新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「詩は本当のことを嘘のように作るものだ」(萩原朔太郎)【漱石と明治人のことば242】

sousekiKotobaBanner2
今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「詩は本当のことを嘘のように作るものだ」
--萩原朔太郎

詩人の萩原朔太郎のことばである。作者の内的真実を、革新の技巧を駆使して、ひとつの虚構の物語のように構築する。それが詩という表現である。そんなふうに解釈していいだろう。

寺山修司の短歌の少なからぬものが、虚構の物語を本当らしく作り上げているのとは、対照的な世界なのかもしれない。

萩原朔太郎は、明治19年(1886)群馬県に生まれた。家業は医院であったが、朔太郎はこれを継がず、音楽と詩歌に没頭した。

音楽会に足を運んでベートーヴェンのピアノ曲「月光」やグノーの歌劇「ファウスト」に耳を傾ける一方で、「外国文芸に私淑し、洋画の心得があり、自ら新らしいと称して居る最も進歩的の青年の仲間でさえも音楽に対しては驚くべき程鈍感無智である」(『音楽の解らない国民』)と述べ、シュトラウスやドビュッシーの名前さえ知らない当時の日本人の「音楽知らず」を嘆いてみせた。

聴くだけではなく、音楽演奏の実践者でもあった。大正4年(1915)、朔太郎はマンドリンとギターの合奏を目的とする「ゴンドラ洋楽会」を組織し、本格的な音楽活動に取り組んだ。マンドリンは斯界の先駆者である比留間賢八らに習い、ギターは音楽学校で教わる。素人離れした腕前となり、翌大正5年(1916)1月には友人たちへこんな手紙をしたためることになる。

「八日に我々の洋楽会の第一回の演奏会があります。袖口からあの
金のカフスボタンを光らせてギターを弾くところを御想像下さい」

萩原朔太郎の研ぎ澄まされた音感は、その詩作品にも自ずと反映した。古い時計の音を「じぼ・あん・じやん」、犬の遠吠えを「のをあある、とをあある、やわあ」と綴るなど、独得の擬音を創出し、リズム感や押韻でも、抜群の冴えを見せた。傍ら、室生犀星、北原白秋、山村暮鳥らとの交流をも糧として、革新的な詩世界を構築し、日本の近代詩の頂点にまでのぼりつめるのである。

過ぐる日、群馬県前橋市の前橋文学館を訪れた折、そんな萩原朔太郎愛用のギターに対面することができた。明治末期に買い求めたといわれるもので、イタリア製の最高級品。通称「つばめ印」。その名の通り、胴体部分につばめを模した洒落た貝殻細工が施されている。ネック部分にさほどすり減った形跡がないのは、おそらく練習用に使い込んだものでなく、晴れの舞台で使用したものではなかったか。

晩年の朔太郎は古賀メロディを好んだと伝えられるが、それを奏でるにはエキゾチックに過ぎる外観。若き日の詩人のダンディズムが匂い立つようであった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP