チーズケーキは、いつから日本人が好む人気の洋菓子となったのか。「レア」「ベイクド」「スフレ」の3大分類の源流を訪ねた。

レモン風味が香る親しみやすさ。青春を彷彿とさせる味覚の定番ケーキ

モロゾフ|デンマーククリームチーズケーキ

ベイクドの代表格「デンマーククリームチーズケーキ」。直径約17㎝(容器含む)、1080円。タルトにチーズ生地を充填、きつねいろ色の焼き上がり。

お菓子研究家の猫井登さんが語る「1970年代の第1次チーズケーキブーム」のきっかけを作ったのが、『モロゾフ』の「デンマーククリームチーズケーキ」だ。昭和44年の発売以来、半世紀以上にわたり同社を代表する洋菓子として販売が続く。

開発のきっかけは、当時の葛野友太郞社長が商用で訪ねたドイツでのこと。現地で「ケーゼクーヘン」と呼ばれるチーズケーキを食べて斬新な味に衝撃を受けたという。「これを日本で売りたい」と社長は思った。しかし、チーズの香りと味は当時の日本人にはなじみがなかった。そこでデンマークのメーカーに、口あたりよく改良したクリームチーズを特注して開発したという。レモン風味も効かせ、あっさりした味に仕上げた。

ドイツを商談で訪れた、当時の葛野友太郎社長。そこでチーズケーキに出会い、帰国後に商品化を果たす。写真は昭和43年春ころ。

食べ継がれていく家庭の味

’70年代のチーズケーキブームで、全国で入手しやすい『モロゾフ』のチーズケーキは大ヒット、一躍『モロゾフ』の「顔」となった。同社広報の岩崎未来さんはこう語る。

「『モロゾフ』といえばチーズケーキというお客様が多く、食べ継がれている大定番です。これからも家庭の思い出の味になっていけたら嬉しいです」

『モロゾフ神戸本店』の喫茶ではフルーツとバニラアイスを添えた「デンマーククリームチーズケーキ」を提供。770円。飲み物は別。
神戸本店のショーケース。チーズケーキは、デパート地下などに展開する全国の『モロゾフ』各店舗で販売されている。

●モロゾフ神戸本店

兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1
電話:078・391・8718
営業時間:11時〜20時
定休日:元日
交通:JR三ノ宮駅より徒歩約5分 46席。
販売店についての問い合わせ先 078・822・5533 ※取り寄せ不可。

取材・文/宇野正樹 撮影/小林禎弘

『サライ』4月号の特集は、
柔らかで濃厚、甘すぎずお酒にも合う
大人のチーズケーキ。

Amazonで商品詳細を見る

※この記事は『サライ』本誌2022年4月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品