新着記事

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

◎No.28:坂口安吾のストップウォッチ文/矢島裕紀彦「一生涯(略)走りつづ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ピアニスト舘野泉さんが同乗!「ななつ星 in 九州 」で行くプレミアムな音楽旅

文/編集部

予約殺到で大人気の豪華観光列車、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」に、“左手のピアニスト”としても知られる、日本が誇る世界的ピアニスト、舘野泉さん(81歳)の特別コンサート付きで、しかも舘野さんも「ななつ星」に同乗するという、プレミアムな旅が登場する。

初日は城下町福岡「柳川」の北原白秋生家記念館を訪れ、日本を代表する童謡のなつかしい調べに触れる。2日目は世界で活躍されている舘野さんによる、このツアー参加者だけに向けた特別コンサート(ホテルオークラ福岡)にて、叙情的で美しいピアノの音色に包まれる豊かなひと時を楽しめる。

3日目・4日目は「ななつ星in 九州」に乗車し、舘野さんも共に1泊2日コース(博多~有田~長崎~湯布院~博多)を過ごすという、音楽愛好家には垂涎の贅沢な旅だ。

舘野泉さん(撮影:満田聡)

「演奏家の日常は旅から旅。もう60年もそんな生活を続け、隅から隅まで世界中を歩きました。でも、そんな中でも九州は特に好きで、港町長崎には住んでみたいと思ったこともあります。港町には流れるような雰囲気があり、さまざまな文化が混在しているところがなんとも云えない魅力です」と舘野さんは語る。

円熟の極みともいえるマエストロの音楽を堪能し、そしてマエストロとともに秋の九州を堪能する、一期一会の贅沢な旅。詳細については「ななつ星in九州」ホームページをご覧いただきたい。申込みも同じく「ななつ星in九州」ホームページから可能だ。

【ツアー概要】
プレミアムな九州の旅
ピアニスト舘野泉さんと行く
心に触れる音楽の旅
【4日間】

旅行日程:2018年11月15日(木)~18日(日)
(全3泊4日、柳川1泊+福岡1泊+「ななつ星」1泊2日コース)
旅行代金:70万5000円~
(ななつ星スイート 2名1室利用の場合、一人あたり)

申込締切:2018年5月7日(月)

※ツアーの詳細はこちらをご覧ください。
※ツアーのお申し込みはこちらより。

「ななつ星in九州」公式サイト
https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP