新着記事

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

古今亭志ん輔さん/落語家(61歳)達人たちの「ワタシの、センタク。」【第15回】

「ひとりの人との出会いが、私の人生を決めた」

高校2年生の時に古今亭志ん朝の高座に出会い、落語家になると決断。以来、後悔のない噺はなし家か 人生40余年。師匠の享年に近づき、陽気で華やかな芸により磨きがかかる。

 

_88A1996←ここんてい・しんすけ 昭和28年、東京都生まれ。中央大学附属高校在学中に古今亭志ん朝の落語を聴き、同47年に入門。二ツ目の時にNHKテレビ『おかあさんといっしょ』にレギュラー出演。真打昇進後もクラシック音楽の司会など、落語界以外でも活躍。

 

“センタクの時”は突然、訪れた。高校2年生のある日の放課後、古今亭志ん朝の『火焰太鼓』を初めて聴いた。落語通でも志ん朝ファンでもない。なのに引き込まれ、“この人の弟子になる”。あっという間のセンタクだった。
弟子入り志願のために日参すること1か月余り。入門を許されたのは昭和47年3月1日、高校卒業の春だった。前座見習いから前座を経て、二ツ目昇進。真打になり、「古今亭志ん輔」襲名は同60年9月。この間、迷いもなければ、後悔をしたこともない。
以降は陽気で華やかな芸風で高座を勤める他、『志ん輔の会』などの自主興行も開催。だが、“三大食わず嫌い”があった。歌舞伎、シェイクスピア、クラシックである。ところが、当時の中村勘九郎(故・十八代中村勘三郎)の歌舞伎を観て、食わず嫌いを返上。平成11年からはシェイクスピア落語を創作し、NHK-FM『名曲リサイタル』の司会も務めた。
順風と思われた矢先、転機が訪れる。師匠の志ん朝が63歳という若さで急逝したのだ。
「悲しみとは裏腹に、一瞬ですけど解放感があった。師匠への敬愛の深さの分だけ呪縛も大きい。その不遜な思いへの償いは、死んだ気になって稽古すること。それが追善と、“師匠ならどうする”と、会話し続ける10年でした」
より落語の世界に触れたいと義太夫、清元、新内などの稽古事に挑戦したのもこの頃からだ。
志ん朝の十三回忌は、一昨年。「この頃から、師匠に“もう追善はいいんじゃないの”といわれている気がします。やっと最近、落語の中に自分の柄を出してもいいのかなと思えるようになりました」
後進の育成にも力を注ぐ。昨年、東京・神田に開館した『神田連雀亭』は二ツ目専門の寄席。志ん輔師匠が奔走した結果だ。本人は「お膳立てはした、逃げるなよ」と突き放すが、その心根は優しい。

_88A0993.Q←『神田連雀亭』は席数38の二ツ目専門の寄席だが、特別企画でその高座に上がる、仕掛け人の志ん輔師匠。東京都千代田区神田須田町1-17 加藤ビル2階 ☎︎070・6565・8563

Unknown-3.Q←昭和60年9月、真打に昇進し、「古今亭志ん輔」を襲名。その披露で志ん朝師匠(写真左)と一緒に。入門から13年の年月が経っていた。

 

 

 

 

 

●師匠・古今亭志ん朝亡き後の覚悟やシェイクスピア落語のきっかけ、『神田連雀亭』の開演時刻・木戸銭などは「ワタシの、センタク。」のウェブサイトで公開中です。 

ワタシの、センタク。
http://towa-sentaku.jp/anohito/sarai/

提供/東和薬品

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
  2. 【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が…
  3. 【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を…
  4. 前座しか演らない噺を、談志が演るとどうなるか? 前座しか演らない噺『道灌』を名人・立川談志が演ったらどうなるか?…
  5. 自宅仕事場にて、完成間近の系図を前に、寄席文字書家の橘左近師匠(84歳)。系譜でわからないことがあれば、落語家にじかに手紙で尋ねた。圓生、金馬、正蔵(彦六)、馬生ら、昭和の名人からの直筆の返信は、師の生涯の宝物でもある。 全巻予約で名人特製「落語家師弟系図」差し上げます!『落語 昭和の…
PAGE TOP