フランス料理の食前酒という印象が強いシャンパン。じつは和食全般に合う食中酒でもある。鮨、天ぷらからおせち料理まで、和食に合うシャンパンで新年を祝いたい。

専門店で識るシャンパンの選び方

シャンパンの説明を受ける平野さん。接客を担当してくれた江阪さんは、社内のコンクールなどで優秀な成績を収めるソムリエ。
店内のバーではグラスシャンパン1980円~も飲める。相性抜群の「マグロの生ハムとイチジクのサラダ」1980円とともに。

シャンパンはどのように買えばいいか。ワインを愛好する小説家の平野啓一郎さんとともに、東京・日本橋にある『レ・カーヴ・ド・タイユヴァン 東京』へ向かう。

「文化庁派遣の文化交流使としてフランスに1年間滞在しました。ワインにも随分親しみましたが、その時にわかったのはワインの世界は奥が深くて、自分で勉強してもなかなか把握できないということ。お店の方に聞いて選ぶのがやはり正解だと思います」(平野さん)

シャンパンも好きだという平野さんに、同店のソムリエ江阪真優さん(28歳)が質問する。

「日頃、どんな味が好みかを教えていただけると、お薦めしやすいですね。合わせたい料理、誰とどんな状況で飲むかでも構いません」

そこで平野さんが挙げた、好きな生産者が「アグラパール」。ミネラル感に溢れた果実味が魅力だ。

「それなら『シャルトーニュ・タイエ』という同じく小さな農家の生産者がお薦めです。自然派のシャンパンで、繊細な味わいです」

飲みたい味の希望を伝える

今回は、年末年始に開けるシャンパンを選ぶ目的もある。

「折角なので普段は飲まないタイプにも挑戦したいです」と話す平野さん。その希望に沿い江阪さんが選んだのが、ふくよかさとコクに満ちた「プティ・エ・バジャン・シャンパーニュ・アンブロジーNV」。そして正月のおせちに合わせるなら「コレクション・タイユヴァン・シャンパーニュ・ブリュット NV」を。大手生産者の「ドゥーツ」に製造を依頼したタイユヴァンの独自銘柄だ。

「残糖度が低く辛口の食中酒です。おせちの濃い味を口中ですっと洗い流してくれます」(江阪さん)

特徴の異なる3銘柄。好みや飲む場面に合わせて選びたい。

年末年始に味わいたいシャンパン3選

「コレクション・タイユヴァン シャンパーニュ・ブリュット NV」
フランス国内の三ツ星レストランでも多く扱われているドゥーツ。構成力のしっかりした味で、天ぷらの食感や香ばしさとも好相性。9900円。
「プティ・エ・バジャン シャンパーニュ・アンブロジー NV」
アンブロジーはギリシア神話で「不死の源」の意味。へーゼルナッツや杏子の香りが豊か。ふくよかだが後味のキレはいい。1万1000円。
「シャルトーニュ・タイエ サン・タンヌ NV」
フランスではスター生産者として知られる若手の代表格。有機農法、自然酵母で発酵。林檎の蜜と果実のジューシーさがあり、エレガントな味わい。8800円。

平野啓一郎さん(小説家・47歳)
昭和50年、愛知県生まれ。京都大学法学部在学中に『日蝕』で芥川賞受賞。小説に『マチネの終わりに』『ある男』『本心』、随筆に『私とは何か「個人」から「分人」へ』がある。

平野さんお気に入りの1本

特級畑のシャルドネを使用。「アグラパール テロワール・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット」1万3200円。

レ・カーヴ・ド・タイユヴァン 東京

東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋髙島屋S.C.本館8階
電話:03・3548・0858
営業時間:10時30分~20時
定休日:不定
パリの名門レストラン『タイユヴァン』が手掛けるワインショップ。銘醸ワインも多く、独自に熟成して飲み頃の状態で販売する。

取材・文/鳥海美奈子 撮影/浜村多恵
※この記事は『サライ』2023年1月号より転載しました。

『サライ』2023年1月号の特別付録は、『アクアスキュータム』極上のぬくもりブランケット。

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店