新着記事

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気にな…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ピアニスト舘野泉さんが同乗!「ななつ星 in 九州 」で行くプレミアムな音楽旅

文/編集部

予約殺到で大人気の豪華観光列車、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」に、“左手のピアニスト”としても知られる、日本が誇る世界的ピアニスト、舘野泉さん(81歳)の特別コンサート付きで、しかも舘野さんも「ななつ星」に同乗するという、プレミアムな旅が登場する。

初日は城下町福岡「柳川」の北原白秋生家記念館を訪れ、日本を代表する童謡のなつかしい調べに触れる。2日目は世界で活躍されている舘野さんによる、このツアー参加者だけに向けた特別コンサート(ホテルオークラ福岡)にて、叙情的で美しいピアノの音色に包まれる豊かなひと時を楽しめる。

3日目・4日目は「ななつ星in 九州」に乗車し、舘野さんも共に1泊2日コース(博多~有田~長崎~湯布院~博多)を過ごすという、音楽愛好家には垂涎の贅沢な旅だ。

舘野泉さん(撮影:満田聡)

「演奏家の日常は旅から旅。もう60年もそんな生活を続け、隅から隅まで世界中を歩きました。でも、そんな中でも九州は特に好きで、港町長崎には住んでみたいと思ったこともあります。港町には流れるような雰囲気があり、さまざまな文化が混在しているところがなんとも云えない魅力です」と舘野さんは語る。

円熟の極みともいえるマエストロの音楽を堪能し、そしてマエストロとともに秋の九州を堪能する、一期一会の贅沢な旅。詳細については「ななつ星in九州」ホームページをご覧いただきたい。申込みも同じく「ななつ星in九州」ホームページから可能だ。

【ツアー概要】
プレミアムな九州の旅
ピアニスト舘野泉さんと行く
心に触れる音楽の旅
【4日間】

旅行日程:2018年11月15日(木)~18日(日)
(全3泊4日、柳川1泊+福岡1泊+「ななつ星」1泊2日コース)
旅行代金:70万5000円~
(ななつ星スイート 2名1室利用の場合、一人あたり)

申込締切:2018年5月7日(月)

※ツアーの詳細はこちらをご覧ください。
※ツアーのお申し込みはこちらより。

「ななつ星in九州」公式サイト
https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP