新着記事

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

【働く女性500人のトレーニング事情】運動を怠ってしまう冬の方が夏よりも痩せやすかった!

体を鍛える女性が増えているようです。女性向けのプロテインドリンク「ザバス MILK PROTEIN STYLE BODY」(https://www.meiji.co.jp/sports/savas/)を販売する株式会社 明治が、働く女性500名を対象に「トレーニングに関する調査」をしました。また、働く男性100名に対しても、女性の印象に関わる調査もしています。忙しい女性たちのトレーニング事情を見ていきましょう。

■「健康のため」「美容のため」働く女性の約36.6%がトレーニングをしている!

※株式会社 明治調べ

毎日デスクワークが中心で、日々の生活だけでは、運動不足に陥っている女性も多いかと思います。働いている女性に対して、定期的にトレーニングをしているか質問しました。その結果、36.6%の人が「している」と回答。さらにトレーニングしている人を対象に、頻度についても質問したところ、最も多かったのは「週1日(24.6%)」続いて、「毎日(17.5%)」という結果になりました。また、定期的にトレーニングしている理由を聞いたところ、「健康のため(73.8%)」「美容のため(59.6%)」の2項目が半数を超えました。

※株式会社 明治調べ

さらに、美容のためのトレーニング、いわゆる“美トレ”をしていると回答した人に、その理由や目標を聞いたところ、「異性にモテたいので(東京都・28歳)」「ナイスバディーになって水着を着たい(大阪府・43歳)」「老いの速度を緩めるため。ヨガをすると大量に汗をかき、デトックスになるので肌の調子がよくなり、美容につながるから(埼玉県・42歳)」などが挙がりました。
どのようなトレーニングをしているのか回答してもらいました。結果は、道具がなくても始めやすい「ウォーキング(55.7%)」が最も多く、続いて、鍛えたい箇所をトレーニングしやすい「筋トレ(45.4%)」が人気という結果になりました。女性から人気があるイメージの「ヨガ」も3割を超えています。

※株式会社 明治調べ

■スポーツジムに入会している人の割合は13.2%

4割弱の働く女性が定期的にトレーニングしているということが明らかになりました。それではスポーツジムにはどれくらいの方が入会しているのでしょうか。結果は、「している」と回答した人は全体の13.2%に留まりました。定期的にトレーニングをしている人の割合を大きく下回り、スポーツジムには入会せずにトレーニングしている人が比較的多いということが分かりました。また、スポーツジムに入会している人のうち、9.1%の人は定期的にトレーニングをしていないという事実も明らかになりました。入会だけして、ジムに行っていないという人が一定数いるようです。

※株式会社 明治調べ

■鍛えたい部位の1位は「お腹」、2位は「太もも」

鍛えたい部位はどこなのかを聞いたところ、8割近くの人が「お腹」と回答しました。続いて、「太もも(46.6%)」「お尻(45.2%)」に回答が集まりました。太ってしまうと顕著に服のサイズに影響が出てしまう箇所を鍛えたいと考えている人が多い印象です。
さらに、男性100名に対して、女性にどの部位を鍛えていてほしいかを聞きました。結果は女性が鍛えたい部位と同様「お腹」が最も多いという結果になりました。しかし、女性を対象に質問した際には、「太もも」が2番目に多かったのに対し、男性の回答で2番目が「お尻」、3番目が「二の腕」と、男女間で若干の差が出る調査となりました。

※株式会社 明治調べ

■運動を怠る月は、「1月」「12月」「2月」

運動を怠ってしまう月について回答してもらいました。ばらつきはあったものの、圧倒的な差を付けたのは、「1月(31.4%)」。次に「12月(15.8%)」、「2月(11.4%)」と、寒くて外に出るのが億劫な月が目立つ結果となりました。運動を怠ってしまう理由としては、「正月は動きたくないからゴロゴロして太る(広島県・41歳)」「年末年始は忘年会・新年会が続くうえに、寒くてだらける(東京都・28歳)」「寒くて、外出したくないから(東京都・33歳)」「お正月は通っているジムが休みなので(兵庫県・37歳)」などが挙がりました。

※株式会社 明治調べ

■実は「夏」よりも冬のほうが痩せやすい!

暑くて汗をかくイメージがある夏に基礎代謝が上がると思いがちですが、実際は体温を維持するためにエネルギーを使う冬の方が基礎代謝が上がると言われています。そのため、冬の方がトレーニングをするには適しています。
冬の方が基礎代謝が上がることの認知度を調べるため、夏と冬ではどちらが基礎代謝が上がると思うかを回答してもらいました。結果は、「夏」と回答した人が多く、事実とは異なる認識をしている人が多いということが分かりました。

※株式会社 明治調べ

***

いかがでしたか? 多くの女性たちが、健康のため、美容のために体を鍛えていることがわかりました。冬の方がトレーニングに適していることも意外でしたね。まだまだ寒い時期は続きますが、今こそトレーニングをすればいい結果が出るのかもしれません。

■調査概要
・調査テーマ:働く女性のトレーニングに関する調査
・調査方法:WEBアンケート調査
・調査対象者:
全国の働く20代~40代女性 500名
全国の働く20代~40代男性 100名
・調査実施日:2019年11月16日~18日
・調査主体:株式会社 明治

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 運動 「メタボ」「疲れやすい」は、筋肉の衰えのシグナル
  2. 無理なく運動習慣が!|『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』 無理なく運動習慣が身につく!|『医師に「運動しなさい」と言われた…
PAGE TOP