新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

古今亭志ん輔さん/落語家(61歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【第15回】

「ひとりの人との出会いが、私の人生を決めた」

高校2年生の時に古今亭志ん朝の高座に出会い、落語家になると決断。以来、後悔のない噺はなし家か 人生40余年。師匠の享年に近づき、陽気で華やかな芸により磨きがかかる。

 

_88A1996←ここんてい・しんすけ 昭和28年、東京都生まれ。中央大学附属高校在学中に古今亭志ん朝の落語を聴き、同47年に入門。二ツ目の時にNHKテレビ『おかあさんといっしょ』にレギュラー出演。真打昇進後もクラシック音楽の司会など、落語界以外でも活躍。

 

“センタクの時”は突然、訪れた。高校2年生のある日の放課後、古今亭志ん朝の『火焰太鼓』を初めて聴いた。落語通でも志ん朝ファンでもない。なのに引き込まれ、“この人の弟子になる”。あっという間のセンタクだった。
弟子入り志願のために日参すること1か月余り。入門を許されたのは昭和47年3月1日、高校卒業の春だった。前座見習いから前座を経て、二ツ目昇進。真打になり、「古今亭志ん輔」襲名は同60年9月。この間、迷いもなければ、後悔をしたこともない。
以降は陽気で華やかな芸風で高座を勤める他、『志ん輔の会』などの自主興行も開催。だが、“三大食わず嫌い”があった。歌舞伎、シェイクスピア、クラシックである。ところが、当時の中村勘九郎(故・十八代中村勘三郎)の歌舞伎を観て、食わず嫌いを返上。平成11年からはシェイクスピア落語を創作し、NHK-FM『名曲リサイタル』の司会も務めた。
順風と思われた矢先、転機が訪れる。師匠の志ん朝が63歳という若さで急逝したのだ。
「悲しみとは裏腹に、一瞬ですけど解放感があった。師匠への敬愛の深さの分だけ呪縛も大きい。その不遜な思いへの償いは、死んだ気になって稽古すること。それが追善と、“師匠ならどうする”と、会話し続ける10年でした」
より落語の世界に触れたいと義太夫、清元、新内などの稽古事に挑戦したのもこの頃からだ。
志ん朝の十三回忌は、一昨年。「この頃から、師匠に“もう追善はいいんじゃないの”といわれている気がします。やっと最近、落語の中に自分の柄を出してもいいのかなと思えるようになりました」
後進の育成にも力を注ぐ。昨年、東京・神田に開館した『神田連雀亭』は二ツ目専門の寄席。志ん輔師匠が奔走した結果だ。本人は「お膳立てはした、逃げるなよ」と突き放すが、その心根は優しい。

_88A0993.Q←『神田連雀亭』は席数38の二ツ目専門の寄席だが、特別企画でその高座に上がる、仕掛け人の志ん輔師匠。東京都千代田区神田須田町1-17 加藤ビル2階 ☎︎070・6565・8563

Unknown-3.Q←昭和60年9月、真打に昇進し、「古今亭志ん輔」を襲名。その披露で志ん朝師匠(写真左)と一緒に。入門から13年の年月が経っていた。

 

 

 

 

 

●師匠・古今亭志ん朝亡き後の覚悟やシェイクスピア落語のきっかけ、『神田連雀亭』の開演時刻・木戸銭などは「ワタシの、センタク。」のウェブサイトで公開中です。 

ワタシの、センタク。
http://towa-sentaku.jp/anohito/sarai/

提供/東和薬品

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  2. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
  3. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
  4. 【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が…
  5. 【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を…
PAGE TOP