新着記事

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】 家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 知っておきたい賢い支出の見直し方 生命保険料、NHKの受信料|賢い支出の見直し方 新幹線大爆破 世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 第24回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火曜日は「暮らし・家計」をテーマに、川合俊一さんが執筆します。

文/川合俊一

本エッセーのテーマである「暮らし・家計」に立ち返って、再び株式投資についてお話したいと思います。

すでに、この連載2回目で、大きなニュースが出たときにそのニュースに関連する銘柄に投資する、という手法を紹介しました。そこで、今回は、もうちょっと専門的なやり方について説明をします。

正直、株に興味のない方にとっては、あまり面白くはないかもしれません。専門的な用語は、できるだけわかりやすく説明しますので、お付き合いいただければ幸いです。

その投資手法とは、個別銘柄の「出来高」(できだか)に注目するというものです。

出来高というのは売買が成立した株数のことで、「売買高」とも呼びます。1日に100株の取引が成立すれば、その銘柄の出来高は100株となります。

出来高は銘柄によってかなりの差があり、それこそ1日に100株しかない銘柄もあれば、メガバンクのように何千万株に達する銘柄もあります。会社の規模が大きい銘柄ほど、発行済み株式数が多くなるので、出来高も多くなる傾向にあります。

株価を動かす材料が出たときには、出来高が増加します。好決算を発表したとか、有望な新製品を開発したとかいった材料なら、出来高は増加し、株価は上昇します。

よい材料だけでなく、逆に、決算の内容が期待外れだったといった悪い材料が出たときにも、株の「売り注文」が増えるため、出来高は増加します。その場合、株価は下落することになります。

そして、僕がチェックするのは、これといった材料が出ていないにもかかわらず、通常の何倍もの出来高を記録して、株価が上昇した銘柄です。

新聞の記事になるような、誰もがわかる材料が出ていれば、それ以降、数日、場合によっては数か月といった期間、出来高は増加し、株価の上昇は続くことになります。

しかし、中には、わずか1日や2日で出来高の増加や株価の上昇は終了し、元の状態に戻ってしまう銘柄があります。そうした銘柄は、なぜそうした動きになったのか、理由は判然としません。変化はごく短期間で終わってしまうため、大抵は、見過ごされてしまうことになります。

僕は、そうした銘柄を普段からチェックしていて、気になった銘柄は継続的にウォッチするようにしています。すると、そうした銘柄の中で、再度、これといった材料が出ていないにもかかわらず、出来高が増加し、株価が上がる銘柄が出てきます。で、1日か2日すると、やはり何事もなかったかのように、元の状態に戻る。

実は、こうした変化を繰り返す銘柄は、だんだんそのタイミングがつかめるようになってきます。そして、「また来たな!」と感じたときに、すかさず投資するのです。

株を始めてもう30年ほど。長くチャートを見続けているうちに、ピピピピピッという、心電図の波長のような値動きのパターンに注目するようになり、そのタイミングを予測して投資しています。

「でも、たくさんの銘柄の中から、そんな細かい変化をしているものを探すのは、株に詳しい人以外は無理なのでは?」と、疑問に思う人もいるでしょう。

その心配は無用です。いまは、証券会社から便利なアプリが出ているので、誰でも簡単に見つけ出すことができるのです。

証券会社のサイトにはいろいろな情報の画面があり、その中には、出来高に関する画面もあります。おそらく「出来高急増銘柄ランキング」などの見出しが付いているはず。

僕のように、出来高に注目して取引をする人は他にも結構いるので、どの証券会社のサイトにもあります。もちろんスマホでも見られるようになっており、1日1回、数分程度チェックしていれば、そうした銘柄を発見することができるでしょう。

このように、見つけ出すのはとても簡単。

重要なのは、見つけた銘柄を継続してウォッチする根気ですね。僕は、株式投資が趣味なので、まったく苦になりません。

前述したように、出来高に着目して取引する投資家は多いんです。株式の値動きを示しているグラフ(株式用語では「チャート」といいます)と組み合わせるなど、いろいろな手法が編み出されています。

また、出来高の変化は、朝イチから表れるので、株式市場がオープンする前から、待ち構えていなければなりません。「早起きは三文の得」とはよく言ったものです。

そうやって、読みが当たってドーンと上がったときは、気持ちいいものです。その快感があるから、株はやめられません。

文/川合俊一(かわい・しゅんいち)
昭和38年、新潟県生まれ。タレント・日本バレーボール協会理事。バレーボール選手としてオリンピック2大会に出場(ロサンゼルス、ソウル)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP