チーズケーキは、いつから日本人が好む人気の洋菓子となったのか。「レア」「ベイクド」「スフレ」の3大分類の源流を訪ねた。

レアチーズケーキと生クリームが融合した爽やかな甘さに若者は魅せられた

トップス(東京)|チーズケーキ

生クリーム、レアチーズ、クッキー生地の3層からなる。レアチーズケーキは喫茶のある店舗でも食べられ、飲み物とのセットは1100円(写真)。(*)
上は「チーズケーキ」通常サイズ、6~8人前2268円。下は2000年前後に発売されたミニサイズ、3~4人前1188円。(*)

(*)チーズケーキの種類と価格は取材時(令和4年1月)のもの。3月末に種類と価格の改訂が予定されています。

昭和39年(1964)、東京・赤坂の旧TBS会館内に『トップス』は開店した。当時は珍しかったアメリカンタイプの造りで、気軽に立ち寄れて食事とデザートが楽しめるレストランとして多くの人に愛された。場所柄、芸能人の利用が多く、『トップス』でデートをするのは若者の憧れだった。この店でチーズケーキの味に初めて触れた読者もいることだろう。現在は創業地に店舗はないが、今でも「赤坂トップス」と呼ばれることが多い。

創業当時の様子。旧TBS会館内に開店した赤坂の1号店は芸能界や放送関係者の利用も多く、時代の先端を行く場所だった。
赤いチェックのテーブルクロスが印象的な店内。気軽に入れて、本格的な洋食が食べられる店として、若者たちにも支持された。

レストランで提供されたデザートのチョコレートケーキはすぐに評判となり、店頭でも販売されることになった。そして、ケーキの第2弾として開店の翌年に登場したのが、生タイプのレアチーズケーキだ。当時はまだチーズそのものが一般には珍しい時代、チーズケーキを販売する店も数えるほどだった。そこにレアチーズケーキという新しい味を、いち早く提供したのが『トップス』だった。

レアチーズケーキ誕生の舞台裏を、同社営業部の瀧本小春さんに聞いた。

「創業者は、『トップス』の開店前に1年の3分の2を海外で過ごし、料理や菓子の研究に費やしていました。なかでもヨーロッパでの滞在中に、チーズケーキの食文化に触れたのではないかと思います。帰国後に料理人と一緒に試行錯誤を繰り返しながら生み出したのが、当社のチーズケーキです」
 
チーズケーキの主材はクリームチーズだ。『トップス』では当初よりデンマーク産を使う。コクがあるのにあっさりしていることと、柔らかく加工がしやすいことが使い続けている理由だ。

「当時は輸入クリームチーズが高価でしたので、ほかの食材で伸ばして使うことが多かったようです。しかし、創業者と料理人は材料に手を加えることはしませんでした。価格や仕入れの手間を惜しまず、創業者が思い描くチーズケーキの味を追求したのです」(瀧本さん)

変わらぬ味を守り続ける

おなじみの台形のチーズケーキ。子孫繁栄、商売繁盛などを表わす縁起柄のブドウのつるが生クリームでデコレーションされている。

チーズのコクとほのかな酸味が効いたチーズケーキは、見た目よりあっさりと食べられ、日本人の味覚に合った。売り出し直後からレアチーズケーキは評判となり、今も『トップス』の看板商品として、チョコレートケーキとともに店のショーケースに並ぶ。外観もレシピもほどんど変わらず、発売当時の味を守り続けている。

●アトリエ&カフェ トップスセンガワ

東京都調布市仙川町1-48-5 クイーンズ伊勢丹仙川店2階
電話:03・6279・6381
営業時間:10時〜20時
定休日:クイーンズ伊勢丹仙川店休館日
交通:京王線仙川駅より徒歩約3分 30席。
販売店についての問い合わせ先:03・3710・2161 ※取り寄せ不可。

取材・文/宇野正樹 撮影/宮地 工

『サライ』4月号の特集は、
柔らかで濃厚、甘すぎずお酒にも合う
大人のチーズケーキ。

Amazonで商品詳細を見る

※この記事は『サライ』本誌2022年4月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
6月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品