『ざんねんないきもの事典』『訳あって絶滅しました。』のベストセラーで知られる動物学者・今泉忠明さんの新刊は、まぎらわしい動物だけを収録したユニークな動物図鑑。全編クイズ仕立てなので大人でも楽しめます。皆さんもぜひ挑戦してみてください。

今、日本の里山はこんなことに!?

この地球上には見た目や外見はよく似ているのに、実はまったく別種という動物たちがいます。そんなまぎらわしい動物だけを約70種とりあげた動物学入門、『世界一まぎらわしい動物図鑑』から、大人も楽しめる動物写真クイズを出題します。今回は「まぎらわしい度2」応用問題編です。

【Q1】まぎらわしい度2 日本の里山に異変あり!?
写真に写っている動物(1)、(2)、(3)、それぞれの名称を答えなさい

ヒント:目の周りが黒いのは原始的なイヌの仲間に共通する特徴です。このうち、2頭は日本固有種です。

(1)□□キ

(2)□□□グマ

(3)□□□□□グマ

【ヒント1】眼のまわりが黒いのは原始的なイヌの仲間の特徴。
【ヒント2】ふたつは在来種。ひとつは外来種です。
【ヒント3】奥にいるのはハクビシンではありません。

【正解】

(1)タヌキ(日本には、写真のホンドタヌキとエゾタヌキの2亜種がいる)
(2) アライグマ(外来種・野生ではカナダ南部から中米に棲息)
(3) ニホンアナグマ(日本固有種・クマといってもイタチの仲間)

「ここが違う!」と「何でこうなった?」

タヌキは日本古来の動物ですが、アライグマはペットが野生化した外来種で、本来は北アメリカの動物です。ニホンアナグマは日本列島にしかいない日本固有種。昔話に出てくる「むじな」はアナグマのことだと言われています。

3種とも分類上、科が違います。タヌキはイヌ科、アライグマはアライグマ科、アナグマはイタチ科です。どれも目のまわりが黒いのは、原始的なネコ目に多い特徴で、目が大きく見みえて、仲間同士の見分けに役立ったり、赤ちゃんがお母さんを見つけやすかったりするのだと考えられています。

タヌキとアライグマの分かりやすい違いは尾の柄です。タヌキはほとんど無地で、先っぽだけ黒いのですが、アライグマはシマシマです。全体的にはタヌキは黒っぽく、アライグマは白っぽい感じです。タヌキはひげも、耳をふちどる毛も黒。足の毛も黒ですね。アライグマはひげも、耳の毛も白っぽく、前足が白い個体も多いです。黒っぽかったらタヌキ、白っぽかったらアライグマと覚えておきましょう。

アナグマは名前の通り、地面に巣穴をほって暮らしています。その穴にタヌキが住みつくこともあり、昔からタヌキと間違われていました。昔の人もまぎらわしかったに違いありません。

動物たちの生命戦略、「まぎらわしい」には訳がある

クイズはいかがでしたか? なぜ、このように、そっくりな外見や習性を持つ動物がたくさんいるのでしょうか。
そこには動物たちの戦略があります。

動物たちにとって、自分の体こそが生き残るための道具です。どんな所に棲んで、何を食べているのかで、体の形は決まってきます。樹上ではバランスをとるのに長い尾が役に立ち、水中では流線形の体が便利です。肉食なら鋭い牙が役に立ち、草食なら茎をくいちぎる前歯を必要とします。

こうして長い時間をかけて、自然環境に適応して生き残ったものたちは、もともとが別の種であったとしても、なぜかよく似た形(キャラクター)と、習性(ビヘイビア)を持つようになるのです。こうした現象を、動物学の世界では「収斂進化(しゅうれんしんか)」と呼びます。この収斂進化に着目すると、進化の不思議をわかりやすく理解することができます。皆さんも「まぎらわしい動物」を知り、進化の不思議を感じてみませんか?

※写真は全て合成です

* * *

『世界一まぎらわしい動物図鑑』 監修/今泉忠明 
小学館 1320円(税込)

『ざんねんないきもの事典』『わけあって絶滅しました。』でお馴染みの今泉忠明先生の、児童向け動物学入門最新刊です。見た目や習性はそっくりでも、実はぜんぜん別種の動物=「まぎらわしい動物」にスポットを当て、進化の不思議を解き明かしていきます。親子で動物クイズを楽しんだり、動物園のおともにもおすすめです。

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品