家康最愛の息子信康を演じた細田佳央太さん。(C)NHK

編集者A(以下A):戦国時代とは、親子兄弟であっても時に相克し、家中を二分して覇を競うことも珍しくありませんでした。武田信玄は、父信虎を駿河に追放し、嫡男義信には切腹を強いました。織田信長も尾張を統一する過程で弟信勝(信行)を殺害します。そして『どうする家康』の主人公徳川家康もまた嫡男信康を失います。

ライターI(以下I):歴史に「if」を妄想するのは禁物なのですが、もし信康が命を落とすことがなかったら、どうなっていただろうかと想像してしまいます。

A:秀忠と比較してどうかということですよね。なかなか興味深いです。さて、『どうする家康』で信康を演じた細田佳央太さんからコメントが寄せられました。徳川家のためを思って自害を選択した信康の思いを語ってくれました。

作品で自分の役が死ぬのは初めてで、「死」に対する考え方をすごく重く受け止めてしまい、信康の死を僕自身が受け入れられるまでに本当に時間がかかりました。戦国時代では、責任をとるために自害するというのは常識の範囲であったし、当たり前だった訳ですが、その時代をぼくは経験していないので、死ぬことに対する苦しさはすごく感じました。できれば、信康に最後まで生き抜いて欲しかったです、そのくらい素敵な子だと思っていたので。

A:劇中の信康は、少年の頃には虫も殺せないという設定でした。ところが成長して武将として活躍するようになると、通りすがりの僧侶をさしたる理由もなく誅殺してしまうという悪逆非道な人物になってしまったように描かれました。

I:当欄では、武烈天皇や豊臣秀次らの事例を出して、それは後の脚色ではないのかと指摘しました。つまり松平信康も歴史の中で不当な評価を得ているといっていいかと思います。

A:父家康(演・松本潤)、母瀬名(演・有村架純)から学んだことについても、細田さんは語ってくれました。

間違いなくお世話になったし、ありがとうございますの言葉では伝えきれないほどの感謝の気持ちがあります。おふたりからそれぞれ違うことを学べたのが個人的にはすごく大きかったです。父上(家康/松本潤)は、現場での立ち居振る舞いが勉強になったというのはまず第一ですけれど、やはり視野がすごく広い方ですし、じっくり見て導いて下さる姿勢に一番感動しました。さんざん甘えてきたので、本当に感謝しかないです。母上(瀬名/有村架純)は、僕自身がネガティブ思考なので、精神的な面ですごく助けてもらいました。おふたりだからこそ、僕はバランスよく、伸び伸びできたんだなと改めて思います。

I:役柄としても、俳優としても、素敵な、尊敬できる「両親」に恵まれたというわけですね。細田さんは、信康との別れが惜しいようですが、こんな言葉も残してくれました。

大河を通して、信康という人がいたんだと気づいて下さることが、きっと信康の救いにもなると思いますし、瀬名さんや信康についても、「こういう描き方もあるんだ」と受け入れてもらえたら本当にうれしいです。(信康の最期まで)ご覧くださり、ありがとうございました。

A:不当な評価をされてきた信康ですが、今回の『どうする家康』での描かれ方で、改めてその存在が見直されるといいですね。

●編集者A:月刊『サライ』元編集者(現・書籍編集)。歴史作家・安部龍太郎氏の『日本はこうしてつくられた3 徳川家康 戦国争乱と王道政治』などを担当。『信長全史』を編集した際に、採算を無視して信長、秀吉、家康を中心に戦国関連の史跡をまとめて取材した。

●ライターI:三河生まれの文科系ライター。月刊『サライ』等で執筆。『サライ』2023年2月号 徳川家康特集の取材・執筆も担当。好きな戦国史跡は「一乗谷朝倉氏遺跡」。猫が好き。

構成/『サライ』歴史班 一乗谷かおり

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店