サライ.jp

【ひと皿の歳時記~第100回】

富山『海老亭別館』の新米の御飯

海老亭1
新米のコシヒカリを羽釜で炊いた、つやつやの御飯。

江戸時代、御飯は朝一度のみ炊き上げました。薪がもったいないというエコロジー的な考えと、夜は火事が起こらないように、長屋では火を使うことが禁じられていたからです。

それゆえ、朝の炊きたての白いピカピカの飯はとてもありがたく、とびきりの美味しさでした。ですから、そんな朝一番に炊いた飯には尊称を込めて「御」の字を添え「御飯」(ごはん)と呼んだのです。

というわけで、冷めてしまったものは「めし」と言って区別しました。つまり、江戸時代は「朝ご飯」以外、「昼めし」「晩めし」、炊き込みご飯も「めし」で、たけのこめし、鯛めしといった具合です。

今、まさに新米の季節到来ですね。富山市の懐石料理店『海老亭別館』では、この時期、富山県産のコシヒカリで「御飯」を炊き上げ、新米の美味しさを存分に楽しませてくれます。

海老亭2
コース料理の最後に供される「御飯」。

海老亭3
「おこげ」も楽しめます。

 

 

店舗情報

店名 海老亭別館
住所 富山県富山市桜木町9-21
TEL 076-432-3181
営業時間 17:30~21:00(L.O.)
定休日 日曜・月曜・祝日(月曜が祝日の場合、前日の日曜営業)・年末年始
URL http://www.ikiikitei.com

 

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア