新着記事

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

冬場の入浴は危険がいっぱい!恐ろしい「 ヒートショック」を防ぐ安全入浴の心得5つ

Fotolia_96662518_Subscription_Monthly_M

「ヒートショック」をご存じだろうか? 家の中での急激な温度差が身体に悪影響を及ぼすことである。とくに外気温が低くなる冬場の、入浴中に襲われるケースが多い。最悪の場合、死に至ることもあるという、恐ろしい現象だ。

全国の20〜70代の男女合計900人を対象に、リンナイが行った“入浴習慣”と“入浴時のヒートショック”に関する意識調査の結果から、以下の6点が明らかになった。

(1)ヒートショック危険度数の高い“ヒートショック予備軍”は約5割にものぼること。
(2)予備軍が多いなか、対策ができている人は約3割程度であり、さらにメタボ、糖尿病、高血圧などリスクの高い人ほど対策ができていないこと。
(3)ヒートショック認知率は7割あるものの、4割がその詳細を理解していないこと。
(4)危険な「飲酒後の入浴」経験者は約6割と多数いること。
(5)42°以上の危険な入浴を行っている人が4割もいること。さらに70代が最も多いこと。
(6)約7割と多数の人が「冬場の浴室は“寒い”」と感じていること。意外にも九州が一番寒く感じていて、北海道が寒く感じていないという結果に。

こうした調査結果を踏まえたうえでぜひ知っておきたいのは、安全なお風呂の入り方だ。以下に、お風呂を医学的に研究する第一人者として知られる医師、早坂信哉氏による「快適安全入浴の五箇条」を紹介しておこう。

■1:脱衣室・浴室は事前に20℃以上に温めておくべし

過去の研究結果により、リビングと脱衣室の温度差は「5℃未満」にしておくのが安全とわかっているのだそう。仮にリビングが25℃であるなら、脱衣室の温度は20℃より高くしておくことが重要なのだ。

■2:お湯の温度は40℃以下にすべし

また、寒い脱衣室と熱い湯の温度差もヒートショックに大きく関係してくるのだという。脱衣室・浴室をあらかじめ20℃以上に温めておくだけでなく、湯の温度は40℃以下にしておくことも忘れずに。

■3:手足の先から順にかけ湯をすべし

かけ湯をして入ることは、マナーの面だけではなく、ヒートショックを避けるという意味においても大切なルーティンなのだそうだ。また、いきなり頭や肩からお湯をかけることはヒートショックの原因となるので避けたい。お湯に少しずつ体を慣らし、血圧の急上昇を防ぐためには、手足の末端から体の中心まで、順にかけ湯をしよう。

■4:飲酒後すぐのお風呂は避けるべし

飲酒後の入浴は、血圧を異常に低下させる可能性があるという。また、転んで思わぬけがをするなどの危険があることにも用心しておきたい。飲酒後入浴の危険性は全国どこでも同じなので、飲酒後の入浴は十分に酔いが覚めてからにするべきだ。

■5:お風呂の前後にコップ1~2杯の水を飲むべし

入浴すると、300〜500mlの汗をかくために、血液の粘度が高まって「ドロドロ血」になるそうである。血圧の急上昇によって血管が詰まったり破れたりしやすくなり危険なので、入浴後には水分補給をしよう。また、あまり知られていないものの、入浴前にも水分補給をするが大事なのだそうだ。ただしガブ飲みすると血圧が上がることもあるので、「入浴前後に各々コップ1程度の水を飲むこと」が理想とのこと。

いかがだろうか? ヒートショックについては、つい「自分とは関係のないこと」だと思ってしまいがち。しかし実際には、リスクは誰にでもあるものだ。冬場の入浴時には、上記の五箇条を守って、ヒートショックから身を守ろう。

【参考リンク】
※ 「⼊浴習慣」と「⼊浴時のヒートショック」に関する意識調査(PDF) – リンナイ

文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【お疲れの方に朗報】毎日湯船に浸かればよく眠れる!? ~“自分を整える”暮らし方~ 毎日湯船に浸かる人はよく眠れる!?|“自分を整える”暮らし方
  2. 温泉療法専門医が太鼓判|もっとも優れた健康法は「入浴」 温泉でなくても家庭風呂でOK!|健康効果が得られる「最高の入浴法…
  3. お風呂の危険 入浴時の事故を防ぐ方法|冬のお風呂はヒートショックに注意
  4. 最近、夫婦でお風呂に入っていますか? 「夫婦入浴」の実態を大調査! 50代でも5人に1人が一緒に入浴している!「夫婦入浴」の実態を大…
  5. 1日に何度も入浴するのはNG!温泉療法専門医が解説する「温泉の正…
PAGE TOP