■豊臣秀吉のバテレン追放令により領地を失い旧友・小西行長を頼る

豊臣秀吉に従い功績をあげるものの、状況が一変する出来事が起こります。天正15年(1587)、豊臣秀吉は「伴天連(バテレン)追放令」を出し、キリスト教の弾圧へと方針を変えるのです。豊臣秀吉にキリスト教の信仰をやめるよう強く迫られるものの、高山右近は改宗を拒否。そのため、高山右近は大名の地位も領地も失ってしまいます。

同じくキリシタン大名であった小西行長を頼り、小豆島でかくまわれます。その後も、肥後(現在の熊本県)に移るなど、苦しい時代を過ごします。

高山右近が領地を失った当時、小豆島は小西行長が治めていた

高山右近が領地を失った当時、小豆島は小西行長が治めていた

■加賀前田家の客将として約25年間を過ごす

転々とする生活の後、かねてから親交のある前田利家によって、客将として金沢へ招かれます。天生18年(1590)の小田原攻めには、前田利家の家来として参戦しています。

前田利家が亡くなった後には、長男である加賀藩初代藩主・前田利長に仕えます。慶長14年(1609)、新たに築城することになった高岡城の縄張り(設計)を高山右近が担当したとされており、現在も高岡古城公園には高山右近の像が立っています。

前田利長は、 中国最古の詩集とされる『詩経』の一節から「高岡」と名付けました。しかしわずか5年後に前田利長は死去。元和元年(1615)の一国一城令により高岡城は廃城となり、未完の建物は破却されてしまいました。

高岡古城公園の本丸広場に立つ「前田利長公」像

高岡古城公園の本丸広場に立つ「前田利長公」像

高岡城の建物は現存しないが、高山右近が担当したとされる縄張りは残っている

高岡城の建物は現存しないが、高山右近が担当したとされる縄張りは残っている

■徳川幕府の禁教令により国外追放されマニラへ

高岡城の築城が進められている頃、またしても高山右近に苦難が訪れます。慶長18年(1613)、徳川幕府によるキリスト教の禁教令が出され、高山右近は国外追放となります。長年過ごした金沢に別れを告げ長崎へ、さらに長崎からフィリピンのマニラへと旅立ちました。慶長20年(1615)、マニラに到着は果たすものの、間もなく病によって最期を迎えました。

高山右近を通じて、大阪府高槻市とマニラ市は昭和54年(1979)に姉妹都市となり、マニラ市内のディラオ広場には高山右近像が建てられています。迫害を受けながらも生涯信仰を貫き通した高山右近。2017年には、ローマ教皇庁から殉教者として福者の列に加えられました。

高槻城の高山右近像。高岡古城公園やディラオ広場(マニラ市)にもある

高槻城の高山右近像。高岡古城公園やディラオ広場(マニラ市)にもある

キリスト教の信仰を守り通すため、領地や大名の地位を失った高山右近。小西行長や前田利家など旧友に助けられながら、各地で実績を残し続けました。そして、約28年間を経てもキリスト教への信仰は変わらず、海のはるか向こうで客死したのです。

※歴史的事実は、各自治体が発信している情報(公式ホームページ等)を参照しています。

写真・文/藪内成基
奈良県出身。国内・海外で年間100以上の城を訪ね、「城と旅」をテーマに執筆・撮影。主に「城びと」(東北新社)へ記事を寄稿。異業種とコラボし、城を楽しむ体験プログラムを実施している。

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品