新着記事

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

蕎麦(そば)

160年前の俵に入っていたソバの実でできた蕎麦を食べてみた!【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第30回】

160年も経った種実は、まだ生きているのか。ちゃんと発芽して実を結ぶことができるのか。天井裏から出てきたソバは、あちこちの専門機関に送られ、栽培が試みられた。

だが結果は全滅。注意深く発芽試験を行ったのだが、どこの研究機関でもソバが芽を出すことはなかった。栽培試験の結論は「すべての種子で胚は発芽活性を喪失、成長能力はない」とのことだった。

そこで最後の望みを託されたのが、今回僕に招待状をくれた鈴木製粉所の先代の社長、鈴木彦市さんだった。鈴木さんは農家に伝わる昔からの言い伝え「ソバを播くときは、水はいらない」という言葉を忠実に守って栽培を試みた。ミズゴケを細かく切り刻み、その上にソバを播き、ミズゴケに含まれているごく少量の水分だけで育ててみたのだという。その結果驚いたことに、160年前の種実が芽を出したのだ。喜びに湧く人々。小さな双葉は「天保そば」と名付けられた。

数粒の種から芽を出したソバは、少しずつ栽培量を増やし、今年、試食会を行うのだという。僕はすぐに電話をして、必ず伺いますからと、席を確保しておいてもらった。

試食会の日、現在この種を管理している育種の専門家、横川庄栄さんにお話をうかがうことができた。これがまさにタイムマシンで入手した蕎麦の物語。聞けば聞くほど、興味が深まる話だったのだ。

まず、このソバの個性だが、現代のソバからは考えられない、実に多様な個性の種実が入り交じっているのだという。

品種改良されていない、こういう昔ながらのソバは「在来種」と呼ばれている。天保そばは、いわば160年前の在来種なのだ。

ページ:

1

2

3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 鴨鍋 一年の締めくくりはやはり蕎麦|四代百年の老舗「やぶ久」の絶品蕎麦…
  2. 蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問
  3. 落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」
  4. 「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った
  5. 西馬音内そば|じわり人気の“冷たいかけそば”【知られざる秋田・羽…
PAGE TOP