新着記事

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

樂家歴代の名茶碗を一挙公開!「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」展

初代長次郎「赤樂茶碗 銘太郎坊」〔重要文化財 桃山時代(16世紀)裏千家今日庵蔵〕

初代長次郎「赤樂茶碗 銘太郎坊」〔重要文化財 桃山時代(16世紀)裏千家今日庵蔵〕

利休が求めた理想の茶碗、樂焼の歴代の名品が一堂にそろう展覧会が、京都国立近代美術館で開催されています。(2017年2月12日まで)

樂焼は、樂家初代長次郎が千利休の求めに応じて焼いた茶碗がはじまりです。以来、轆轤(ろくろ)や型を使用せず一点一点手捏(づく)ねによって制作される樂焼は、一子相伝という形態で現在の十五代樂吉左衞門まで続いています。

長い伝統を有するとはいえ、各々の当代がその時代の「今-現代」を試行錯誤し創作が続けられています。

本展では、樂家歴代の作品が一堂に会し、樂茶碗の歴史を辿りその魅力を探ります。

三代道入「黒樂茶碗 銘青山」〔重要文化財 江戸時代(17世紀)樂美術館蔵〕

三代道入「黒樂茶碗 銘青山」〔重要文化財 江戸時代(17世紀)樂美術館蔵〕

本展の見どころを、京都国立近代美術館・学芸課長の松原龍一さんにうかがいました。

「昨年アメリカ、ロシアで開催され約19万人を動員した展覧会が、さらに充実度を増し凱旋します。

樂焼を興した長次郎から450年。伝統の中に常に新しさを併せ持つ一子相伝の現代性を考察し、焼き継がれてきた歴史の重みと共に、樂焼の美的精神世界をかつてない規模で展覧いただけます。

千利休が愛した初代長次郎の黒樂茶碗『大黒』をはじめ、歴代の重要文化財のほとんどを一挙公開。また、本阿弥光悦の重要文化財など、約140点の名碗や屏風がそろいます」

現十五代が「これほどの展覧会は二度とできない」と語った大規模展です。ぜひ足をお運びください。

展覧会公式サイト

【茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術】
■会期/2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)会期中一部展示替えあり
■会場/京都国立近代美術館
■住所/京都市左京区岡崎円勝寺町(岡崎公園内)
■電話番号/075・761・4111(代表)
■料金/一般1400(1200)円 大学生1000(800)円 高校生500(300)円 ( )内は20名以上の団体料金 ※中学生以下無料、心身障がい者の方と付添者1名は無料(要証明)
■開館時間/9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
■休館日/月曜日(ただし1月9日は開館)、年末年始(12月28日~1月2日)、1月10日(火)
■アクセス/JR・近鉄京都駅前のA1乗場より市バス5番銀閣寺・岩倉行き、D1乗場より市バス100番(急行)清水寺・銀閣寺行きで「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

取材・文/池田充枝
1989年「サライ」の創刊時より歴史資料の調査や展覧会情報を中心にフリーランスで「サライ」の取材・執筆に携る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP