はじめに-藤原忯子とはどのような人物だったのか

藤原忯子(ふじわらのよしこ/しし)は、平安時代の中期に生きた女性で、花山天皇の女御(天皇の寝所に侍した高位の女官のこと)でした。花山天皇の子を宿しますが、懐妊中に没してしまいます……。

藤原忯子とはどのような人物だったのか、史実をベースに辿ってみましょう。

2024年NHK大河ドラマ『光る君へ』では、花山天皇の寵愛を受けるものの早逝をし、天皇出家のきっかけを作る人物(演:井上咲楽)として描かれます。

藤原忯子
藤原忯子

目次
はじめに-藤原忯子とはどんな人物だったのか?
藤原忯子が生きた時代
藤原忯子の足跡と主な出来事
まとめ

藤原忯子が生きた時代

藤原忯子は、安和2年(969)に生まれた平安時代中期の女性です。忯子が生まれた時代は、天皇家と密接な関係にあった藤原氏が摂政・関白の座を独占し、他の貴族はもとより、天皇をしのぐ権力を握っていました。

藤原氏が権力闘争を繰り広げる中、藤原忯子は花山天皇の女御となり、若くして亡くなってしまいます。そして、その死は、権力闘争に利用されることになるのです……。

藤原忯子の足跡と主な出来事

藤原忯子は、安和2年(969)に生まれ、寛和元年(985)に没しています。その生涯を主な出来事とともに紐解いていきましょう。

花山天皇の女御となり、“弘徽殿の女御”と呼ばれる

忯子は、安和2年(969)に父・藤原為光、母・藤原敦敏の娘の子として誕生しました。永観2年(984)に入内し、弘徽殿(こきでん/こうきでん)の女御と呼ばれるようになります。

弘徽殿とは、平安宮内裏 (だいり) の殿舎の名の一つのこと。天皇の日常の御在所である清涼殿 (せいりょうでん) に、もっとも近い場所にありました。

ちなみに、『源氏物語』にも「弘徽殿の女御」が出てきますが、忯子がモデルであったわけではないようです。

『京都御所清涼殿 壬申検査関係写真』より
出典:国立文化財機構所蔵品統合検索システム
https://colbase.nich.go.jp/collection_items/tnm/R-1372?locale=ja

懐妊するも若くして没する

忯子は、花山天皇の寵姫となり懐妊します。しかし、寛和元年(985)7月18日、身籠ったまま若干17歳の若さで亡くなってしまいました。

花山天皇は忯子の死を嘆き、出家…。次ページに続きます

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店