホテル「上高地帝国ホテル」に1泊する、優雅な山の旅である。こちらも移動には「ロイヤルロード・プレミアム」を利用する。

初日は、東京駅から「ロイヤルロード・プレミアム」に乗り込んで上高地へと出発。車内では老舗「なだ万」のお弁当を愉しんだり、広い窓でゆったりと車窓を眺めたりしながら、途中途中で休憩を重ねつつ、ゆっくりとしたペースで上高地を目指す。

上高地には早めに到着して、上高地帝国ホテルにチェックイン。部屋は穂高がよく見えるベランダ付きの部屋が確保されている。少人数のプレミアムツアーだから実現できる贅沢なプランだ。格式あるクラシックホテルの一流のもてなしと料理で、思い出深い一夜となるだろう。

上高地帝国ホテルの客室(一例)

上高地帝国ホテルの館内

2日目はゆっくりとチェックアウトして、ベストシーズンの上高地をガイド付きで散策。山頂に雪を残す穂高連峰の絶景を楽しみながら、新緑の上高地を存分に堪能しよう。

上高地帝国ホテルで遅めの昼食をとったら、「ロイヤルロード・プレミアム」で下呂温泉へと向かう。今宵の宿は「今宵天空に遊ぶしょうげつ」。21室のみの贅沢な宿では、下呂温泉一の眺望と効能ゆたかな下呂の名湯、そして地の食材を活かした料理を楽しめる。

今宵天空に遊ぶしょうげつの客室(一例)

3日目は「ロイヤルロード・プレミアム」で岐阜へ。「花フェスタ記念公園」で広大な敷地に日本最大級7000種ものバラが咲き競う様を観賞して、名古屋駅へと向かう。

新緑の上高地と温泉を優雅にめぐるこのツアー。出発日は6月2日(土)。詳細はこちらをご覧あれ。

【コースその3】
京都・滋賀の旬食材をめぐる
美味巡礼3日間の旅

3つめに紹介するのは、日本各地の美味しいものを豪華バスで巡る人気の「ラグジュアリーバス美味巡礼」シリーズの第7弾、京都・滋賀の旬味を巡る3日間の旅である。

初日は京都駅から「ロイヤルロード・プレミアム」で長岡京へと行き、「錦水亭」で朝堀りたけのこのフルコースをいただく。その後バスで彦根へ向かい、料亭旅館「やす井」にチェックイン。明治2年創業の老舗で、こだわりの土鍋ご飯や湖国近江の旬味を楽しもう。

料亭旅館やす井

 

やす井こだわりの土鍋ご飯

2日目は、まず総持寺で80種約1000本の牡丹を観賞してから、「ロテル・デュ・ラク」にてBiwakoフレンチの昼食をいただく。その後は「ロイヤルロード・プレミアム」に乗って日本三景の天橋立へ。「文殊荘松露亭」にて丹後岩がきや高級魚ぐじを含む和の夕食を、丹後の地酒とともに堪能しよう。

文殊荘松露亭

ぐじ(イメージ)

丹後の地酒(イメージ)

3日目には午前中に天橋立を見物した後、「ロイヤルロード・プレミアム」で府中へと向かい、「和のオーベルジュ amano-hashidate 幽斎」にて京たんくろ和牛を含む新感覚の和食ランチをいただく。そして再びバスに乗って、京都駅を目指す。

京たんくろ和牛の料理(イメージ)

京野菜(イメージ)

京都・滋賀の季節の美味を巡るこのツアー。出発日は5月7日(月)。詳細はこちらをご覧あれ。

*  *  *

以上、「ロイヤルロード・プレミアム」を利用した3つのツアーをご紹介した。いずれもお一人様での参加可能、全ツアー添乗員が同行、少人数でゆとりのスケジュール、伝統ある老舗旅館・料亭での食事や宿泊、といったうれしい条件がととのっているから、安心して参加できる。

まもなく「ロイヤルロード・プレミアム」を利用した春~初夏にかけての新しいツアープランも発表される。気になるそのコースについては、ぜひこちらをご確認いただきたい。

■個人でも貸し切り利用できる!

さらに、この夢のような豪華バス「ロイヤルロード・プレミアム」は、タイミングと条件が合えば、なんと個人でも貸し切りで利用できる。

サライ世代であれば、たとえば趣味の同好会で“大人の遠足”(城めぐり、酒蔵めぐり、建築めぐり、俳句の吟行など)に使ったり、家族三世代での旅行(息子夫婦や孫といっしょに山奥の旅館まで快適に移動できる!)に使ったり、学校の同窓会で絶景の味処へ行くのに使ったり(単身参加でも気兼ねなし!)……と、利用シーンできそうなシーンは多彩だ。

料金は1日利用で約35万円~。ここぞという特別な日の移動の切り札として、知っておいて損はないだろう。利用には各種条件があるため、詳細についてはJTBロイヤルロード銀座のホームページを確認いただきたい。

以上、今回はJTBが誇る豪華バス「ロイヤルロード・プレミアム」のスペシャルな魅力をご紹介した。

全席独立シートの至福の10席。ゆったりと快適に旅を堪能できる「ロイヤルロード・プレミアム」は大人の旅にこそ相応しい。比類なきファーストクラスの乗り心地で、日本の四季を優雅に巡ってみてはいかがだろう。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP