新着記事

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|舌平目のポワレ プロヴァンス風

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの巨大交響曲【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)「スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ」シリーズ第3…

ウォッシュコットンハンチング|風合いの変化が楽しめる職人手作りの帽子

自然な素材感のコットン生地を使った、落ち着いた色合いのハンチングだ。帽子職人は、この道40年…

5.7キロの空中散歩!スリル満点の香港はいかが?

文・写真/りんみゆき(海外書き人クラブ/香港在住ライター)風水を日常生活の一部として取り入れ…

喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

取材・文/池田充枝漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(…

テニスボールで腰ほぐれる!5分でできる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第4回】

文/川口陽海こんにちは!腰痛トレーニング研究所の川口陽海です。腰…

今年はここに! 紅葉絶景ランキングベスト10

山々や木々が色づく、紅葉の季節がやってくる。そろそろ今年の紅葉狩りはどこへ行くか、計画を立て始める頃…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

ミミズクの「耳」は何の役にたっているのか?

ミミズクの羽角はリラックスしている時は立たない

文/柿川鮎子

ペットとして飼育する人が増えているフクロウ。「フクロウカフェ」など実物と触れ合うことができる場も増えました。フワフワの羽毛は柔らかく、まるで平らにした小麦粉を上から触るような感触です。

フクロウというとミミズクが思い浮かぶ人も多いでしょう。でも、フクロウという名前のフクロウはいるけれど、ミミズクという名前のフクロウはいないって、ご存じですか?

フクロウは日本の広い地域で生息し、主に平地から山地の林、農耕地、草原などで暮らしているフクロウ目フクロウ科フクロウ属の野鳥です。

一方のミミズクは、羽角(うかく)と呼ばれる耳毛を頭の両端にもっている鳥の総称です。ズクはフクロウを表す古い言葉のひとつで、平安時代から用いられています。ピンとたった角のような羽で、後ろから見ても明らかに飛び出ているのがわかります。つまり耳のついたズクだからミミズク、というわけです。

ミミズクのようにズクがつくと羽角がありそうな印象を受けますが、そういうわけでもありません。たとえばアオバズクには羽角がありません。逆にシマフクロウは、名前がフクロウですが、羽角をもちます。ややこしいですね。

羽角は人間のように耳の穴の外側につく耳朶のような役割は特になく、集音には役に立っていない様です。なぜこのような羽が頭に付いているのか、何の役割をしているのかについては、まだ研究途中でよくわかっていません。いまのところ、シルエットが葉に見えるように擬態しているのではないかという説が有力です。

実際の耳は顔の両端についていて、人間のように真横ではなく、右は上、左は下というように高低をつけた大きな穴になっています。特にフクロウ類は鳥類の中でも聴覚能力が優れており、地中にいるネズミが動く小さな音も聞き分けることができます。人が音として認識できないレベルの音を聞き分け、さらには音からその動物との位置を割り出し、狩りをすることができる優れた能力をもっています。

意外と知られていないミミズクの「耳」の秘密、いかがでしたか?

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界
  2. 頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界
  3. なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性
  4. 007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生
  5. 鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント
PAGE TOP