新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

濱田屋の「胡麻豆腐」|聖地・高野山の清らかな水で育まれた逸品【魅惑のお取り寄せ】

取材・文/わたなべあや

その昔、空海が開創した高野山。世界遺産としても知られ、歴史を静かに見守ってきた杉の巨木が林立する大自然のなかに、百十七ヵ寺が集う神秘的な霊場です。

そして、この地域の食文化の発展とともに誕生したのが「胡麻豆腐」です。今回は、高野山の門前町の中心部から少し南に入ったところ、山あいの閑静な住宅地にある『濱田屋』の胡麻豆腐をご紹介します。

■参詣へのねぎらいとお大師様への感謝をこめて

明治初年に創業した濱田屋さんは、創業当時は、高野豆腐の製造用や山内の寺院の食事用の木綿豆腐を作る店でした。しかし、高野山で高野豆腐が作られなくなったため、お土産として胡麻豆腐を作るようになったのです。

その後、高野山の食文化の歴史と共に長い道を歩んできた濱田屋さん。お店では、胡麻豆腐を作る時に当主の濱田朴穏さんが「般若心経1巻」と、お大師様の「御宝号3遍」を唱えるのだそう。これには、遠路はるばる参詣に訪れた方々への感謝の気持ちや、「美味しい胡麻豆腐になりますように」というお大師様への願いが込められているそうです。

■高野山の風土に育まれる「胡麻豆腐」

濱田屋の胡麻豆腐は、胡麻と吉野本葛、そして高野山の清らかな静水が三位一体となってできるもので、聖地の風土が育む胡麻豆腐です。

弘法大師は高野山に7つの弁財天社を祀ったのですが、なかでも、濱田屋のすぐ近くの山には、高野七弁財天のひとつである圓山弁財天(まるやまべんざいてん)、水の神様が祀られています。

お店では、そんな山の恵みである美しく潤沢な水を使って、胡麻の皮を取り除いて磨きをかけ、葛を練り、胡麻豆腐を冷やし固める作業が行われるのです。

吉野本葛で固められた胡麻豆腐は、もっちりとしていて絹ごし豆腐以上のきめの細かさ。一見はかなげに見えるのですが、箸でも器に移せるほどの弾力性に富み、葛の透明感がみずみずしさを感じさせます。

しかしながら、口中の温もりだけですっと溶けていく口溶けの良さは吉野本葛だからなせる技。そっと口に運ぶと、洗練された胡麻の甘く濃厚な香りが広がります。また、濱田屋の胡麻豆腐は、胡麻の皮をむいてあるので油っぽくなく、コクがあるのにすっきりとした風味です。

■冷やしてつるりと、温めてまったりと

きりっと冷やした胡麻豆腐に、わさび醤油や生姜醤油を好みでかけていただくのが定番の食べ方です。醤油は、胡麻の風味を生かす薄口醤油がおすすめ。また、メープルシロップや黒蜜、和三盆をかけて召し上がればデザートにも。クリーミーな胡麻の風味と上品な蜜の甘みが絡み合います。

胡麻豆腐といえば冷やして食べるものかと思いきや、濱田家の食卓には、小さく切ってお吸い物に入れた胡麻豆腐が登場したとのこと。あまり加熱しすぎると葛が溶けてしまうのですが、温める程度なら大丈夫です。

鍋物に入れるとまるで白子のような食感に。昆布だしに少し醤油をたらしたところに胡麻豆腐を入れ、人肌程度に温めて酒の肴にしてみてはいかがでしょうか。

そんな濱田屋の胡麻豆腐は、店頭で購入したり召し上がったりすることができますが、取り寄せることも可能です(一部地域を除く)。高野山の深緑を思わせる装丁の箱は薄紙で包まれていて上品。小豆色の紙紐でちょいとくくられているところが小粋です。

4個入り 1,200円、6個入り1,700円、8個入り2,200円(すべて税込)

無添加なので日持ちはしませんが、喉越しがいいのであっという間に食べられます。残ったら、半分はおかずや酒の肴に、後の半分はデザートにすると倍楽しめます。

【濱田屋】
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山
TEL:0736-56-2343
FAX:0743-56-3075
Webサイト:http://koyasan-hamadaya.com/

取材・文/わたなべあや
1964年、大阪生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。2015年からフリーランスライター。最新の医療情報からQOL(Quality of life)を高めるための予防医療情報まで幅広くお届けします。趣味と実益を兼ねて、お取り寄せ&手土産グルメも執筆。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 檀ふみさんが「ワインブーケ」で極上シャンパーニュを個人輸入してみ…
  2. 聘珍樓の「正宗肉饅」|伝統的な手法で作られる中華饅の真骨頂【魅惑…
  3. 本場福岡『稚加榮』の明太子|辛さの中に出しの旨みが効いたご飯の友…
PAGE TOP